1. 【フェス・海・夜のデート】まで! 夏のシーン別・簡単ヘアアレンジ

2019.07.04

【フェス・海・夜のデート】まで! 夏のシーン別・簡単ヘアアレンジ

夏は暑苦しさが気になって、まとめ髪が多くなりがち。だけど、ワンパターン化している女子も多いはず。マンネリにならずに使える、簡単なアレンジスタイルで夏を乗り切って!

【フェス・海・夜のデート】まで! 夏のシーン別・簡単ヘアアレンジ

VOCE

【教えてくれるのは】衣川光さん
女性らしく、トレンドを取り入れたヘアアレンジが得意。日常で、誰でも簡単に取りいれられるアレンジを提案。

ALBUM HARAJUKU
・住所:東京都渋谷区神宮前6-5-6 サンポウ綜合ビル701
・電話:03・6433・5383

フェスに行くなら

VOCE

【1】ポニテの根元にスカーフを
高めにポニーテールをつくったら、ゴムの結び目より内側の部分を2つに分け、間にスカーフを挿し込む。

VOCE

【2】毛先とスカーフを三つ編みに
ポニーテールの毛先を2つに分け、スカーフの片側と一緒に三つ編みに。スカーフのもう片側は残して垂らす。

VOCE

【3】毛先を結び目に巻きつける
三つ編みにした毛先をぐるっと巻いてお団子にし、ピンで固定。バランスをみてくずす。

VOCE2019年8月号 松本愛

トレンド感のある小物使いで旬な女をアピール
いつもとは違う表情に見せたいから、小物使いが重要に。ネクタイタイプのスカーフを巻きつけたお団子なら、トレンド感もばっちり。首元がすっきりして、暑さ対策にも!

VOCE

スカーフは細長タイプがおすすめ!
長い髪とも絡めやすい細長タイプがアレンジにはベスト。スカーフ ¥731/神戸レタス

プール・海に行くなら

VOCE

【1】全体を外ハネに巻いておく
毛先に動きがある方が結んだあとも可愛いので、事前に全体をワンカールの外ハネに巻く。

VOCE

【2】お団子をつくって毛先を散らす
高めの位置でお団子をつくったら、お団子から出た毛先を2つに分け、カラーピンで留める。

VOCE2019年8月号 松本愛

濡れても可愛いアップスタイルでビーチの主役に
水着映えするフレッシュなスタイルは、潔くかなり高めの位置でまとめると◎。お団子から出てきた毛先はランダムに飾りピンで留めて、アクセント代わりに。

夜のデートに行くなら

VOCE

【1】低めの位置でポニテをつくる
耳より前の毛を残し、片サイドに寄せてえりあし付近で低めのポニーテールをつくる。

VOCE

【2】残した毛で結び目を隠す
残した耳前の毛をポニーテールの上でクロスさせ、結び目に巻きつけてゴムで留める。

VOCE2019年8月号 林田岬優

モテ度高め! いい女系ダウンアレンジ
大人な魅力を演出したいデートでは、ローポニーがおすすめ。左右どちらかに寄せると、より女性らしい雰囲気に。さらに、結び目を隠すひと手間で、全方位から見て可愛いスタイルが完成!

撮影/岡本俊(まきうらオフィス/人物)、伊藤泰寛(静物) ヘア/衣川光(ALBUM) メイク/イワタユイナ スタイリング/坂下シホ モデル/松本愛、林田岬優 取材・文・構成/河津美咲