1. ヘアメイクさんオススメ“最強マスカラ”はD.U.P.だった!

2015.11.15

ヘアメイクさんオススメ“最強マスカラ”はD.U.P.だった!

アンケートでもっとも多く集まった目もとの悩み。気になるサイズ感や形矯正、おしゃれ度アップetc.基本から応用バージョンまで熱烈アンサー!

ヘアメイクさんオススメ“最強マスカラ”はD.U.P.だった!
芦田 夏子
VOCE副編集長
by 芦田 夏子

Q 最強のマスカラは?

A.「D. U. P.」(AYAさん)
「繊細に仕上がるし、重ねてもキレイでカールの持ちもいい。シンプルに美しい、印象的なまつ毛がつくれます」

ディーアップ パーフェクトエクステンションマスカラ

コンパクトなブラシで短い毛も捉えて、ロング効果抜群。
ディーアップ パーフェクトエクステンション マスカラ ブラック ¥1500

Q どうしても茶系のアイシャドウを使いがちですが、他のカラーにも挑戦したい。秋冬に取り入れやすいアイカラーがあれば教えて!

A.わざわざ全色違う色のパレットを取り入れるのは冒険が必要だと思う。(中村さん)
「実はブラウンは今年の流行色なので、ブラウンベースにカーキや赤、ピンクなどの
ニュアンスが混ざった差し色入りパレットを。使いやすくて、おしゃれにもなります」

THREE 4Dプラスアイパレット

肌なじみのいいブラウンをベースに、シックで深みのあるピンクを効かせたアイパレット。
THREE 4Dプラスアイパレット 03 ¥6200

Q アイラインを引くとケバく見えるのが悩み……

A.引かなきゃいいんじゃない?(笑)。(信沢さん)
「真面目な話、なんか女の子って目だけに集中してメイクしてる気がして。それより、目線を他にいかせることでポイントが立つメイクを考えたほうがいいと思う。もし、目に存在感を出したいなら眉を短めにしてちょっと強めにすれば、比較されて目も大きく見えるよ!」

Q 目が一重なので、アイライナーがうまく引けません!

A.一重の場合、目のキワを引き締めるのがアイラインの主な役目。(AYAさん)
「ジェルペンシルでインサイドをなぞれば目もとが生きてきます。まつ毛ギワなら、ポイントは目尻。自分の目幅で止めず、目の終わりから自然にフェイドアウトし、開けた目から若干見えるくらいの長さに」

Image title

やわらかい極細芯で細かい部分の調整も簡単。
ヴィセ リシェ スーパースリム ジェルライナー BK001 ¥950(編集部調べ)/コーセー

Q まつ毛が下向きに生えています。長さがあるせいか、年齢を重ねるごとに目尻が垂れるため、下まつ毛と上まつ毛がバチバチくっついてしまい、アイラッシュカーラーでがっつり上げないと不快です。でも、いつまでもばっちり上げているのもどうかと迷っています!

A.まつ毛の角度を変えてみよう。(信沢さん)
「日本人のまつ毛の角度は80度くらいといわれているんだけど、外国人の場合、顔を洗った後で120度くらいらしいから、そこを目標にしてみたらどうかな。自然にぱっちりするけど120度なら“ばっちりやってます感”はでないと思う。あと、下まつ毛は、起きてる人が多いので、重めのマスカラで自然に下ろすようにして」

答えてくれたのは…

KUBOKIさん

KUBOKIさん
知力に裏打ちされた確かなメイク技術の持ち主。骨格すら操る濃淡テクで、顔立ちを激変させる色使いの魔術師。「Three Peace」所属。

信沢Hitoshiさん

信沢Hitoshiさん
多くの有名人を虜にする魅力を引き出すワザと、卓越した発想能力に基づいた実用的、かつハートに響く愛のあるアドバイスは必見!

AYAさん

AYAさん
人気アーティストらしい鋭い感性に、女性ならではの目線をプラスした親身な回答には今すぐ使えるアイデア満載。「LA DONNA」所属。

中村未幸さん

中村未幸さん
雑誌のジャンルも世代も問わず、あらゆる女性をキレイにする手腕&豊富な経験値を武器にしたアドバイスは超的確。「roraima」所属。

撮影:神戸健太郎(人物) 伊藤泰寛(商品)
ヘア&メイク:信沢Hitoshi、田中陽子(パーツ)
スタイリスト:川崎香織
取材・文:橋本日登美、河津美咲
構成:芦田夏子

芦田 夏子
芦田 夏子
毛穴やニキビ、テカリが気になる典型的オイリー肌。根本的なスキンケアやインナーケアの重要さに今更気付き始めました。趣味は読書とお酒と整理収納。