1. 2019上半期【ベスト美容家電&ギア】グランプリ!【フェイスケア編】大発表!!

2019.07.14

2019上半期【ベスト美容家電&ギア】グランプリ!【フェイスケア編】大発表!!

毎回大評判の美容家電ベスコス、今期も開催。美容界の“家電芸人”が頼れる相棒たちの愛を語りまくる! 進化が止まらない家電のBEST3を発表。

2019上半期【ベスト美容家電&ギア】グランプリ!【フェイスケア編】大発表!!

今期のトレンドをプロが分析! 【フェイスケア編】

【美容家電マニアの3人が解説!】

VOCE

(左)家電女優 奈津子さん 元SDN48。現在は女優やタレントとして活躍。
(中)美容ライター 金子優子さん 家電ヲタの夫と店を巡るうち美容家電の虜に。
(右)VOCEエディター 河津美咲 即効性命。結果が見えるメディリフトを愛用。

奈津子:「美顔器の機能として主流なのが、クレンジング、導入、温感、EMSですよね。一時期、多機能勝負の傾向にあったけれど、今はメディリフトやNEWAリフトのように引き締めにアプローチを絞ったものなど、ケアをシンプル化したものの注目度が高い印象が」

河津:「『これを使えばリフトアップする』というわかりやすさは、購入の後押しになりますよね。メディリフトは、その結果、美顔器を使ったことがない人も買いに走ったことが3ヵ月待ちという大ブレイクの要因になったのかも」

金子:「シンプル化という点でいうと、今期台頭したジャンルがアイケア美顔器。ゴーグル型で、装着するだけで温冷ケアや振動による血行促進などができちゃう。これは目を酷使している現代人にぴったりなアイテムですよね」

奈津子:「リップケア系も増えているし、ますます機能の細分化が進みそう」

金子:「どの美顔器にも共通するのは、手間がかからなくなっていること。でも、結果はしっかり出る優秀品ばかり

奈津子:「私、実は一卵性の双子の妹がいて肌質も似ているのに、ほうれい線や目尻に違いが。美顔器の威力を感じます」

河津:「効くからサボるのが怖くなる! メディリフトをサボるとすぐに顔が大きくなったような気がしますから」

奈津子:「美顔器は、定期的にアップデートするようにしていて。お金はかかるけれど、美顔器を継続すると驚くような若返り力や肌質改善パワーがあるから、その実感値と比較すると、購入する価値はあると思っています

【美肌ケア部門◆第3位】

EBIS ツインエレナイザー PREMIUM ¥19000 /エビス化粧品

EBIS ツインエレナイザー PREMIUM

肌の弾力を司る深層に高周波が働き、毎秒約300万回もの超音波振動で肌を引き締める。さらに、肌の表面を温める効果まで。このトリプルパワーが気になるハリ不足やシワなどの“加齢サイン”をフォロー。毛穴汚れを吸着し掃除するイオンクレンジングや導入機能も備える。

VOCE

「注目すべきは、温・冷感のメリハリ。温めケアでは保湿効果を感じ、クールモードでは毛穴が引き締まる手応えが」(家電女優 奈津子さん)

【美肌ケア部門◆第2位】

ヤーマン フォトプラス EX eye pro ¥50000

ヤーマン フォトプラス EX eye pro

独自の二重リング型電極を用いて広いエリアをすばやく、深く、長く温めることができる人気のRF美顔器。そこに目元のエイジングケア機能が新しく搭載。繊細な目元専用に出力を改良したRFと微弱電流を同時に出力することでキリッと目力冴えるような変化が手中に。

VOCE

「多機能な中でもお気に入りは仕上げの冷却機能。毛穴と一緒に顔もキュッと引き締まり、顔が一回りくらい小さく」(ダイエット&ヘルスケアライター 山本美和さん)

【美肌ケア部門◆第1位】

パナソニック 導入美顔器 イオンエフェクター 〈高浸透タイプ〉EH-ST97 ¥46000(編集部調べ)

パナソニック 導入美顔器 イオンエフェクター 〈高浸透タイプ〉EH-ST97

プレケアモードでは、角質層に電位パルスを加えて一時的に高分子成分が通過するルートをつくり、浸透しやすい環境を整える。リズム保湿モードは、+から-電極に向かって発生する水の流れとともに、化粧品が持つ保湿成分の浸透力を数倍に。ビタミンC専用の導入モードも。

VOCE

「これほどの浸透系ギアはほかになし! とにかく肌がプリプリになる。エステに通う気持ちで買って損はないと思う」(美容ライター 楢﨑裕美さん)

次ページ
続いて【リフトアップ部門】もCHECK!

  • 1
  • 2