1. ほうれい線、毛穴……超人気連載【美容のきほん】全9回まとめ

2019.08.12

ほうれい線、毛穴……超人気連載【美容のきほん】全9回まとめ

美容ライターの地曳久美子さんが、「大人ニキビ」対策、「ほうれい線」の消し方、「日焼け」ケア、「毛穴」問題、「一重/奥二重」美容、「肌荒れ」の原因と対策、正しい「洗顔」「クレンジング」 、「乾燥肌」など、美容の基本中の基本をテーマごとに丁寧に解説して、対策を教えてくれるVOCEサイトの人気連載「美容のきほん」。人気にお応えして、これまでの全記事をまとめました!

あなたも間違ってるかも?! 洗顔とクレンジングのNG

VOCE

スキンケアの基本は、肌にのせたメイクアップや一日の間にたまった汚れをきちんと落とすこと。そうとはわかっていても、落とすケアよりも、つい化粧水や美容液などの塗るケアばかりを重視してしまったり。自己流ケアによって、肌に負担をかけてしまっていたり……。知らずにやっているかもしれないNGな方法をチェックして、あなたの毎日の洗顔とクレンジングを見直してみましょう。正しい方法で洗うことで、肌は少しずつ変わっていきます。

【要注意】クレンジングの4大NG
【1】ポイントメイクを、ファンデーションといっしょに落としている
【2】好みだけで、テクスチャーを選んでいる
【3】クレンジング剤で、マッサージもしている
【4】ダブル洗顔をしていない

意外と知らない正しいクレンジングと洗顔方法を知って素肌も美しく変身!
詳しくは▼
【美容のきほん⑦】美肌になれる! 正しい洗顔&クレンジングの方法

肌が乾燥すると、どうなるの?

VOCE

肌が乾燥すると、角質層の水分量が減り、バリア機能が損なわれ、角質層は肌を守ろうと厚くなります。この時、急に新たに角質層を作ろうとするために十分に成熟していない未熟な角質細胞ができるため、角質層に不調が生じ、肌あれやかさつき、乾燥じわの原因となります。さらに乾燥が進むと、肌が赤くなる、皮がむける、粉をふく、ひび割れる、などの症状が出てくることがあります。そして、この状態がさらに悪化すると、夜に眠れないほどの強いかゆみや、水ぶくれなどの湿疹まで出てくることもあります。

乾燥肌のつらい症状①:かゆみ

■かゆみの特徴

目元や口元など、皮膚の薄いところは乾燥しやすく、かゆみが出やすいところです。乾燥が進むことで、皮膚がカサカサして、はがれ落ちたり、ひび割れたりすることもあります。そして、かゆい部分をかきむしってしまうことで、かゆみの原因となるヒスタミンを誘発してしまい、かゆみがさらに増してしまうこともあります。

肌の乾燥による悩みも症状によって対策方法をご紹介!
詳しくは▼
【美容のきほん⑧】 かゆみ・湿疹がひどい! 乾燥肌の原因と症状別の治し方

あなたは、どのタイプ?  敏感肌の【タイプ診断】

VOCE

敏感肌には、大きく分けて4つのタイプがあります。あなたの気になる症状はどのタイプに当たるのか、早速チェックしてみましょう。

①アレルギー性の敏感肌

・上まぶたなどの目元に、赤みやかゆみが出やすい。
・花粉、ダニ、ホコリ、化粧品の特定の成分などにアレルギーがある。または、喘息やアトピー性皮膚炎と診断されたことがある。

②乾燥性の敏感肌

・肌が乾燥すると、ピリピリしたり、かゆみが出やすい。
・手足の肌も乾燥しやすく、白く粉をふいたようになる。

③まちがったスキンケアによる敏感肌

・オイルやリキッド、シートタイプのクレンジングを使っている。
・クレンジングに時間をかけている。
・洗顔時やタオルで顔を拭くときに、ゴシゴシとこすっている。
・パッティングして化粧水をつけている。

④カンちがいの敏感肌

・化粧品にかぶれたことはないが、赤みやかゆみが気になるときがある。
・見た目にはわからないが、手で触るとザラザラやブツブツがある。

敏感肌のタイプ別に直し方をご紹介!
詳しくは▼
【美容のきほん⑨】 敏感肌を効果的に治す方法|かゆみや赤みを解消する「タイプ別・改善法」