1. 【今、ルナソルから目が離せない!】新生ルナソルで「秋のオシャレ顔」講座

2019.08.27

【今、ルナソルから目が離せない!】新生ルナソルで「秋のオシャレ顔」講座

圧倒的な安定感と信頼感を持つルナソルのカラーアイテムが、この秋さらに進化を遂げ、ルナソルファンのワクワクが止まらない! “今もっとも熱いルナソル”情報をお届け。

【今、ルナソルから目が離せない!】新生ルナソルで「秋のオシャレ顔」講座

攻めまくり!【ルナソル】の美しすぎる秋新色、もうチェックした?【2019年秋新色】

温度のある秋色でオシャレ顔

「赤×オレンジ×バーガンディ」のトレンドカラーを投入

「ひと頃よりもメイクに“色が戻ってきている”トレンドに合わせて、オトナの秋顔もカラフルにシフトするチャンス。カラフルなんだけどカラフルすぎず、のバランスがちょうどいい“赤×オレンジ×バーガンディ”で女らしさのある鮮やかさを!」

【01.MAKE】ヘアメイク林由香里×ルナソル新作コスメ

VOCE

ブラウス¥5500/バーンブリーズ(キヌアブティック)ワンピース¥58000/ブランドニュース(シー ニュー ヨーク)イヤリング¥12000/ブランドニュース(ラムシェ)

HOW TO

「Aの右上をアイホール全体に入れて、右下を目頭上下に。左上を目頭の上にハイライトとして入れて、ほんのり光を差し込んで。左下を下まぶた全体に。Bは2色をミックスしてから、頰の下の方の広い範囲にふわ~っと。Cはカラーを全体に塗り、グロスを唇中央のエッジだけにチョンチョンとのせて光を集めて」

VOCE

トレンド+αのオシャレ感!

A.「温かみのあるレッド系は一瞬で今っぽい目元に変身できます」
ルナソル アイカラーレーション 01 ¥6200

あえての光沢感が今、新鮮!

B.「偏光パールがふんだんに入っているから立体感と余韻を感じさせる頰になる」
同 カラーリンググレイズ EX01 ¥6200(限定品)

ミステリアスな渋色リップ

C.「ソフトマットなバーガンディのリップカラーとイルミネイティングなグロスのかけ合わせが絶妙。オトナが使える色とツヤのバランスが◎」
同 ドレスフォーリップス EX01 ¥4200(限定品)/カネボウ化粧品

スパイシーな秋色で辛口レディ

「パープル×グリーン×青みピンク」でクールな洒落感

「色×色でクール系のレディ顔をつくることも可能です。可愛い系よりもかっこいい系が好きな人は、トレンドのひとつでもあるパープルを軸に、グリーンや青みピンクといった辛口の色使いでどこかメンズっぽさもある雰囲気にすると洒落感が倍増」

【02.MAKE】ヘアメイク林由香里×ルナソル新作コスメ

VOCE

トップス¥5990/バロックジャパンリミテッド(スライ)サロペット¥20300/アメリヴィンテージ(アメリ)イヤリング¥16000/ブランドニュース(ラムシェ)

HOW TO

「Aを上まぶたの目頭から黒目上まで、Cをそこから目尻まで入れ、縦割りシャドウに。Aを目頭から入れることで彫り深感が引き立ちます。Bを上まぶたの目尻1/3に。Dは2色を混ぜて高めの位置に逆三角の形で入れます。Eはカラーを塗ってからグロスを全体に重ねてツヤを出して」

VOCE

オイルベースの濡れた光

A.「シルバーのパールが繊細に輝くオイルベースのパープル。この秋、注目の色です!」
同 グラムウィンク EX02 ¥3200

B.「ツヤのある黒だから重く見えません」
同 グラムウィンク EX 06 ¥3200

C.「深みのあるグリーンはパープルとの相性がいいんです」
同 グラムウィンク EX01 ¥3200(EX01は限定品)

澄んだピンクでクリアな肌に

D.「彩度が高いクリアピンクのツヤを頰に加えることで、辛口な目元を和らげる効果があります」
同 カラーリンググレイズ 01 ¥6200

辛さと甘さを併せ持つラベンダーピンク

E.「青みのあるラベンダーリップは青み系のアイメイクのときに合わせたい」
同 ドレスフォーリップス EX02 ¥4200(限定品)/カネボウ化粧品

美容業界がザワついた新生ルナソル!【プロからのメッセージ】

「ルナソルなら間違いない」と多くの人に思わせ続けた色出しとテクスチャーは、“ルナソル信者”という言葉を生み出したほど。そのルナソルから生まれた今季の新作は、その世界をグッと広げて、早くも話題騒然。カラフルさと使いやすさ、それを両立してるんです!

VOCE

新生ルナソルを象徴するカラフルなアイパレット。光が揺らめく色と色のかけ合わせで、新しい自分を見つけて!
ルナソル アイカラーレーション 01 ¥6200/カネボウ化粧品

◆ビューティジャーナリスト 齋藤薫さん

VOCE

「ハッとするほどビビッドなのに、上質感と本物感を失わないのはルナソル【の血筋であり、原色やラメさえ自然界をなぞったものだから。ベージュにこだわってきた人には少々勇気のいる色でさえ、不思議に肌になじむのはそれがため。臆せず挑めば、みんな“化粧映え”する。つまり自分にはこんな色が映えるのだと「自分再発見」に導いてくれるブランドだと言っていい。上品ぶらないから育ちの良さが出てしまう次世代シック、より叙情的にもなった新生ルナソルに期待したい」

◆ビューティエディター 近藤須雅子さん

VOCE

「オシャレで洗練されていて使い勝手がよくて高品質……ケチのつけようのないルナソルだけど、優等生の信頼感に今季はポップさや茶目っ気まで身につけて、もう「やられた!」って感じです。さらに妖艶さやワルさや乙女のセンチメンタルや、まだまだいろんな魅力を見せてくれそう」

◆ビューティジャーナリスト 吉田昌佐美さん

VOCE

「常に女性の目線に立ち、“使いやすくてオシャレなアイテム”を発信するルナソル。今回のカラーメイクのリニューアルはこれまでの“浄化メイク”の世界観をさらに広げて、トレンド感と遊び心のある色の展開です。ちょっと大胆な色にも“使いやすい設計”が仕込まれていて、ルナソルならではの伝統も引き続き踏襲! まだ見ぬ“自分に似合う色”と出合えるはずだから、「オンナの顔はひとつじゃないよ」という刺激もくれるはず」

▼現品プレゼントキャンペーン実施中▼
詳しくはこちら

撮影/ヤノコージ(STIJL/静物)、岩谷優一(vale./人物)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/林由香里(ROI)スタイリング/船橋翔大(DRAGON FRUIT) モデル/森絵梨佳 デザイン/mashroom design 取材・文・構成/鬼木朋子