1. 【夏のむくみ】大解剖|絶対むくまない! 1dayスケジュールを大発表

2019.08.19

【夏のむくみ】大解剖|絶対むくまない! 1dayスケジュールを大発表

汗で水分はどんどん出ているはずなのにむくみはひどくなるばかり。実は夏のむくみこそ深刻。だからこそケアは絶対欠かせない。ズボラ女子でもラクしてできる解決法で、むくみを徹底的に取り除こう。

夏のむくまない1dayスケジュール

「こまめに足裏や脚の筋肉を刺激すれば、夕方のむくみは回避できます」と美脚トレーナーの久優子さん。暑くてやる気の出ない日でも、歯を磨きながら、通勤中、オフィスでこっそりと、ながらケアなら簡単! むくみ知らずの美脚を目指して、むくみオフ生活を取り入れて。

VOCE

【お話を伺ったのは】美脚トレーナー 久 優子さん
「美・Conscious~カラダ職人~」代表。独自のメソッドで美脚づくりにとどまらず、女性のボディメイクをサポート。近著に『DVD BOOK たたいたら、ヤセた。』(宝島社)


ながらトレで寝ている間のむくみをオフ

朝晩の歯磨きの時間を活用して、むくみづらい脚づくり。太ももやふくらはぎの筋肉を刺激して、美脚や美尻づくりもサポート!

VOCE

VOCEST! 齊藤彩

片脚バランス
右脚を軸にして立ち、左足の裏を右脚の太ももの内側のできるだけ高い位置にピタッとつける。お尻に力を入れて、ひざを外側に開いたら20~30秒キープ。反対側も同様に。

VOCEST! 齊藤彩

かかと上げ下げ
かかとをつけ、つま先を45度を目安に開いて立つ。かかとが離れないように、両脚の内側に力を入れ、ゆっくりとかかとを上げて、5秒キープ。ゆっくりとかかとを下ろす。10回行う。

むくみとり立ちむくみオフウォークで脚を軽くする

通勤中の歩き方や立ち方を意識するだけで、血液やリンパの流れがいい体に変わる。小さな積み重ねで、むくまないだけでなく、美しいボディラインに。

VOCE

VOCEST! 齊藤彩

電車の中でギュギュッと脚寄せ立ち
電車で立っているときは、姿勢に意識を向けて。まっすぐ立ったら、太ももの内側をピタリとつけるように力を入れて立つ。おへその下に力を入れてへこませれば、腹ペタ効果も。

VOCEST! 齊藤彩

重心移動を意識して歩く
脚のつけ根から一歩踏み出し、重心移動を意識しながら歩くと、脚の筋肉をまんべんなく使うことができる。ハイヒールの場合は、親指側に重心を置くように意識して。

ちょこちょこ脚を動かせば夕方までむくまない

エアコンの冷えた空気は下にたまるから、上半身の寒さ対策をしても足は冷えたまま。その冷えがむくみのもとに。脚が冷たい、重いと感じたら、机の下でこっそり動かして血行促進!

VOCE

VOCEST! 齊藤彩

【電話中】ひざにタオル、おなかに腹巻きを!
太い血管の通っているおなかや太もも、ひざまわりが冷えるとむくみがひどくなる。冷房の利いたオフィスの冷え防止に、洋服の下には薄めの腹巻き、ひざの上にはひざかけやタオルを!

VOCEST! 齊藤彩

【パソコンを打ちながら】タオル引き寄せ
キツイ靴を履いていると、足先が圧迫されて血流が悪化。そんなときは裸足になりタオルの上に足をのせ、指先でタオルを引き寄せて、足の血流をアップ。つま先からポカポカに。

VOCEST! 齊藤彩

【パソコンを打ちながら】ひざ裏伸ばし
座りっぱなしの姿勢は脚の裏側の筋肉が縮んで硬くなる。それもむくむ原因。片脚を床と平行になるまでまっすぐ伸ばし、かかとを突き出して15秒ほどキープ。反対側も同様に。

VOCE

VOCEST! 齊藤彩

ひざ抱え上体倒し
座り姿勢で硬くなったお尻の筋肉と股関節をストレッチ。右脚を曲げ、左ひざの上にのせる。両手を右脚に添えて上体を倒し、お尻が伸びたところで15秒キープ。反対側も同様に。

VOCEST! 齊藤彩

足裏シーソー
足首を動かしながらふくらはぎを刺激してむくみ予防。かかとをつけてつま先を高く上げる、つま先をつけてかかとを上げる、この動作を交互に、つま先が温かくなるまで続ける。

VOCEST! 齊藤彩

ふくらはぎプッシュ
ふくらはぎが張ってきたと感じたらひざでふくらはぎをプッシュ。左のふくらはぎを右のひざに押しつけて、脚を上下に動かし、ふくらはぎをマッサージ。反対側も同様に。

VOCEST! 齊藤彩

つま先上げ下げ
同僚とおしゃべりを楽しみながら、足先にたまった冷えをオフ! つま先をゆっくりと上げたり下げたりして、ふくらはぎの筋肉をほぐすと、脚が軽くなる。

撮影/恩田亮一 モデル/齊藤彩(VOCEST!) イラスト/itabamoe 取材・文・構成/山本美和

  • 1
  • 2