1. カバー力だけで選んでない?「うるおい充満」がクリームファンデの新常識[PR]

2019.09.13

カバー力だけで選んでない?「うるおい充満」がクリームファンデの新常識[PR]

湿度も温度も急降下する秋冬、悩ましいのがファンデーション選び。乾燥は気になるけどカバー力も欲しい。さらに化粧くずれは最低限に抑えたい。そんな悩みに応えるイプサの新ファンデ、カギは“うるおい充満”です!

カバー力だけで選んでない?「うるおい充満」がクリームファンデの新常識[PR]

乾燥肌のVOCEST!から、秋冬はこんな悩みが寄せられます…。

VOCEST!小林花織さん

VOCE

「朝スキンケアをした直後でも、鼻の下や、口周りなど肌の乾燥のせいで所々ファンデがよく割れてしまうんです。」 

VOCEST!垰智子さん 

VOCE

「乾燥肌なので、夕方になると肌が乾燥することによるメイクくずれやシワなどがすごく気になります。」

VOCEST!高木晴香さん

VOCE

「乾燥がひどく、目もとの小ジワが気になっていて、普段夕方になるとすごく目立ってしまいます。」

この秋、そんな悩みを解決してくれる優秀アイテムが登場!

乾燥した肌にぴったりフィット。美しい仕上がりが持続する。
IPSA(イプサ)「クリーム ファウンデイション N」9月13日新発売!

VOCE

クリーム ファウンデイション N SPF15/PA++  25g 全6色 各¥5000/イプサ

VOCE

ブラウス¥11000/ローズ バッド

“うっとり美肌”の秘密――。
独自のうるおいラップ膜技術でうるおいを充満させ、キレイが続く!

密着力にすぐれた「うるおいラップ膜」を肌表面に形成。肌のうるおいをピタッと閉じ込めることで、ファンデのフィット感も高まっていく。だから化粧くずれしにくく、カバー力も低下しにくい。うるおいが循環するイメージで、時間が経っても乾燥しにくい!

VOCE

仕上がりは、厚塗り感とは無縁のナチュラル美肌。色ムラや毛穴は目立たないのに、うるおいで満たされたような透明感のある肌がつくれるのは、「うるおいラップ膜技術」のおかげ。乾燥した肌にもファンデがきちんと密着し、ヨレにくいのもうれしい限り。


VOCE

ヘア&メイクアップアーティスト KUBOKIさん
「ちゃんとカバーしてくれるのにメイク感が出ない。きちんとスキンケアしたような、湿度のある肌がひと塗りで完成するのがいいですね。ほどよいツヤ感も今っぽい!」


夕方になっても乾燥感なくキレイな肌が続く!

VOCE

チュールキャミソール¥3900/レンアイ ケイカク ルミネエスト新宿店
ニットキャミソール¥3400/ココ ディール

夕方になってもシワっぽくならず、しっとりうるおい肌をキープ。毛穴や色ムラを自然にカバーしながら透明感を高める「影キャッチパウダー」、どんな光の下でも白浮きして見えず、透明感のある仕上がりを保つ「反射光オート補正パウダー」の働きも見逃せないポイント!

時間が経っても目まわりしっとり♪

VOCE

口もとのカサつきも気にならない!

スキンケアしたばかりのようなしっとりぷるぷる肌でいられるから、ファンデのシワ埋まりやカサつき、粉浮きの心配もなし! シミや毛穴などの肌悩みはカモフラージュしつつ、うるおい感のある肌を夕方までキープできるなんて、乾燥肌にはまさに夢のよう♪

VOCEST!の皆さんからも実際使ってみた!の感想が届きました!

VOCEST!小林花織さん

VOCE

「朝スキンケアをした上に重ねることで、うるおい感を保ったままベースメイクをしてくれるのでとても嬉しいです。夕方頃になっても肌のつっぱりを感じることがなく、うるおい感が持続してるように感じます。」

VOCEST!垰智子さん

VOCE

「夕方になっても程よいツヤ肌。肌に密着してくれて、自然なカバー力でキレイな肌に仕上げてくれてすごくよかったです。」

VOCEST!高木晴香さん

VOCE

「これはとってもうるおいが続くので、普段よりもつっぱりが気にならず、小ジワの目立ちも少なかったです。カバーもしっかりされるのに、厚塗り感もあまりないのも嬉しいです。」

カバー力やロングラスティング力はもはや当たり前。アラはキレイに隠すのに透明感があって、しかも秋冬でも乾燥しない。それがイプサの「クリーム ファウンデイション N」。スキンケアしたばかりのような朝のベースメイクが1日続く、“うるおい充満”のうっとり美肌を、あなたの肌でも実感してみて!

協力/イプサ
イプサお客さま窓口 0120・523543
IPSA公式
近くの店舗を探す

撮影/城 健太(vale./スミス楓さん)、藤本康介(静物)  ヘアメイク/KUBOKI(ThreePeace)  モデル/スミス楓  スタイリング/柾木愛乃  取材・文/穴沢玲子