1. まるで、生まれつきの立体感! 林由香里的・立体感ベースメイク

2019.08.31

まるで、生まれつきの立体感! 林由香里的・立体感ベースメイク

ハイライトとシェーディングを使わずとも立体感を出せるのが、林さんのベースメイクの特徴。ミニマムなアイテムで作り出す、その極意を大公開!

まるで、生まれつきの立体感! 林由香里的・立体感ベースメイク

美肌は8割下地で作るベースだけは引き算OK

完璧すぎる肌はカラーメイクが映えにくいので、ベースは引き算。少々のアラならシャドウやリップでカモフラージュできるから。ベースは下地でほぼ完成させ、ファンデやコンシーラーは補正程度に。この秋はハイライターやシェーディングはナシが気分です。特にシェーディングはアラサー以上がやると頰がこけて老けて見えるので使いません。

【立体感ベーステクニック】

1.下地は全顔。均一に叩き込む
ベースの8割は、下地で作ってます。だから選ぶのはベージュで肌色補整効果を持ち、みずみずしいツヤも仕込めるタイプ。全顔に塗った後、気になる部分に重ね塗りすることも。

<使用したアイテム>

フレッシュなツヤ肌に整う。

センサイ CP ブライトニング メイクアップ ベース


センサイ CP ブライトニング メイクアップ ベース SPF12 30ml ¥7500/カネボウ化粧品

2.ファンデをポイント塗り、これだけで立体感
ファンデは顔の中心のみに薄~く。塗ってない部分との差が生まれるので、それだけで立体感が生まれます。コンシーラーはニキビ跡やクマなど、気になる部分だけに最小限でOK。

<使用したアイテム>

ツヤと肌なじみの良さが選考基準。

カネボウ コンシーラーコンパクト

カネボウ コンシーラーコンパクト ¥6000/カネボウインターナショナル Div.

CR ハイドレイティング ファンデーションスティック

CR ハイドレイティング ファンデーションスティック SPF25/PA+++ 全8色 10g ¥4200/ベアミネラル

3.パウダーでテカリをおさえて
顔全体をマットにするとのっぺりするのでパウダーは部分使い。肌の高い部分はそもそもツヤっぽく見えるものだし、時間が経つと皮脂も出てくるのでパウダーを仕込みテカリを防止。

<使用したアイテム>

ほどよい明るさと極薄ベールが陰影に。

VOCE

カムフィー プレストパウダー 全2色 ¥4500(9/6発売)/セルヴォーク

【HOW TO MAKE】

パウダーはフェイスラインと眉間、目頭の下、鼻の脇、唇の山と顎先に。最後にブラシに残ったぶんを頰の高い位置にひとはけ。

VOCE

ハイライトなし! シェーディングなし! が秋の気分


VOCE2019年10月号 上西星来

ヘアメイク/林由香里(ROI) 撮影/岩谷優一(vale. /人物)、伊藤泰寛(静物) スタイリング/加藤ゆい モデル/上西星来 取材・文/中川知春