1. 石井美保さんがVOCE読者の「たるみ悩み」をカウンセリング

2019.09.21

石井美保さんがVOCE読者の「たるみ悩み」をカウンセリング

石井さんが主宰するサロンで予約困難の美容カウンセリングをWEBにてお届けする、この企画。今回はたるみをメインにエイジングサインが出始めたVOCEST!に直接指導。3週間後はいかに?

石井美保さんがVOCE読者の「たるみ悩み」をカウンセリング

VOCE

\ホントに変わった!/
石井さんによる、読者の肌診断をチェック!

カウンセリングを受けるのは【たるみ悩み】を持つVOCEST!

VOCE

VOCEST! 211 福本はるなのエイジング悩み
小鼻まわりの毛穴が開いている!
日によってどんよりくすんで見える
目の下のたるみやほうれい線が目立つ

【診断1】そもそも、ファンデが落とせていません

「小鼻横の毛穴に、日々落としきれていないファンデが詰まっているうえ、毛穴が気になるからと圧をかけて洗うことで開き&たるみを助長。ファンデの耐久性にあわせてクレンジングの洗浄力を少し上げ、こすらず洗って」(石井美保)

VOCE

【診断2】あごまわりだけ角質が溜まって色素沈着が見られます。ほうれい線が目立つ原因にも

「ザラつきを取ろうとして、強くくるくる洗っているのが逆効果。刺激のせいで肌が硬くなり、色素沈着も発生。影をつくってほうれい線も目立たせることに。目の下のたるみもアイクリームを強い圧で塗っているせい。こすらず優しく指になじませてからプレスづけを」(石井美保)

VOCE

VOCE

「目の下のたるみは“クリームのこすり塗り”が原因」(福本はるな)

【診断3】表情筋が使えていないと、顔全体がたるむんです

「あまり表情を動かさないからシワはできにくいけど、表情筋が使えなくてたるみやすいタイプ。顔を大きく動かして“ウ”“イ”と繰り返し発音したり、思いっきり笑顔をつくって両手で固定する“にっこり固め”を習慣に」(石井美保)

VOCE

VOCE

「笑うときも頰の筋肉をもりっと上げる意識を!」(石井美保)

3週間後、結果は……?

VOCE

VOCE

◆BEFORE
目元はこのまま放置すると美容医療一直線のため、ここはアイクリームに投資するのが正解。また圧をかけずにメイクオフできるように石井さんプロデュースの泡クレンジングにスイッチ。“にっこり固め”や“ウイ体操”など表情筋にアプローチするケアも日課に。

◆AFTER
下まぶたのたるみが半減、顔全体がリフトアップ!
「下まぶたのぼこっとしていた部分の面積が約半分に減ってびっくり! 今まで必須だった目元のコンシーラーが不要に。顔も動かしやすくなりました」(福本さん) こすらないケアを徹底したら、たるみが激減。表情筋を意識することでフェイスラインもシャープになり、頰の位置がアップ!

エピステーム アイパーフェクトショットa

\アイケアに使ったのは/
エピステーム アイパーフェクトショットa 18g ¥11000/ロート製薬
目元を支える2つの筋肉に働きかけて、上下まぶたのたるみを根本から改善。

撮影/岩谷優一(vale./人物)、恩田亮一(静物) ヘア/大野朋香(air) 取材・文/楢﨑裕美