1. お洒落メイクの天才・岡田知子さんの、【岡田的カラーコーデ】の基本ルール3

2019.09.09

お洒落メイクの天才・岡田知子さんの、【岡田的カラーコーデ】の基本ルール3

メイクがお洒落にキマるか否かは、カラーの組み合わせ次第。今まで以上にカラーアイテムが豊富。だからこそ知りたい秋カラーコーデの正解を、人気ヘアメイクの岡田知子さんが伝授!

お洒落メイクの天才・岡田知子さんの、【岡田的カラーコーデ】の基本ルール3

【教えてくれるのは……】

VOCE岡田知子

ヘア&メイクアップアーティスト 岡田知子さん
彼女の手にかかればどんなモデルも一気にあか抜けると大人気。ファッショントレンドも加味して組み立てるメイクは、最高にお洒落。

▼岡田知子さんが教える「秋カラーコーデ」 他の記事はこちら▼
岡田知子メイク【ボルドーEYE×ブラウンCHEEK】はオトナな品を引き出す名コンビ
モードな【ブラウンリップ】につやめき【オレンジチーク】で美人要素をプラス!|岡田知子メイク
秋カラーコーデの正解【カーキEYE×レッドマットLIP】リップには渋めカラーを
モーヴEYE×ピンクLIPでオトナの甘さを引き出して|岡田知子さんの秋カラーコーデの正解
【白T・大ぶりアクセ・柄モノ服】ファッション×カラーメイクの正解|岡田知子メイク

【失敗しない!】秋カラーコーデの正解

【メイクはバランス】質感と色み次第で、一気にこなれる

カラーメイクがちぐはぐになってしまうそのワケは、質感やトーンのバランスが悪いこと。特にこの秋豊富なくすみカラーのアイテムを使う場合、どんな組み合わせにするにせよ、同じニュアンスを持つ色同士を組み合わせるのが成功への近道。ニュアンスの異なるケミカルなカラーと合わせると、途端に古く見えたり、くすんで見えてしまうから。

【岡田的カラーコーデの基本ルール】

【RULE1】顔のトーンまたは彩度を合わせる

VOCE2019年10月号 メドウズ舞良

OK!
統一感が生まれるしお洒落にキマる!
同色同士でなくてもくすんだ赤とカーキのような、「雰囲気合わせ」の組み合わせも◎。

VOCE2019年10月号 メドウズ舞良

NG!
目と唇のトーンが異なると印象が散らかって見える
目と唇のトーンがちぐはぐなため統一感のないメイクに。目元のくすみも際立っている。

【RULE2】色を入れるポイントは2つまでに絞る

洋服やアクセにも色があることを考えると、メイクでポイントにしていいのは2色まで。色数を絞ったうえで、同じ色同士で濃淡をつけたり、マットとラメなど異なる質感で遊びを入れると、何色も使うより色そのものが際立つし、メイクのバランスも整う。

【RULE3】色選びに迷ったらチークレスもあり

頰は目元や唇と比べて面積が広く、色が悪目立ちしやすいパーツ。また、色のチョイス次第では透明感を消してしまうことも。目元と唇に色をのせてみて、血色が足りなければ肌なじみのよいチークをひとはけ入れる、くらいのスタンスがちょうどいい。

撮影/嶌原佑矢(人物) 伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/岡田知子(TRON) スタイリング/程野祐子
モデル/メドウズ舞良(VOCE 専属) 取材・文/中川知春