イガリシノブ×長井かおりの最旬アイメイク論

【イガリシノブ×長井かおり】緊急対談!マスク時代の最強目元論!

更新日:2022.04.22

【イガリシノブ×長井かおり】緊急対談!マスク時代の最強目元論!

ユニークなテクで読者から絶大な信頼を受ける、イガリシノブさんと長井かおりさん。最強コンビの2人が、読者の目元の悩みに真剣に答えてくれました! アイメイクに関する最新な結論がここに!

【イガリシノブ×長井かおり】緊急対談!マスク時代の最強目元論!

ユニークなテクで読者から絶大な信頼を受ける、イガリシノブさんと長井かおりさん。最強コンビの2人が、読者の目元の悩みに真剣に答えてくれました! アイメイクに関する最新な結論がここに!

イガリシノブさん

ヘア&メイクアップアーティスト

イガリシノブさん

美容のプロページはこちら
オシャレで可愛いメイクを常に発信し続けるスペシャリスト。アイディア豊富でSNSを駆使し、みんなのリアル悩みをどんどん解決。

長井かおりさん

ヘア&メイクアップアーティスト

長井かおりさん

美容のプロページはこちら
トレンド感を取り入れながらもお仕事シーンでもきちんと通用する好感度メイクの達人。ユニークで効果抜群のオリジナルテクが満載。

メイク界のBIG2が考える最旬アイメイク論とは?

イガリシノブさん/長井かおりさん
長井さん
長井さん

まだまだマスクで口元が隠れるのもあって、やっぱり目元は盛りたくなるよね。かといって盛り盛りなのもちょっと違うかなって思っていて


イガリさん
イガリさん

わかる、ドギツイ色で囲ったり、グラデをつくって、「ここが目です」とバキッと主張させるよりは、目をトロンと見せて可愛さを印象づけるというか。“うつろ”なギャルのイメージ。


長井さん
長井さん

ギャル感大事(笑)。どうトロンとさせるの?


イガリさん
イガリさん

目の上側をメインにラインや締め色を入れてヨコ幅を出すのではなく、目の下側に重さを出して主張させること。目を丸くコロンとさせて、トロンと見せるの。リップの色を効かせたり、下まぶたに色を入れてタテ幅を出したりして、マスクをはずしたときに、目と唇の余白が広く見えて間延びするのを防ぎたいというのもあるかなぁ。


長井さん
長井さん

確かに、無意識だったけど下まぶたにもしっかり色を入れるようになってるかも。ラインやマスカラで目のフレームを強調してきたけど、そういう“チカラ”をつけるより、“印象”をつけるほうがしっくりくる。実際に、今、何色って言い切れない不思議なくすみカラーが増えていて、これを広範囲に入れれば、華やかな印象も彫り感も一気に出せちゃう。ブラウンよりも影感や締め感は弱まるけど、面積が広いことで、印象の強さをキープしているというか。


イガリさん
イガリさん

かおりちゃんっぽい〜(笑)。いずれにしろ。アイシャドウ、マスカラ、アイラインしかアイテムはないんだから、ポイントをどこにどう置くかが大事で、チカラを抜きつつ印象づけるのがオススメだね。


次ページ
目元お悩みQ&Aを見る!