1. テラスハウス卒業・田辺莉咲子の【恋トレ塾】vol.1 確実にお腹をヘコませたい

2019.09.30

テラスハウス卒業・田辺莉咲子の【恋トレ塾】vol.1 確実にお腹をヘコませたい

恋に体型コンプレックスのお悩みはつきもの。自分に自信が持てないせいで恋がうまくいかない……なんて人も多いのでは? そんな時は、トレーニングに頼ってみるのも手。今話題のあの人が、あなたにぴったりのお悩み解決トレーニング法をレクチャー! 本日より毎日21時公開、5日間限定の短期連載です!

テラスハウス卒業・田辺莉咲子の【恋トレ塾】vol.1 確実にお腹をヘコませたい

【恋トレ塾】連載記事をあわせてチェック♡
vol.2 巨乳になって元カレを見返したい!
vol.3 デカ尻コンプレックス
vol.4 デート服が台無しのパンパンな二の腕
vol.5 彼氏がくれた超超ミニスカート

お悩み:確実にお腹がへこむ方法が知りたい!

「ちょっと遅めの夏休みで、好きな人と海に行く予定が♡ だけど、お腹が気になって水着を着るのが怖いです。もう秋が近づいているので、きっとこれが最後のチャンスですよね。海に行くまであと2週間……。なんでもするので、確実に腹がへこむトレーニング方法を教えてください!!!」(22歳・女性)

教えてくれるのは……
avex artist academy フィットネストレーナー 田辺莉咲子さん

VOCE

テラスハウス出演で話題! エイベックス・アーティストアカデミーでアーティストなどにフィットネスを指導。インスタでもフィットネス情報を発信中。Instagram→ @risako_tanabe

お悩み解決トレーニングはこちら!

<初級編>足あげトレーニング

1. 床に寝て、膝を曲げる。

VOCE

2. 手の平を床につけたまま、足を天井に向かってあげる。腹筋に力を入れてお尻が下に落ちてこないように耐え、この状態を10秒キープ。

VOCE

「身体が前や後ろに倒れすぎてもOKです。できるだけ自分の腹筋に効く位置を探して」(田辺さん)

<上級編>壁倒立

壁に身体の背面を向けて、倒立。お腹とお尻を締めて、身体が一直線になるように意識して。脇がまっすぐになるよう、肩の力は抜かないこと。

VOCE

即効性を求めるならこれ! ちょっとハードルが高いかもですが(笑)。胃や腸など、下がってしまった内臓の位置を正せるので、ぽっこりお腹にも効きますよ」(田辺さん)

Risako's advice

「好きな人と海……素敵ですね。元々私がトレーニングを始めたきっかけの一つは、筋トレをしている人を好きになったことなんです(笑)。その彼がムキムキな女性が好きだったので、理想の女の子になりたい!と思って。そんな理由で始めたけれど、いつのまにか筋トレ自体にすごくハマってましたね。

脂肪を減らすのであれば、筋トレがやっぱり効きます。だけど、特にお腹まわりは食事の内容を意識するだけでもすごく変わるので、できる範囲で炭水化物、糖質、脂質を減らしたり、タンパク質増やしてみるのがおすすめ。

人に認められたいという気持ちでトレーニングにハマるのも、モチベーションに繋がるので良いと思います。自分の頑張りを自分自身で評価するのってなかなか難しいけれど、人に褒められると“私、変わったんだな”って実感できますもんね!」

田辺莉咲子を深堀り!Q&A

Q. 今の仕事を始めるまでの経歴は?

A. 小さい頃からバトントワリングというスポーツをしていたことが今の仕事に就く一番大きなきっかけだったと思います。高校2年生で現役を引退したときからトレーニングを始め、卒業した18歳の時にフリーでパーソナルトレーナーとして活動ながら、バトンの先生もしていました。19歳で上京してきて、またパーソナルトレーナーとして働いていたときに今の事務所に入り、トレーナーを務めながら今はタレントとしても活動させてもらっています。パルクールは半年前に始めて、これからも頑張っていきたいと思っているところです!

Q. トレーナーになったきっかけは?

A. たぶん私は生まれた時から筋トレが好きで(笑)。小さい頃から空手や水泳、野球など、ずーっと運動をしていたので、そもそも運動が本当に好きなんだと思います。兄がやっているのを見ていて自分もやりたくなって始めることが多かったですね。だからこそ、バトンの現役を引退した時に筋肉がなくなったのがすごくショックで。体重が減ることが嫌だったんです。弱くなったような気がして……(笑)。「強くならなきゃ」という思いで筋トレを始めました。あとはバトンを教え始めた時に、自分ができたことが教え子たちにはできないことがあって。その時に、まずは筋トレを教えてあげなきゃなと思い、知識をつけるために勉強をし始めたのも一つです。自分にとってバトンをやっていたことはやっぱり大きいですね。

撮影/金栄珠