1. テラスハウス卒業・田辺莉咲子の【恋トレ塾】vol.5 彼氏がくれた超超ミニスカート

2019.10.04

テラスハウス卒業・田辺莉咲子の【恋トレ塾】vol.5 彼氏がくれた超超ミニスカート

恋に体型コンプレックスのお悩みはつきもの。自分に自信が持てないせいで恋がうまくいかない……なんて人も多いのでは? そんな時は、トレーニングに頼ってみるのも手。今話題のあの人が、あなたにぴったりのお悩み解決トレーニング法をレクチャーします!

テラスハウス卒業・田辺莉咲子の【恋トレ塾】vol.5 彼氏がくれた超超ミニスカート

【恋トレ塾】連載記事をあわせてチェック♡
vol.1 確実にお腹をヘコませたい
vol.2 巨乳になって元カレを見返したい!
vol.3 デカ尻コンプレックス
vol.4 デート服が台無しのパンパンな二の腕

お悩み:彼のプレゼントが似合わない大根足

「最近付き合った彼氏がアパレルの販売員で洋服が大好き。『絶対お前に似合う!』と言ってプレゼントしてくれたのが、膝上の超超ミニスカート謙遜とかじゃなく私の脚は確実に平均よりだいぶ太いので(笑)、な、なんでミニ〜!?って感じなのですが、せっかくのプレゼント、履きこなしてあげたいな〜と。運動経験がなく、座り仕事なので筋肉が全然ありません。美脚になる方法、教えて!」(21歳・女性)

教えてくれるのは……
avex artist academy フィットネストレーナー 田辺莉咲子さん

VOCE

テラスハウス出演で話題! エイベックス・アーティストアカデミーでアーティストなどにフィットネスを指導。インスタでもフィットネス情報を発信中。Instagram→ @risako_tanabe

お悩み解決トレーニングはこちら!

ながらエクササイズ

1. デスクに座った状態で、太ももの間にペットボトルを挟み、落とさないようにキープ。膝に負担がかからないように位置を調整。

VOCE

「厚めの本などで代用してもOK。厚さは太ももと太ももの間に片脚分くらいの隙間ができる厚さがベストです。内ももに効くので脚全体のシルエットが美しく見えます」(田辺さん)

Risako's advice

「彼から服のプレゼント……これは嬉しい! ちょっと気に入らないなってものでも、好きな人からもらったら嬉しいですよね。マジ着れないってレベルでひどい服の場合は『嬉しすぎて着れなかった』って言うかな(笑)。

でもこの方、お仕事頑張っているのにボディメイクも頑張ろうとしているなんて偉い! 仕事が終わってから筋トレに行けるのってすごくストイックな一部の人だけだと思います。だから、仕事をしながらボディメイクができると良いなと思い、さっきのトレーニングをレクチャーしました。

仕事で疲れた状態でトレーニングに行って、また疲れて……みたいなことを続けると、ストレスが溜まって負の連鎖になるので、あまりおすすめしません。仕事中に疲れて、仕事終わってからもまた疲れるんじゃ身体が休まらない。そんな状態になるくらいなら、ジムに行くのを諦めてもOKです。

座り仕事は体が丸まって姿勢が悪くなりがち。それだと使っていない筋肉をより悪化させてしまうので、まずは姿勢を正すように心掛けて。仕事中の姿勢を改善していけば、だんだんと疲れ方も変わってくるはず。疲れたなと思いながら無理してジムに行くよりは、お家やオフィスでできる範囲でトレーニングやストレッチを取り入れてみて

田辺莉咲子を深堀り!Q&A

VOCE

Q. 運動経験がない人がトレーニングをはじめるときは?

A. トレーニングと聞くと、ルールがあるような感じですごく難しく感じちゃうと思うんです。例えば会員制のジムでは、マシーンの使い方がわからない、合っているのかな……と不安に思いながらトレーニングをしている方も多いのでは? それだときっと楽しくなくて続かないので、好きなことから始めるのがおすすめです。私がやっているパルクールも、楽しいだけじゃなくてきちんとトレーニングになっています。好きなことをやって体が変わるのが一番理想の形なので、例えば愛犬と散歩に行く時間を長くしてみるとか、カフェでコーヒーを飲むデートよりはキャンプに行って体を動かす方を選ぶとか。そういうところから少しずつ体を動かしてみるのが良いのではないでしょうか。

Q. これからやりたいことは?

フィットネスでお仕事をいただけるのはすごく楽しいから、パルクールでもお仕事ができるようになりたい。パルクールで大会に出たいし、喋るのも好きだから自分が前に出るお仕事もやっていきたいです。パルクールもアクションに近いから、皆で一緒に力を合わせるような仕事もしていきたい。つまり、なんでもやってみたいですね! 

あとは、みんなが本当はやってみたいと思いつつも挑戦できていないことがやれるよう、サポートしていきたいです! パルクールも、もともとはフランスの軍事訓練からきたもので、トレーニングなんです。知らないままチャレンジをしない人や、女だから、大人だからという理由で諦める人が多くて。確かに一般の人からすると手をつけにくいスポーツではあると思うから、まずはみんなに知ってもらうこと。そして、いつかはパルクールとフィットネスを合わせたような新しいものができたらいいな、と思ったりもしています。

撮影/金栄珠