1. 争奪戦になること間違いなし! 2019年ホリデー限定コスメ|シャネル、NARS他

2019.09.25

争奪戦になること間違いなし! 2019年ホリデー限定コスメ|シャネル、NARS他

クリスマスはまだ先……とのんびりしていられない! コフレ&限定品の予約時期が間もなくスタートするブランドも。予約完売や買いそびれで涙しないよう、この最速コフレ&限定品情報をもとに購入計画をぜひ。

争奪戦になること間違いなし! 2019年ホリデー限定コスメ|シャネル、NARS他

2019クリスマスコフレ特設ページはこちら!

2019クリスマスコフレ

シャネル

エクラ マニェティク ドゥ シャネル

【発売日11/1】
エクラ マニェティク ドゥ シャネル ¥8000

肌にとけこみ、健やかな肌のみが持つ血色感やつややかさをもたらすアイボリーゴールドのハイライト。パウダーでありながらフィット感が最高。

レ キャトル オンブル

【発売日11/1】
レ キャトル オンブル ¥7000

2つのカーキとピーチ、ブラウンのグラデサテンのような光沢感に包まれた目もとは、息を呑む美しさ。存在感ある発色や陰影感もアイコンシャスな今シーズンの気分にマッチ。

ルージュ アリュール

【発売日11/1】
ルージュ アリュール 全6色 ¥4800

愛らしいキャンディピンクから意識の高い大人にふさわしいブラックチェリーまで6色のカラーレンジを発表。ひと塗りで見事な発色を叶え、上質なツヤをオン。

ヴェルニ ロング トゥニュ

【発売日11/1】
ヴェルニ ロング トゥニュ ¥3200

深みあるグリーンとブラウンニュアンスのレッドという2色がお目見え。“THEクリスマスカラー”を手にして爪先からパーティ気分に。

ルージュ ココ グロス

【発売日11/1】
ルージュ ココ グロス ¥3600

限定色は、彩度高めのレンガ色とブラウンレッドという旬真っ盛りの色。独特の透ける高発色は、イマドキ感ときちんと感を両立する。

アディクション/アディクションビューティ

コンパクト アディクション“パーティタッチ”

【予約日10/18】【発売日11/1】
コンパクト アディクション“パーティタッチ” ¥7800

大小のパールやカラーを織り交ぜた大胆なカラーは、パーティシーンでも熱視線が集中。このパレットでのみ手に入る特別仕様の24色は見逃せない。

ザ ネイルポリッシュ“パーティタッチ”

【予約日10/18】【発売日11/1】
ザ ネイルポリッシュ“パーティタッチ” ¥1800

日常から解放される日に選ぶなら、このジュエリー級の存在感のあるネイルを。人を翻弄するリッチな発色とつややかな光沢感が魅力。

リップグロス ピュア“パーティタッチ”

【予約日10/18】【発売日11/1】
リップグロス ピュア“パーティタッチ” ¥2500

センシュアルで大胆な真紅、愛らしくも可憐なベビーピンク、シャンパン級の輝きを放つゴールド。パーティで主役の座を奪える3色。

NARS/NARS JAPAN

フリーラバー チークパレット

【予約日10/18】【発売日11/1】
フリーラバー チークパレット ¥7600(店舗限定)

6色入りのブラッシュパレットが登場。流行を押さえたチークとツヤと立体感を演出するハイライティングパウダーは、思いのままに重ねづけOK。まばゆい輝きが広がるポップな限定ケースも激カワ。

ハイプト アイシャドーパレット

【予約日10/18】【発売日11/1】
ハイプト アイシャドーパレット ¥7600

ピグメントをリッチに配合した限定12色はどれも、スポットライトの下で注目の的に。ナチュラルから特別感ある冒険メイクまで叶う色バリエは、マット、サテン、シマー、3つのテクスチャーが揃う。

オーデイシャス リップスティック

【予約日10/18】【発売日11/1】
オーデイシャス リップスティック ¥3900

数々のコスメアワードを獲得したリップのベストセラーシェードが集結。見たままの美発色と品のいいソフトマットな質感が長く続く。

シュウ ウエムラ

ピカシュウ アイ パレット サンダー ショック

【予約日10/25】【発売日11/1】
ピカシュウ アイ パレット サンダー ショック ¥8000

ピカチュウにインスパイアされた12色は、雷を意識したイエローなど、バラエティ豊か。“ピカピカ”ケースも応援して、即完売の予感。

ルナソル/カネボウ化粧品

レイヤリングリップバー

【予約日11/2】【発売日11/22】
レイヤリングリップバー ¥8500

仕上がりの光沢感や質感が異なる10色のリップを存分に楽しめるパレット。レイヤードにルールはなし! 新しい自分が見つかるはず。

撮影/久々江満 スタイリング/坂下シホ 取材・文/金子優子 構成/渡辺瑛美子