1. 【漫画『私の少年』】アラサー女性の“孤独”を刺激……。「悲しみをぼんやりさせて生きている人、多いと思うんです」。作者・高野ひと深さんにインタビュー

2019.09.28

【漫画『私の少年』】アラサー女性の“孤独”を刺激……。「悲しみをぼんやりさせて生きている人、多いと思うんです」。作者・高野ひと深さんにインタビュー

アラサーOLの多和田聡子が12歳の少年・早見真修と出会い、心を通わせあっていく。恋なのか、母性なのか、友情なのかー、複雑な感情が行き交う話題の漫画『私の少年』。一見おねショタ作品に見えつつも、ストーリーを読んでみるとどこか深く、アラサー女性だからこそ共感できるキャラクターの孤独感や台詞が妙に心に刺さります。どんな思いでその言葉を紡いでいるのか、作者の高野ひと深さんにVOCEがメールインタビューしました。

【漫画『私の少年』】アラサー女性の“孤独”を刺激……。「悲しみをぼんやりさせて生きている人、多いと思うんです」。作者・高野ひと深さんにインタビュー

『私の少年』1巻まるごと期間限定公開中!

1話はこちらから

「悲しみをぼんやりさせて生きている人、多いと思うんです」。

――VOCEで公開中の1巻(全8話)を見させていただいて、とにかく聡子や真修の二人の台詞がすごく印象に残りました。

「みんな
幸せそうに見えてても
触れられないものを
心にしまっていて
それが
うっかり外に
飛び出さないよう
生活してること
全然
わたしだって
わかっているけど
今だけは
そんなの嘘じゃないのって
疑ってしまうよ」

この聡子がつぶやくセリフは、高野さんのご経験から生まれたものですか?

『私の少年』第2話から抜粋。

『私の少年』第2話から抜粋。

高野ひと深さん:
「この台詞を書いた当時の私は、アラサーでは無かった上に大学卒業後すぐに漫画家になってしまったので、私の社会人経験が元になった台詞ではないのですが、働いていると、自分の悲しみや悩みをどんどん“大したことないもの”として処理することが増えていくんじゃないかなって思ったんです。

『最近上司がすごい意味わかんないことでピリピリしてめっちゃあたってくるんで仕事進まないんすよね〜』っていう悩み、私からすると『モラハラじゃん!! 大問題じゃん!!!』と慌ててしまうんですけど、大抵のことは『向こうにも色々あるんだって。まあここはこっちが大人になってやろうよ』なんてテンプレでなだめられたり、『もっと辛い悩みを抱えている人がいるんだから、このくらいで凹んでいちゃダメだな』って自分の悩みを誰かと比べて低く見積もったり。そうやって“悲しみをぼんやりさせて生きている人”、多いと思うんですよね。

聡子もやはり騙し騙し生きている女性なので、ショックな出来事に笑顔で対応してしまったりするんですけど、元彼との切ない出来事があった日の夜くらいは、『今この駅から帰る人たちの中で、自分が1番悲しい』ってどうしても思って欲しくって。『聡子が一等賞でいいよ!』って。笑顔で喜ぶのも、泣いて悲しむのも、どっちも同じように抑え込んじゃいけない感情じゃないですか。だから、今夜はゆっくり悲しんでおくれ……って私の願いを込めたモノローグでした」

次ページ
12才の少年・真修から胸キュン♡ な一言をかけられた聡子……

  • 1
  • 2