1. 美しすぎる38歳、女優【安達祐実】さんがモデルを務めたメイク本には、さらなる美の秘訣が……!? 特別インタビュー大公開♡

2019.10.05

美しすぎる38歳、女優【安達祐実】さんがモデルを務めたメイク本には、さらなる美の秘訣が……!? 特別インタビュー大公開♡

インスタグラムのフォロワーは60万人越え、美しすぎる姿が話題沸騰中の安達祐実さん。そんな彼女がビューティーモデルを務め、異例の発売前重版も決定したメイク本『肌がきれいになる石けんオフメイク』。大好評の発売を記念して、ご本人にお話を伺いました! VOCEのセルフメイク動画では語られなかったさらなる美の秘訣や、直近のお気に入りコスメなど気になる情報に注目。

美しすぎる38歳、女優【安達祐実】さんがモデルを務めたメイク本には、さらなる美の秘訣が……!?  特別インタビュー大公開♡

「攻めのメイクも、肌を休めるナチュラルコスメも、両方好き」

安達祐実さん

―雑誌VOCEのメイクページやセルフメイクの動画公開など、度々のご出演ありがとうございます! いつも読者からの反響が大きい安達祐実さんですが、ご自身で実感されることはありますか?

「こちらこそありがとうございます! VOCE見たよと言われることももちろん多いですし、ネットでいただける反応がすごくてびっくりしています。私、結構エゴサーチとかしちゃうんですよ。たまにSNSで検索したりもするんですけど、“VOCEの安達祐実”とかいろんな方が書いてくださっていて(笑)。普段はこんなキメ顔をしたりすることがないのですごく恥ずかしいんですけど、嬉しいですね。VOCEの撮影はいつも色々なメイクができるので、楽しくて好きです」

こちらからチェック▼
【安達祐実】セルフメイク動画を大公開!【スキンケア~メイクまで愛用コスメも紹介】

安達祐実さん

―そう言っていただけて嬉しいです。今回、安達さんがビューティーモデルを務められたメイク本『肌がきれいになる石けんオフメイク』も既に話題となっていますが、この本に関するお気持ちを教えてください。

「2年前、モデルとして出演させていただいた『クレンジングをやめたら肌がきれいになった』というメイク本から私も石けんオフメイクを取り入れているんですけど、すごく肌がキレイになるという実感があったんです。なぜ肌に良いかという基礎的な知識は前回同様紹介されているんですが、そのほかにも石けんで落とせるコスメのバリエーションやメイクの楽しみ方など、情報の幅が広くなっていたので、純粋にすごいなということを改めて感じています」

―石けんオフメイクの新しい楽しみ方を知れたということでしょうか?

「本当にその通りです。昔は私もナチュラルコスメだとあまりメイクが長時間キープできないとか、色がパッとしないとかマイナスなイメージがあったんですけど、ものすごく進化しているし、素敵なメイクができるほど種類がとっても増えている。色々な業界の人たちも気になっている分野なんだろうなと思いましたね」

「石けんオフメイクをすると、肌のコンディションがキープできる」

安達祐実さん

安達祐実さん

―石けんオフメイクを取り入れる前と後、変化はありましたか?

「スゴいですよ。肌が安定して荒れにくくなりました! もともと乾燥肌で、荒れやすいタイプだったんです。お酒も飲まないしタバコも吸わない、食生活も割といい方なのにこんなにトラブルが続くなんて、どこを改善したら良いのか本当にわからなくて……。その悩みがあったときに出会ったのが石けんオフメイク。1週間くらい石けんオフできるコスメだけでメイクをしていたら、本当に肌がまろやかになってきたんです。多分、今まで落とし過ぎてたんでしょうね。クレンジングをし過ぎて落としてはいけないものまで落として、傷つけていたんだと思います。仕事上色々なメイクをするので毎日はできないんですが、肌が疲れたなっていうときやお休みのときはナチュラルコスメでメイクをして石けんオフすると、肌が復活する気がします。肌のコンディションが高まるので、お仕事で濃いメイクをしても左右されなくなったので本当にオススメです」

安達祐実さん

―石けんオフメイク試してみたくなりました……! ちなみに今まで、年代によって肌の変化はありましたか?

「10代は特に肌トラブルもなく乗り越えてきたんですが、20歳前後の頃は生活環境や食生活の変化に合わせて肌荒れする時期があった気がします。でも、24歳のときに長女を出産したら、なぜか肌がツルッツルになったんです。出産と同時に毒素を排出した感じ(笑)。そこから何年間は持続していたんですけど、30代はホルモンバランスが崩れてきたのか、迷走期に。本当に美容に疎かったので、石けんオフメイクに出会うまでそれが続きましたね。今は基礎的なことを改めて教えていただきつつ、日々勉強中です」

―教えてもらったことはすぐ実践されるタイプですか?

「実践します。コスメとかも頂いたものは絶対に試してみるし、オススメされたものも結構やってみるタイプ。合うものはそのまま続けますね。……そういえば、腸内環境が肌にすごく大事だって主人に言われてから、毎日ヨーグルトを食べてるかも(笑)。調子が良くなったので、2年間ずっと続けています」

「今年の秋メイクには、ネイビーのカラーマスカラを活用したい」

安達祐実さん

―もう秋メイクにシフトする時期。最近安達さんお気に入りのコスメを教えてください!

「肌に良い成分を使ったエトヴォスのコスメが結構好きかな。ハイライトやツヤの出るアイテムを目元、頰、光らせたいところに入れたりしています。あとはカラーマスカラも好きなので、引き続き秋メイクでも使いたいですね。特にネイビーにはまっているので、アクア・アクアのネイビーマスカラも気になっています」

VOCE

―普段必ず持ち歩いているポーチの中身はなんですか?

「薬用リップクリーム。あと、代謝があまり良くなくて血色が悪いので、ちょっと色がつくアディクションのリップは必ず入れています。元気でもすぐに体調悪いの?って聞かれちゃうから、これである程度血色をつけるようにしないとね(笑)」

「内面の人間味や生き様が、美にも関係している気がします」

VOCE

―改めてですが、38歳には思えないほどの肌ツヤに美貌……終始見とれてしまいました。40代に向けて心がけていることはありますか?

「やっぱりどんどん衰えていくので、運動しなくちゃということは2年くらい思っているんです。全然できていないけど……。有酸素運動は苦手なので、ヨガとか試してみたいな、とは思っています。私、筋肉が本当になさすぎるみたいなんですよ。お医者さんに、もう少し年齢を重ねたら筋肉がなさすぎて骨折しちゃうから、筋肉をつけなさい! って言われるくらい。だから今は、キレイな身体でいたい!というよりかは、骨折の危険性があるから筋肉をつけるようにしないとな、とは思っています(笑)」

―(笑)。お仕事で何か挑戦したいことはありますか?

「ここ数年舞台のお仕事を控えてきたんですが、来年久しぶりにやってみることになったのでそれは挑戦ですね。ちょっと苦手だなと思って今まで避けていたけど、やっぱり逃げていちゃダメだなと思って。大人になりすぎるともっと挑戦する気持ちを失う気がするので、40歳になる前に挑戦してみます」

―素敵ですね。それでは最後に、安達さんにとって“美”とは何かを教えてください!

「メイクやファッションって色々な種類があるし、どうとでも変化できると思うんですけど、それに負けない生き様、内面の人間味っていうのが美にも関係しているんじゃないかなと思うんです。そういうのって表に出てくる気がするから。みんなそれぞれコンプレックスはあるはずなんです。目を大きく見せたいとか、顔をシャープに見せたいとか。私もあるけれど、そういうのを個性の一つとして活かす、自然な美しさとして活かせるような生き方をすることで、美しさを表現できるんじゃないかなと思います」

安達祐実(あだち・ゆみ)

VOCE

PROFILE:1981年9月14日生まれ。東京都出身。幼少期にモデルや子役として活動を続け、1994年ドラマ『家なき子』で本格的にブレイク。その後も映画『花宵道中』(’14/主演)、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(’19)など数多くの話題作に出演。実力派女優からビューティーモデルなど幅広く活躍中。

ワンピース¥44,000/エボニー(シック)、イヤリング¥10,000/ザ ダラス(ザ ダラス ラボ.)、サンダル/スタイリスト私物

『肌がきれいになる石けんオフメイク』

『肌がきれいになる石けんオフメイク』

石けんオフメイク研究会(著)
クレンジング不要の石けんオフメイクを実践しているヘアメイクや美容エディター、安達祐実さんなどが結成した“石けんオフメイク研究会”。それぞれがプロの視点で、石けんオフメイクについてを紹介。肌がキレイになる仕組みや、メイクのハウツー、おすすめのコスメブランドなど、すべてがわかる一冊に。大好評発売中。

撮影/大靍円(昭和基地 ¥50 management) ヘアメイク/秋鹿裕子(W) スタイリング/船橋翔大(DRAGON FRUIT)