1. ジバンシイの【透けグレー】パレットで、今っぽい顔に【メドウズ舞良】3LOOK

2019.10.13

ジバンシイの【透けグレー】パレットで、今っぽい顔に【メドウズ舞良】3LOOK

秋は、アイシャドウパレットをフル活用させたい気分。そこで、注目カラーの透けグレーのパレットを使い倒すレシピをご紹介!

ジバンシイの【透けグレー】パレットで、今っぽい顔に【メドウズ舞良】3LOOK

◆教えてくれるのは……

ヘア& メイクアップアーティスト 河嶋希さん

ヘア& メイクアップアーティスト 河嶋希さん

『見違える、私メイク』

<書籍も大人気!>
“ふつうの人”がキレイになれる、新・ベーシックメイクがギュッと詰まった一冊。『見違える、私メイク』¥1450/ワニブックス

▼他カラーの秋メイクはこちら▼
【内田理央】ランコムの【くすみオレンジ】パレットでつくる3LOOK
【ジルスチュアート】のパープルピンクパレットでつくる【松原菜摘】3LOOK

【本命アイパレは…】透けグレーパレット

秋のグレーは、とにかく“透ける”発色のパレットが正解! ラメやパールが入ったものならスモーキーにならず甘さをプラスできます

・透ける質感でモノトーンでも軽やか
・色ごとに違うラメ感を重ねてバリエが出せる
・濡れツヤホワイトで立体感のある目元に

【使用するのはコレ】

ジバンシイ プリズム・イシム・アイズ

ジバンシイ プリズム・イシム・アイズ 01 ¥7600(限定品)/パルファム ジバンシイ
ダークグレーからほとんど白に近いグレーまで、全9色がセットに。ラメ入りやメタリックパールなどそれぞれ違った質感で楽しい。

【pattern①】ほんのりシャドウライン&効かせシルバーなら進化形イノセント顔

VOCE2019年11月号 メドウズ舞良

「上まぶたにはグレー、下まぶたにはシルバーを効かせてちょっとだけスパイシーに。目尻にハネをつくってシャープな雰囲気を演出しますが、透けグレーなので全体はピュアな仕上がりに」

VOCE2019年11月号 メドウズ舞良

・HOW TO MAKEUP・

VOCE

①3を上まぶたに。二重幅よりもやや広めにのせる。
②2をキワにライン状に入れる。目尻はキュッとハネをつくってスパイシーに。
➂下まぶたに5を。目頭から全体に細く入れて。目尻側は「②」のハネにつなげるようにして。

【pattern②】透けグレーをギラッと上下盛りで甘さオフの“ネオ可愛い”

VOCE2019年11月号 メドウズ舞良

「透けグレーはそれだけでも可愛いけれど、質感の違うグレーを重ねていくことで立体感を演出すれば、新しいグレーメイクに出合えます。肌になじむ仕上がりは、透ける質感だからこその新鮮な可愛さが」

・HOW TO MAKEUP・

VOCE

①7をアイホールにさらりと薄くのせてベースに。
②6を下まぶたの全体に細めにのせる。
➂1を上まぶたのキワに。黒目の幅に細く入れる。
④「③」に重ねながら、9を上まぶたの中央にだけのせて。これで目の立体感がアップ。

【pattern➂】締めブラックの逆盛りアイで女子会映えのトレンド感

VOCE2019年11月号 メドウズ舞良

「透けグレーならではの今っぽいアイメイクなら、下まぶたに締め色を効かせた“逆盛り”テクもおすすめ。女っぽさとおしゃれっぽさをアピールできて、トレンド感も満点です!」

・HOW TO MAKEUP・

VOCE

①8を上まぶたに。アイホール全体にうっすらのせて。
②1を下まぶたのキワに。インサイドラインのように、まつげの根元をなぞって。
➂「②」のアウトラインを7でぼかしながら、涙袋くらいの幅で目頭から目尻に。

撮影/吉田崇(まきうらオフィス/人物)、伊藤康寛(静物) ヘアメイク/河嶋希(io) スタイリング/川﨑加織 モデル/メドウズ舞良 取材・文/丸岡彩子 構成/佐野桐子