1. 本命彼女がいてもドキッ! 浮気心が芽生えた女性からのLINE

2019.10.19

本命彼女がいてもドキッ! 浮気心が芽生えた女性からのLINE

今回は本命の彼女がいるにもかかわらず、ついフラフラと浮気したくなってしまった女性からのLINEについて聞いてみました。ふだん、何も考えずに彼氏とLINEしている女性にも、参考になる部分が沢山あるかもしれませんよ。

本命彼女がいてもドキッ! 浮気心が芽生えた女性からのLINE

「彼女と喧嘩したら気晴らしに飲みにいきましょう」

VOCE

「わりとグイグイアプローチしてくる子がいたんですが、『彼女がいるから会えない』とLINEで断ったんです。そしたら『じゃあ、彼女と喧嘩したとき連絡ください。気晴らしに飲みにいきましょう』とLINEが。押し引きがうまいなあってちょっとグラっと来ちゃいましたね」(29歳/医療関係)

本命の彼女との仲が円満でも、たまに喧嘩になることもあります。喧嘩してすぐに仲直りできない間って、相手への不満やイライラも溜まっているので「誰かに聞いて欲しい!」「発散したい!」という気持ちが湧いてきますよね。また男性の場合は、聞いてもらいたいというよりは「そんなふうに言ってくれる優しい女性に癒やされたい」という感覚でも惹かれるでしょう。

「◯◯さんしか頼れないんです」

VOCE

「お客さんでけっこう仲がいい子がいたんですが、彼氏がいる子なんでこっちもあまり意識してなかったんです。でも、彼氏と揉めて家を追い出されそうになったとかで、俺の家に泊めて欲しいと頼まれて。『◯◯さんしか頼れない』ってLINEもらったら可哀想でさすがに断りづらくて。つい泊めてしまったことがあります」(26歳/飲食関係)

「あなたしか頼れないの」という言い方をされたら、ついフラッと行ってしまう男性は多そうですね。これは、付き合いが長くなってマンネリ化している女性や、「この人に頼ってもムダ」と彼氏に何か頼むことを諦めてしまっている女性からするとグサッとくる一言かもしれません。どれだけ付きあいが長くなったとしても、男って頼られたら嬉しい生き物なんだというのは心に留めておいたほうが良さそうです。

「よく知らないので、教えてください」

VOCE

「僕はアウトドア派でサーフィンやゴルフが好きなんですが、彼女は日焼けは絶対したくないと言うし、体を動かすのも嫌いなので、趣味はあまり合わなくて。でも、新しく知り合った子から『ゴルフ始めたばかりなので練習につれていってください』『ウエア買うの付き合って欲しいです』などとしょっちゅうLINEが来るようになって。相談されると悪い気しないし、こういう子のほうが気が合うのかなぁとは思ってしまいますね」(34歳/建築関係会社経営)

男の人ってやっぱり頼られたいんでしょう。「教えてください」と言われたら嬉しくなってしまう男性が大半なのかもしれません。また、彼女が自分の趣味に無関心というのも他の女性が割り込むスキになってしまいそうですね。

結論! LINEで浮気心はむくむく育つ

LINEの内容もそうですが、女性からマメに連絡をくれるという行為自体も、男の浮気心が刺激されるきっかけになるんだろうな……という印象を受けました。交際期間が長くなると、つい彼氏のことは後回しにしても大丈夫だろうと思ってしまうこともありますが、女性が考えるより男って寂しがりやで繊細なのかもしれません。逆にいうと、どれだけ長く付き合っても、頼る、相手に関心を持ち続けることを忘れなければ、浮気相手が入り込むスキを作らずにいられるのではないでしょうか。