1. 乾かず、シワなし、発色キレイ。【進化型マットリップ】4本

2019.11.13

乾かず、シワなし、発色キレイ。【進化型マットリップ】4本

マットリップの軽やかな進化を、美容ライター入江信子さんが語ります

乾かず、シワなし、発色キレイ。【進化型マットリップ】4本

乾かず、シワなし、発色キレイ マットリップの軽やかな進化

入江信子さん

世の中にすっかり定着した感のあるマットリップ。今秋も多くの新顔がお目見えしている。が、同じマットでも以前と様子が違う……。仕上がりがぐんと軽やかになっているのだ。もともと「マット=ツヤがない」だけど、今のマットはほんのり光含みが常識。ピグメントなどの配合の妙で、ツヤ消しでありながら光がにじみ出る仕上がりを演出している。

その光の加減が洗練されてきている、というのが「軽さの理由」その1。たとえばベルベットっぽい質感のコスメデコルテや、柔らかい光を放つローラ メルシエのリップのように。

また軽さの理由その2は、透け感を感じるものが登場していること。普通、マット質感であれば、どうしても色は重たく見えるもの。でも、素の唇を覆い隠しすぎない「透けマット」リップなら色の印象はソフト。ぼかしたようなふわっと感が出るサンローランがそれだ。

そして軽さの理由その3はケア効果。ムース的フォーミュラにたっぷりのケア成分を配合したディオールをはじめとして、どのブランドも保湿成分をしっかり入れていて、仕上がりもつけ心地もライトだし、唇のシワ目立ちも少ない。

一般にケア成分をたくさん入れるほどツヤが出るから、少し前まで「マットリップは乾く」が当たり前だった。けれど今は技術の進化により、ケア成分と口紅のベースのバランスをうまく取って、マット感と潤いが両立できるのだという。使いやすさがアップしたマットリップ。苦手意識がある人も今季は取り入れ時!

ルージュ ピュールクチュール ザ スリム シアーマット 107

ピグメントの量を抑え、透け発色を実現。
ルージュ ピュールクチュール ザ スリム シアーマット 107 ¥4300/イヴ・サンローラン・ボーテ

ルージュ エッセンシャル シルキー クリーム リップスティック 05


発色、なめらかさ、保湿と三拍子揃う。
ルージュ エッセンシャル シルキー クリーム リップスティック 05 ¥3600/ローラ メルシエ ジャパン

VOCE

唇で柔らかくほどけ、光がにじむ。
ザ ルージュ ベルベット RD402 ¥3500/コスメデコルテ

ルージュ ディオール ウルトラ リキッド 707

ムース質感の快適さと美発色の虜に。
ルージュ ディオール ウルトラ リキッド 707 ¥4200/パルファン・クリスチャン・ディオール

撮影/藤本康介、吉田健一(No.2)