1. 【植松晃士】メンズライクなファッションには【メイクのギャル化】が絶対必要!!

2019.11.19

【植松晃士】メンズライクなファッションには【メイクのギャル化】が絶対必要!!

【植松晃士】メンズライクなファッションには【メイクのギャル化】が絶対必要!!

VOCEのご意見番・植松晃士さんがおモテのコツをアドバイス! 今月のおブスは、メンズライクという言葉にあやかりすぎて、おじさん化が進んだ女子。この前代未聞の危機を嘆く植松晃士さんが、解決策を緊急提言。

【教えてくれるのは】植松晃士 UEMATSU KOJI
ファッションプロデューサー。VOCE読者にとっては“ファッション×美容”のご意見番!

おブス!? おモテ!? の分かれ道

植松「ねぇ、知ってる? 今、日本が抱えている3大問題。地球の温暖化でしょ、この連載で何度も取り上げている女子の巨大化でしょ、あともうひとつ」

編集F「え、何ですか?」

植松「日本女子のおじさん化! この秋、細すぎず、太すぎず、脚のラインがまったく見えないストレートパンツが流行ってるじゃない? カーゴパンツみたいなハリ感のある綿素材の」

編集F「私も買いました。メンズライクがちょっと可愛いなーと思って」

植松「それよ、それ! ひざ下の長いモデル体型ならバランスがとれるんだけど、一般的な体型だと、後ろから見たときにお尻が四角く見えちゃうのよ。それに最近流行りのショートヘアで、トップスもパーカーやネルシャツでダボッとしたものを合わせていると、メンズライクの域を通り越して、もはや小さいおじさんよ、おじさん!」

VOCE2019年12月号 植松晃士

編集F「私、100%当てはまってます(涙)後ろ姿を考えてコーデを決めたことなかったです。確かに最近『男っぽいね』って言われる……」

植松「決してね、メンズライクが悪いわけじゃないのよ、ラフな雰囲気でこなれ感を出して、大人っぽく見せたいんだろうけど、着地が完全に失敗ね。それに加えて、今、空前の茶色ブームじゃない? もはや、おじさん女子のパンデミックよ」

【今回のおブス】ほぼおっさん化おブス

ほぼおっさん化おブス

編集F「ラフさと女ウケだけを意識した結果なんですよね(涙)」

植松「だから、赤リップを合わせがちなんだけど、それこそ非モテよ。今度は女装感が出ちゃう。とにかく女の子としてのエネルギーが足りてない!」

VOCE2019年12月号 植松晃士

編集F「どうすればいいんですか!?」

植松「メンズライクなボリュームボトムをはきたいなら、まずはトップスはタイトにして、デコルテがあいているものにするのがオススメ。ショートヘアなら、お色気になりすぎる心配もないし。さらに髪は少しくしゃっとさせて柔らかさをだして、フープピアスとか、大ぶりのアクセサリーをつけないとダメね」

編集F「メイクも悩みどころです」

植松「こういうときこそ、目まわりをギャル化すべきね! ギャル化というと抵抗あるかもしれないけど、日本が誇る普遍的な文化よ。このメンズライクなコーデとならテイストミックスされて絶妙な感じに整うわ。ポイントはズバリまつげ

編集F「でも、まつげメイク、難しくて」

植松「日本人の多くはまつげが下向きだから、上手に上げるのは難しいわよね。だったら、サロンに頼るのも、ひとつの手。ツールを替えてみるのもいいかもね。目元の肌感も大事で、つやめきを与えておくと、まつげとの相乗効果で◎よ!」

今月の美の格言:メンズライクな装いにはメイクのギャル化が必須!

VOCE2019年12月号 植松晃士

◆おブスの処方箋①

パリジェンヌラッシュリフト

自信をもってオススメできるサロンメニューよ!
まつげパーマ技術の進化版。やりすぎ感がなく、まぶたまでリフトしたような仕上がり。パリジェンヌラッシュリフト 60分 ¥8000/パリジェンヌラッシュリフト

◆おブスの処方箋②

キッカ シェイプディファインマスカラ

キッカ シェイプディファインマスカラ 01 ¥4000/カネボウ化粧品
繊細なのに存在感がある、まつげがNOテクでつくれる!

まつげへの絡みやすさ、しなやかさ、濡れツヤ感を網羅。根元は濃く毛先は細い理想形に。

◆おブスの処方箋③

アイプチ フィットカーラー

アイプチ フィットカーラー ¥1500/イミュ
むくんだまぶたに隠れたまつげの根元から一気にカール

プロのアーティストにも愛用者多数。幅広の先端部がまつげの端から端まで一気にとらえ、根元からカールアップ。

◆おブスの処方箋④

プロディジー CELグロウ アイ

プロディジー CELグロウ アイ 15.3g ¥21000/ヘレナ ルビンスタイン
インスタントなライトアップ効果でつやっぽい眼差しに

ケアを続けるうちに、目元のハリの低下やくすみを根本解決。ふっくら明るい目元に。

撮影/伊藤泰寛 ヘアメイク/松本晃幸 スタイリング/曽我部将人 イラスト/黒猫まな子 取材・文/楢﨑裕美

この記事のカテゴリー