1. 【スキンチェッカーで全部確かめてみた!】本当に私の肌を潤しているのは?

2019.12.02

【スキンチェッカーで全部確かめてみた!】本当に私の肌を潤しているのは?

乾燥が気になる秋冬。そこでこっくりとした油分の多いクリームを投入する方も多いのではないでしょうか。でも、これって本当に効いてるの?と疑問に思い、スキンチェッカー(肌の水分、油分量計)を買ってみました。自分の肌の変化や生活パターンの影響、お手入れの違いを数字で追ってみた結果をレポートします。

【スキンチェッカーで全部確かめてみた!】本当に私の肌を潤しているのは?

購入したスキンチェッカー

VOCE

美ルル belulu スキンチェッカー ¥2760

選んだのはネットで口コミが良かった「美ルル」という商品です(3000円程度で購入しました)。体温計のようなシンプルな構造で、先端の金属部分を肌に押し当てて計測するタイプ。画面に水分、油分が数値で出て、顔のイラストマークが「困り顔」「普通」「笑顔」の三段階で「乾燥肌」「普通」「潤いのある肌」と直感的にわかるようになっています。何より、持ち歩きに便利なので旅行や出張の多い私にはピッタリ。過去のデータも10回分自動保存されるので、生理日管理アプリなどと組み合わせると、自分の肌の調子のパターンも分かりやすそうだと思いました。

自分の肌の「平均値」を知っておくこと

自分の肌の「平均値」

現在、使用し始めて一ヶ月半ほどになります。最初に計測したときはドキドキしましたが、水分も油分も私の平均値は35%前後。ちなみに「美ルル」では、

  • 普通肌:水分量 35~50%、油分量 20~30%
  • 乾燥肌:水分量 10~30%、油分量 15~30%
  • 脂性肌:水分量 30~40%、油分量 35~50%
  • インナードライ肌:水分量 10~30%、油分量 30~45%

と定義されており、乾燥肌タイプだと思っていた私は以外と脂性肌よりなんだという発見がありました。そして、私の場合、油分量はそれほど変わらないのですが、毎日測っていると水分量が変動しやすいという特徴に気づきました。

私の平均値は35%前後

・数値に変化があった方法

数値に変化があった方法

保湿、というと化粧水を沢山つけてこっくりとしたクリームで蓋をするのが効果的だと思っていたのですが、それだと油分は増えても水分はあまり変わらず。ところが、寝るときにかなり前に購入してしばらく使っていなかった「パナソニック ナノケア ナイトスチーマー」と、「無印良品」の加湿器を引っ張り出してきて枕元に置くようにしました。その結果、朝測定したときに肌の水分量が40%を超える日も! 部屋の湿度が高い環境はやはり肌にとって良いようなので、これからの時期、肌だけではなく部屋の加湿も気にしようと思うきっかけになりました。

・全く手入れしなかったらどうなるのか?

全く手入れしなかった肌数値

ちなみに、一度だけ好奇心から「入浴後に一切肌の手入れをせずに寝たらどうなるのか?」という実験もしました。「肌断食」という美容法があるくらいなので、実は何も塗らないほうが自分で水分や油分を補給するのでは?という好奇心で行ってみたのですが、朝測定した結果は水分量18%、油分量34%という残念な数値に。確かに、水分が少ないと感じて油分が出たのかもしれませんが、水分は少ないままでした。きちんと意図して肌断食するのと、ただサボって何もケアをしないのは違うのだな、と感じました。

・一番ダメージがあったのは連日の寝不足

普段通りの肌の手入れをしていて、数値にもっともダメージがあったのは寝不足でした。忙しい日が続き、深夜3~4時に寝て7時くらいに起きる生活が4日続いたら、明らかに肌がガサガサしている気がしたのですが、やはり数値に出ました。水分量が25%、油分量が38%となり、さすがに手で触ってもガサガサした感触に。

どうやら私の場合は、肌の調子が悪くなる時は水分が減って油分とのバランスが悪くなるインナードライ肌に寄る傾向があるようです。乾燥肌になると、スキンチェッカーの画面も赤く表示されるのでちょっとドキッとして「今日はちょっと早く寝ようかな」と思うきっかけになりました。

その後、30%以上の水分量に戻るまでに3日かかったので、連日の寝不足は回復に時間がかかることも判明。今後の参考になりそうです。あと、お酒を飲み過ぎた翌日は、顔がむくんでいるのでその分水分量が多いのかな?と思ったりもしたのですが、とくにそれほど変わらなかったです。

・数値で客観的に肌状態がわかるので手入れが楽しくなる

VOCE

たまに化粧品カウンターなどで肌状態を計測していただくのも、もっと高性能で正確な数値がわかって良いと思うのですが、体温計のように手軽に測れるスキンチェッカーを持っておくと、お手入れの成果も数字でわかりやすいですし、生活習慣の乱れも自分で反省する機会になりやすいです。私の場合は、油分より水分が足りていないとわかったのも収穫でした。それほど高価な商品じゃなくても十分。毎日測っていると傾向がわかるのでけっこう面白いですよ。