1. 縁結びのパワースポット。出雲大社で良縁を得る

2015.12.07

縁結びのパワースポット。出雲大社で良縁を得る

出雲大社は縁結びで有名ですが、ここは新たな良縁を授けるだけでなく、今の人脈をさらに発展させてくれる神社でもあるのです。いやさかの縁を求めて訪れて欲しい場所です。

縁結びのパワースポット。出雲大社で良縁を得る

占星術師のステラ薫子です。ついに師走に突入してしまいました。一年が過ぎるのは早いものですね。今回、私が紹介するのは出雲大社。良縁を求めて多くの人が訪れる神社です。あなたはこの一年、どんな出会いを経て、どんな人たちと親交を深めてきたのでしょうか。楽しい思い出を頭の中に巡らせてみてください。今、あなたが手にしている縁のさらなる発展を願って出雲大社を訪れていただきたいです。

Image title

出雲大社の縁結大祭「神在祭」

前回、私が出雲大社を訪れたのは昨年の11月。旧暦では10月です。10月と言えば神様が出雲大社に集うと言われています。そのため10月は神無月と言われていますが、出雲では神在月。それで旧暦の神在月である11月に縁結大祭として、神在祭が催されます。私はその祭に参加するために訪れたのです。

私はその前年、遷宮の年も出雲大社を訪れていました。あの時は、天候が大荒れで、大嵐。雪、雹(ひょう)、色んなものが降っていました。遷宮の年の影響なのか、地のパワーも強まっていたのだと思います。その思い出があったので、今回は万全に準備を整え、友人とともにいざ、出雲へ。

鳥居をくぐると、他の神社では感じたことのない気が漂っています。この出雲の地は、他とは違う特別な場所なのだと実感します。そして目に入ってくる大きなしめ縄。何度見てもその迫力に圧倒されてしまいました。

Image title

天気は晴れ。煌々とする太陽の下、縁結大祭に集った人たちに交じりました。祝詞をじっと聞きながら、前日に書いておいた絵馬をしっかりと持って自分の願いを懇々と祈りました。全身が大きな力でくるまれているように感じ、体が芯から熱くなるようでした。

祝詞が終わっても名残惜しく、本殿で祈り、さらに本殿の周囲を回ってみると、最後の祈祷が始まりますよと教えていただきました。本殿で神等去出(からさで)祭が行われるとのこと。さっそうと本殿に入ると見たことのあるお顔が。遷宮のときにあった宮司様でした。嬉しいことにお相手も私のことを覚えてくださっていたのです。なんだかその会話がありがたくて、縁結大祭を含め、本殿で2つのパワーをいただいた気がしました。

Image title

ほれぼれする位のエネルギーとパワー

そしてついに神等去出祭。20人の宮司と共に、出雲国造宮司が入っていらっしゃいます。出雲国造宮司が入ってくる時のエネルギーは感動もの。ほれぼれする位のエネルギーとパワーを持っていらっしゃいます。目を瞑っていると風が吹き、たくさんの偉大なるなにかが行き交っているのを感じました。神様がいる、ご縁がきっとある、ふっとそう思ったのを覚えています。非常によい思い出になりました。

出雲大社はいやさかの縁を授けてくださると言います。いやさかとは繁栄のこと。私を発展させてくれる大切な縁との出会い、大切な人と末永く縁を続けていくことを祈って本殿を後にしました。

そしてその後、私は仕事で、プライベートで、様々な出会いを経験しました。人から刺激を受けて発想が広がったり、人と協力しあい、理解し合う喜びを得たり、まさに縁に感謝することばかりです。

出雲大社に縁を求めに訪れるときは、恋よりももっと大きな絆を祈ってみてください。

あなたの人生を発展させ、豊かにしてくれる人との出会いを願ってくださいね。