1. デートにもバッチリツヤを盛る♥色っぽナチュラル肌のつくり方

2015.05.13

デートにもバッチリツヤを盛る♥色っぽナチュラル肌のつくり方

単なるツヤメイクじゃテカリ肌と変わらない! カレにも好印象ないまどきツヤ肌は、甘さと丸みが大きなポイント。しっかりテクをマスターして、色っぽナチュラルフェイスになろう!

デートにもバッチリツヤを盛る♥色っぽナチュラル肌のつくり方

ツヤが増すほどに色っぽさはアップするもの。というわけで、モテを意識するならツヤを出すのが正解だけど、そこに女らしさを表す丸みがなければ、ただのテカリ肌になってしまう。


まず投入すべきは、ピンクの下地。

白い光ではなくピンクニュアンスの光を仕込むことで、ツヤを強めつつ甘さと華やかさ、メリハリを強調しよう。

Image title

短めのTゾーンと上まぶた、そして目の下に丁寧になじませて。

Image title

●スック ライティング リキッド SPF25/PA++
25ml ¥6000(限定発売中)


目をパッチリ開けたときもきちんと光が見えるように、上まぶたのハイライトをちょっとだけ拡大。

Image title

二重幅より上に、目頭からまぶたの曲線に沿って黒目の上まで、幅広に光をプラスする。丸みが強調され、フェミニン度もぐぐっとアップすること間違いなし。

Image title

●RMK グロースティック ¥2000


チークは上めに入れて、甘さをアップ!

Image title

赤い練りチークを使い、涙袋のあたりまで色づけ。
上めに入れることで、下まぶたに重心のあるメイクになり、甘い雰囲気がアップするんだそう。黒目の内側から目尻の下あたりまで、ブラシでほわっと広げよう。

Image title

●シャネル ル ブラッシュ クレーム ドゥ シャネル 67 ¥4500(5/8より¥4700)

デートに受けること間違いなしの、色っぽナチュラル肌。

真似するなら、早い者勝ち♪

Photographs:Chizuru Abe,Yasuhiro Ito(still)
hair&make-up:AYA/LA DONNA
styling:Kaori Kawasaki 
model:Moeka Nozaki 
design:mashroom design 
text for magazine:Hiromi Narasaki
webwriting:Reiko Anazawa