1. 「バチェラー・ジャパン・シーズン3」に学ぶ「正しい男性の落とし方」って?

2019.11.24

「バチェラー・ジャパン・シーズン3」に学ぶ「正しい男性の落とし方」って?

みなさん、「バチェラー・ジャパン・シーズン3」観ましたか? 毎シーズン話題が尽きない婚活リアリティ・ショー、シーズン3も衝撃の結末に世間がだいぶザワつきました。今回は、男性視聴の視点を参考に、実際に取り入れることができそうな「男性を落とす方法」について解説します。

「バチェラー・ジャパン・シーズン3」に学ぶ「正しい男性の落とし方」って?

観ているうちに「推しメン」ができるバチェラー・ジャパン

アマゾンプライム・ビデオで配信の「バチェラー・ジャパン」。「バチェラー」と呼ばれる見た目も社会的地位も完璧な1人のセレブ独身男性を巡り、20人の女性がデートを繰り返し、最終的にたった一人の運命の相手になるために火花バチバチでバトルを繰り広げる番組です。シーズン3は、フランス語が堪能で、親の経営する医療法人の理事をしながら自らも商社を経営する実業家のイケメン・友永真也氏がバチェラー。

見どころは華やかな女性たちの恋の駆け引き。観ているうちに、自分が応援したくなる参加者、いわゆる“推しメン”が出てきて、「頑張って! 残って!」とついつい引き込まれてしまうのもこの番組の魅力です。

さて今回は、女性たちの手練手管をリアルに垣間見ることのできる「バチェラー・ジャパン」を男目線で見たとき、「この子と付き合いたい」「結婚したい!」と感じるのはどんな女性なのか、聞いてみました。

ボディタッチ+笑顔が最強!

あざと可愛いシングルマザーのモデル・田尻夏樹さん(31歳)

バチェラー・ジャパン・シーズン3」に学ぶ「正しい男性の落とし方」って?

「あれだけ可愛くて笑顔でグイグイ来られたら、男ならだいたい落ちるでしょう。シングルマザーというのは確かに気になるけれど、好きになってしまったら関係ないと思う」(29歳/IT関係)

ボディタッチが多いけれど、下品な感じがしないのは常にニコニコ楽しそうだから」(30歳/通販会社勤務)

「汚れても良い格好で」と指定されたグループデートでも1人だけ可愛らしい格好で登場したり、上目遣い&ボディタッチ多めに密着していくなど、分かりやすいぶりっ子キャラが際立った田尻さん。

女性は「私の素の魅力に気付いて欲しい」と待ちの姿勢で男性の見る目に期待する人が多いですが、男性ってぶっちゃけそこまで見抜けません! 無人島で男女2人しかいないなら別ですが、「笑顔」「女らしいファッション」「上目遣い」「ボディタッチ」など分かりやすいアピールをされたほうが、男性は「この子可愛いなあ」と思いがち。

黒髪ロングヘア&清楚なファッションで男心をくすぐる

IT企業勤務・濱崎麻莉亜さん(22歳)&ぶどう農家の末っ子・岩間恵さん(25歳)

バチェラー・ジャパン・シーズン3」に学ぶ「正しい男性の落とし方」って?

「濱崎さんと岩間さんは見た目がいかにも清楚で男は絶対好きですよ。自分だけを想ってくれそうだし、スレてなさそうだから、自分の色に染まってくれそう」(34歳/通販会社経営)

「シーズン1で最後に選ばれた蒼川愛さんもそうだったけど、自分からグイグイ来られるよりおとなしそうで、処女っぽい清楚な雰囲気の子って第一印象で本能的に惹かれるのでは。男はやっぱり処女性を求める人が多いから」(28歳/ブロガー)

黒髪ロングヘア、白くて美しい肌、素顔の良さを生かしたナチュラルメイク、そして「自分の美貌はよく知っているけれど、知らないフリができる」という共通点のある2人。自分からのボディタッチなどは一切せず、賢く控えめな振る舞いが男心をギュッと掴むのでしょう。

初対面で性格まで詳しくは分からない、婚活パーティーなど大人数が集まる場に行くときは、清楚な服装で行くほうが正解なのでしょうね。

気遣いと観察力がすごい!

元・北新地ホステスの水田あゆみさん(31歳)

バチェラー・ジャパン・シーズン3」に学ぶ「正しい男性の落とし方」って?

「結婚するなら絶対水田さん。料理も上手だし、水田さんとだったら家で過ごす時間が楽しくなりそう。人を立てるのが上手いし、両親に会ったときも絶賛されていたのが分かる。しかも、元ホステスという肩書から“駆け引きをするんだろうな”とイメージしていたけれど全然そうじゃなかった」(34歳/通販会社経営)

「芯はしっかりしているけれど、『私が私が』という感じではなく、『調和』を大事にしてその場の空間を居心地良いものにできる女性ってそうそういないと思う。あんな素敵な女性なら、結婚して子供が産まれても良いお母さんになってくれそう」(27歳/造園会社勤務)

男性ってどこかで「自分が一番でいたい」「俺を立てて欲しい」という思いを持っているもの。そのプライドと張り合わず、一歩引いて男性を立ててあげられるのが水田さんの魅力でした。

気遣いって生まれ持ったセンスもあると思うのですが、後天的にもある程度は鍛えられるもの。それには、相手を観察して、「今、何をしたら相手は嬉しいか」を想像することで相手の心を掴む技術が身についていくのだと思います。これ、男性相手にだけではなく、仕事の場面でも役に立ちますよ。

自分が得意なアプローチ方法を知ることが大事

バチェラー・ジャパン・シーズン3」に学ぶ「正しい男性の落とし方」って?

バチェラー・ジャパンのような設定は特殊ですが、恋愛において「どのタイミングで自己PRをしていくか」はすごく大事です

外見に自信があったとしてもトークに自信がないならあまり喋らず、相手が好きになってくれてから自分を出していくほうが成功する確率は高いでしょうし、人柄やトークに自信があるならまずは仲良くなって長期戦で自分を知ってもらうほうが成功する確率は高いでしょう。

バチェラー・ジャパンは異性に対して自分の強みを出していく方法の参考として、とても勉強になる番組です。様々なキャラの女性が出るので、自分に近いタイプを見つけやすいと思いますよ。