1. 【速報!】VOCEベストコスメ下半期【スキンケア部門】1位アイテム総まとめ

2019.11.22

【速報!】VOCEベストコスメ下半期【スキンケア部門】1位アイテム総まとめ

美の基準は人それぞれ。そんな時代に突入した今、コスメに求められるのは、みずからがもつ魅力や潜在能力を引き出し、高め、自分に勇気を与えてくれること。そんな"BRAVE BEAUTY"な逸品がひしめく今期の頂上決戦はいかに! スキンケア部門1位に輝いたアイテムをすべて発表します!

【速報!】VOCEベストコスメ下半期【スキンケア部門】1位アイテム総まとめ

<ベストコスメ特設ページはこちら

2019下半期ベストコスメ

■化粧水部門 第1位■

≪アルビオン≫

フローラドリップ 80ml ¥7000、160ml ¥13000

フローラドリップ

“発酵”大国ニッポンの代表作! 美肌成分ぎっしりの濃密な“雫”

私たちの肌悩みはひとつとは限らないし、美肌になるための必要条件は多岐にわたる。そんな現実に、計画発酵による7800種以上の有用成分で立ち向かう化粧液が完勝。乳酸菌飲料を思わせるミルキーな色と濃厚なテクスチャーは、本能的に快感で、肌が飲み干すかのようにぐいぐい浸透。すぐに肌に活力を漲らせ千差万別な悩みを晴らす。

■乳液部門 第1位■

≪ディオール≫

カプチュール トータル ドリーム スキン ケア&パーフェクト 30ml ¥12000、50ml ¥16000/パルファン・クリスチャン・ディオール

カプチュール トータル ドリーム スキン ケア&パーフェクト

イキイキとつやめく肌になりすまし、気づけば素肌との差がなくなる!

“素肌以上、メイク未満”を謳うドリームスキンの第三世代。一瞬で毛穴やキメの乱れを消し、ピンクみを帯びたヘルシースキンを叶えるインスタントな効果もさることながら、特筆すべきは1週間で明るくなめらかな素肌へ、1ヵ月後には肌質まで高めるケア効果。“結果が待てない”という声に段階的に応えたことが勝因に。

■美容液·オイル部門 第1位■

≪ランコム≫

ジェニフィック アドバンスト N 30ml ¥10000、50ml ¥14000

ジェニフィック アドバンスト N

最先端の“菌活”スキンケア。強く美しい肌の育成力に絶賛の嵐

肌に棲む常在菌=美肌菌のバランスがいいと、肌の防御力や回復力が高まることから、バランス調整に有用なビフィズス菌や乳酸菌などのプロバイオティクスと、美肌菌のエサとなるプレバイオティクスをW処方。必要量を的確に届けるスポイトや軽やかなテクスチャーなど、使い勝手も抜群。翌日から肌が変わる実感値もピカイチ!

審査員:水井真理子
「バランスを崩しやすい常在菌だからこそ整えてくれる美容液は頼もしい。肌の強さが美しい肌を育ててくれると実感」

■シワ改善コスメ部門 第1位■

≪オルビス≫

リンクルホワイトエッセンス〈医薬部外品〉30g ¥4500

リンクルホワイトエッセンス

シワ改善ケアのハードルを下げた意欲作が“表敬”受賞!

有効成分をナイアシンアミドとし、シワに対してのみならず、美白効果まで。毎日、心地よく使えるみずみずしいテクスチャーは全顔にのばしやすいというメリットもあり、出現箇所が予測不能な未来のシワやシミの予防も万全。増税後も税込み5000円以内を維持するなど、徹底して“国民的”にこだわったオルビスの渾身作の快勝は、もはや当然!

■クレンジング·洗顔部門 第1位■

≪コスメデコルテ≫

AQ ミリオリティ リペア クレンジングクリーム n 150g ¥10000

AQ ミリオリティ リペア クレンジングクリーム n

クレンジングの域を超える洗うトリートメントの進化版

エモリエント効果の高いスキンケア成分で汚れはもちろん、肌サビまで絡め取るから、メイクオフするだけでエステ後レベルの美肌になると人気の“諭吉”クレンジングが進化。抗酸化力に優れた屋久島由来の紅べにふうき富貴エキスなど、最高品質の成分を贅沢にプラスし、よりふっくらと美しく磨きのかかった洗い上がりにプロもひたすら感服。

■クリーム部門 第1位■

≪イプサ≫

クリーム アルティメイト 〈医薬部外品〉 30g ¥20000

クリーム アルティメイト

“表情筋トレ”クリームは、早くもたるみ始めたVOCE世代を救う!

SNSコミュニケーションやスマホ依存により話す機会が激減。表情筋が使われなくなって表情が乏しくなり、たるみやほうれい線などのアラサー悩みにも繋がる。そんな状況を打開すべく、イプサはしなやかに動き、機能する表情筋へ鍛え直し、肌の各層にもアプローチ。透明感やなめらかさも含め、総合的に美しい表情へ導く力で圧勝!

■高級スキンケア部門 第1位■

≪ポーラ≫

B.A グランラグゼⅢ〈医薬部外品〉50g ¥72000

B.A グランラグゼⅢ

さすが、世界をリードするポーラ! 新次元の脳科学コスメに拍手喝采

好奇心を感じたときに脳から分泌されるハッピーホルモン=オキシトシンやノルアドレナリン。これらを肌細胞がキャッチすると肌弾力因子が増えることと、弾力ある肌に触れると好奇心が高まることに着目。塗った瞬間に弾力感を叶えて、好奇心による美肌スパイラルへと誘引し、オートファジー活性や抗糖化にも対応、とスゴすぎ!

■スキンケアライン部門 第1位■

≪クレ・ド・ポー ボーテ≫

キーラディアンスケア シリーズ
A.ル・セラム 〈医薬部外品〉 30ml ¥16000、50ml ¥25000
B.ローションイドロA n 〈医薬部外品〉 170ml ¥11500
C.ローションイドロC n 〈医薬部外品〉 170ml ¥11500
D.エマルションプロテクトゥリス n 〈医薬部外品〉 125ml ¥12000
E.エマルションアンタンシヴ n 〈医薬部外品〉 125ml ¥14000
F.クレームプロテクトゥリス n 〈医薬部外品〉 50g ¥12000
G.クレームアンタンシヴ n 〈医薬部外品〉 50g ¥14000

キーラディアンスケア シリーズ

肌自体に備わる、輝く美肌へと導く“知性”を全力サポート!

スキンケアラインの刷新や新作が豊作の中、激戦を制したのがクレ・ド・ポー ボーテ。刺激の善悪を見極め、適切に反応する知性が肌自体にあり、その能力は様々なストレスによって衰える事実と対峙。肌知性を磨き上げながら、輝く美細胞を生み出し、健やかに育み、隙なく満たす3ステップの価値は、もはやプライスレス!

■スペシャルケア·アイケア部門 第1位■

≪ランコム≫

ジェニフィック アドバンスト ハイドロジェル デュアル メルティング マスク 7枚入り ¥13000

ジェニフィック アドバンスト ハイドロジェル デュアル メルティング マスク

衝撃的なまでの回復力! たった一回で不調を撃退

マスク一枚に1袋の個包装セラムつき。普通に美容液を塗るよりも断然早く浸透し、肌悩みを短時間で改善してくれる。乾燥や肌荒れが気になったら、すかさず。

■プチプラスキンケア部門 第1位■

≪アクアレーベル≫

ホワイトケア ローションM(モイスト)〈医薬部外品〉200ml ¥1400(編集部調べ)/資生堂
ホワイトケア ローションRM(リッチモイスト)〈医薬部外品〉200ml ¥1400(編集部調べ)/資生堂

ホワイトケア ローション

塗ったそばから整うキメ! くすみを払い透明白肌へ

あらゆる肌悩みを丸ごとケアしてくれる化粧水が見事に1 位奪取。白さはもちろんハリも弾力も保湿も叶えてくれて、この価格。新たな常備コスメになる予感♡

■フレグランス部門(ボディケア含む)第1位■

≪シャネル≫

ガブリエル シャネル ツィスト&スプレイ 20ml (リフィル 2本付き) ¥14500

ガブリエル シャネル ツィスト&スプレイ

自由を愛する女性の香りをさまざまなシーンで楽しめる

フェミニンだけど軽やか。自分を信じて輝いている女性のための香りを、手軽に持ち運ぶことができるアイテムが首位を獲得した。キーとなるのはイランイラン、ジャスミン、オレンジフラワー、チュベローズといった4つの白い花。肌の上で香るだけでなく、オーラさえも演出するような特別な香りを、いつでもどこでも堪能したい。

■ヘアケア部門 第1位■

≪エッセンシャル flat≫

くせ・うねりときほぐしセラム〈ヘアトリートメント(洗い流さないタイプ)〉120ml ¥1200(編集部調べ)/花王

VOCE

予想以上の“扱いやすさ”でスタイリング時間を大幅削減

下半期、ヘアケアアイテムでもっとも注目されたのがエッセンシャル atシリーズ。ドライヤーやアイロンの熱を利用することで、くせ・うねりときほぐし成分が内側までしっかり浸透。乾かしたあとは髪が圧倒的にまとまりやすくなるのが最大の特徴だ。1 位は濡れた髪に使用する美容液。朝のスタイリング時間がかなり短縮されると、美のプロまでも感動!

対象コスメ:2019年7~12月発売のコスメ、全部!(ただし、限定品は除く)
審査員:56名
選考方法:ジャーナリスト、スペシャリスト、エディター、ライター、VOCE編集部員はスキンケア部門(12)、メイク部門(16)のすべて、ヘア&メイクアップアーティストはメイク部門(16)のみ、対象コスメを審査。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出し、各部門賞を決定。さらに各部門1位をリスト化し、審査員はあらためて今期を象徴する優秀なコスメを、スキンケア部門、メイク部門から各2品ずつ投票。投票した審査員の合計人数で最優秀賞、優秀賞を決定する。

撮影/藤本康介、伊藤泰寛  スタイリング/竹内大海 取材・文/中川知春、楢﨑裕美、穴沢玲子 構成/佐野桐子、河津美咲、渡辺瑛美子 撮影協力/UTSUWA