1. 【スキンケア部門】頂上決戦! ランコムが最優秀賞を獲得!【VOCEベスコス2019下半期】

2019.11.23

【スキンケア部門】頂上決戦! ランコムが最優秀賞を獲得!【VOCEベスコス2019下半期】

【スキンケア部門】頂上決戦! ランコムが最優秀賞を獲得!【VOCEベスコス2019下半期】

肌調子を全体的に高めるオールマイティ計と悩み専門系の二極化が進んだ今期、いずれもスピーディで確かな聞きが魅力の絶品ぞろい! その中でも、最優秀賞に輝いたのは、ランコム ジェニフィック アドバンスト Nです。

<ベストコスメ特設ページはこちら

2019下半期ベストコスメ

スキンケア部門 最優秀賞

≪ランコム≫

ジェニフィック アドバンスト N 30ml ¥10000、50ml ¥14000

ジェニフィック アドバンスト N

【投票者】

穴沢 安倍 石井 入江 神崎 近藤 貴子 寺田 中川 楢﨑 松本 水井 吉田 大森 遠藤 三好 渕 沈 佐藤 佐野 大木 河津 渡辺

美肌グレードを底上げする新発想の“美肌菌”セラム

■お話を伺ったのは……

VOCE

ランコムPR/メディア統括部長 菊池由美子さん

 私たちのカラダは50%がヒト細胞で、残りは菌。つまり、菌は私たちの健康を大きく左右する存在であり、肌にとっても同じ。ランコムは、世界的な科学者との共同研究により、5億(!)を超える生データから、肌に棲む常在菌のグループ=マイクロバイオームと美肌との関係を紐解き始め、その成果の第一弾として新ジェニフィックを発表。傑作揃いの2019年下半期を代表する顔に。

「最先端のマイクロバイオーム研究によって生まれ変わったジェニフィック。その一滴に含まれる約3000万ものプレバイオティクス&プロバイオティクス由来の成分が、肌がみずから持つ“美肌菌”を育ててバランスを整えていくという、まったく新しい発想の美容液です。心地よさを追求したぐんぐん浸透する日本独自のフォーミュラで、年齢も肌タイプも問わず、皆さんの美肌グレードを高めることを確信しています!」

 まさにボーダーレス時代に即した一本であり、個々の肌特性を活かした美しさを叶える“ダイバーシティ”美容液。その実力は、すでに試した審査員の証言が物語る。

【審査員コメント】

VOCE

美肌菌ケアという新潮流はスキンケアの歴史に残る快挙。肌に与えるたびに揺らぎにくく、美肌偏差値は確実に上がる!」

貴子先生

皮膚の常在菌叢そうを美肌バランスに導く画期的な処方! 毎日進化する肌は一ヵ月後、半年後、どれほど成長するのだろうと期待を抱かせる」

遠藤友子

「夏終わりにも肌が揺るがなかったのはきっとジェニフィックのおかげ。マイクロバイオームの底知れぬ可能性を感じる名品

近藤須雅子

「軽やかな質感で、気持ちよく使ってたら、いつのまにかキメが揃いトラブル対抗力もアップという、優秀デイリーアイテムのお手本

三好さやか

なんとなく不調、揺らぎがちな肌もこの美容液があればOK。続けるうちに、もう手放せない存在に。美肌菌、ありがとう!」

神崎恵

「年齢を加えるほどに負けてしまう白という色に見合う透明な艶とハリ。白い服を着られる年齢に負けない肌を手に入れました」

石井美保

「驚くべき浸透力と保湿力。使ってすぐにピシッとキメが整列して肌の発光レベルが上がるのがわかるし、どんどん肌がタフになる」

松本千登世

「美肌菌への着目は、肌質や悩みや年齢を超えて、ひとりひとり異なる個性に働きかけて、健やかに。まぎれもなく、化粧品の新領域

対象コスメ:2019年7~12月発売のコスメ、全部!(ただし、限定品は除く)
審査員:56名
選考方法:ジャーナリスト、スペシャリスト、エディター、ライター、VOCE編集部員はスキンケア部門(12)、メイク部門(16)のすべて、ヘア&メイクアップアーティストはメイク部門(16)のみ、対象コスメを審査。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出し、各部門賞を決定。さらに各部門1位をリスト化し、審査員はあらためて今期を象徴する優秀なコスメを、スキンケア部門、メイク部門から各2品ずつ投票。投票した審査員の合計人数で最優秀賞、優秀賞を決定する。

撮影/藤本康介、伊藤泰寛 竹内大海 取材・文/中川知春、楢﨑裕美、穴沢玲子 構成/佐野桐子、河津美咲、渡辺瑛美子 撮影協力/UTSUWA

この記事のカテゴリー