1. VOCEベスコス|おしゃれメイク代表【岡田知子さん】の心を射止めたコスメ

2019.11.28

VOCEベスコス|おしゃれメイク代表【岡田知子さん】の心を射止めたコスメ

2019年下半期は、VOCEベスコス各部門賞を獲得したコスメとは別に、大人気ヘアメイク・岡田知子さんの今季のリアルなお気に入りを徹底取材! プロが認めた実力アイテムにぜひご注目!

VOCEベスコス|おしゃれメイク代表【岡田知子さん】の心を射止めたコスメ

◆選んだのは……

ヘアメイクアップアーティスト 岡田知子

【モードをデイリーに最適化!】
ヘアメイクアップアーティスト 岡田知子さん

岡田知子特別賞

アルジェラン カラーリップスティック 全3色 ¥648/マツモトキヨシ

アルジェラン カラーリップスティック

全色揃えたい本格オーガニックリップ

「本格的なオーガニックでトレンド満載の色揃え。これで648円なんてコスパ最強すぎ。リップケアしつつ洒落顔に!」

口紅部門

ローラ メルシエ ルージュ エッセンシャル シルキー クリーム リップスティック 05 ¥3600/ローラ メルシエ ジャパン

ローラ メルシエ ルージュ エッセンシャル シルキー クリーム リップスティック 05

争奪戦が繰り広げられた大ヒットリップが首位に
名品揃いの激戦区、口紅部門を制したのは“ローラの5番”として下半期の話題をさらったこのリップ。微粒子のピグメントをコーティングすることで実現したピュアな発色となめらかさ、そして絶妙な赤みを感じさせるブラウンシェードは、とびきりおしゃれでいてしかも肌色やシーンを選ばない。そんなマルチプレイヤーぶりも人気の理由だ。

「“今期はとりあえずこの色をつけておきましょう”的な使いやすさ。ひと塗りでシアーに楽しみたい」

アイシャドウパレット部門

ランコム イプノ パレット 11 ¥6800

ランコム イプノ パレット 11

女っぽさも今っぽさも叶える欲張りパレット
ランコムの名品、イプノ パレットが新たな魅力を宿してリニューアル。中でも赤みを帯びたブラウンシェードを主役に据えた11番は、メイク撮影でも引っ張りだこになるほどの人気ぶりだ。マットやパール入りなど、異なる質感の5色を絶妙にミックスすることで、女っぽさや今っぽさなど、欲しい魅力が軽々と手に入るのだ。

「テラコッタなアイメイクを、上質に楽しめる! なめらかで、ピタッとくる使い心地も好き!」

チーク部門

セルヴォ―ク インフィニトリー カラー 12 ¥3200

セルヴォ―ク インフィニトリー カラー 12

骨格をさりげなく整える自然な影を生み出すブラウン
チークとしてだけでなく、シャドウにもリップにもとマルチに使えるインフィニトリー カラー。下半期の新色の中でもヘアメイクさんを中心に支持を集めたのは、セルヴォークらしいオシャレでまろやかなブラウン。頰に指でラフにぼかすだけで、ナチュラルな血色と立体感が一度に手に入る。あざとさを感じさせずに、彫り深フェイスが簡単に。

「目元も頰も自然な立体感が出て、肌色も選ばず馴染んでくれる。ヘルシーな仕上がりが大好き!」

パウダーファンデーション・フェイスパウダー部門

イヴ・サンローラン アンクル ド ポー オール アワーズ セッティングパウダー ユニヴァーサル ¥6500/イヴ・サンローラン・ボーテ

イヴ・サンローラン アンクル ド ポー オール アワーズ セッティングパウダー ユニヴァーサル

厚塗り感なくアラを隠蔽! 透明美肌をロングキープ
ファンデのモチを高める新感覚のフェイスパウダー。たったひと塗りで毛穴などのアラまでカバーしてくれると、美のプロから称賛の声が上がった。皮脂や汗によるくずれを防ぐミネラルパウダー配合で、長時間美肌がキープできるのもうれしい。4色の中でも人気は透明タイプ。これで一日中、お直し不要を狙って。

「こんなにながーく透明感がキープできるパウダー、最高です。清潔感のある肌に仕上がるので、どんなメイクにもマッチ」

ネイル部門

THREE ネイルポリッシュ 95 ¥1800

THREE ネイルポリッシュ 95

透け感とクリアなツヤをジュエリー感覚で楽しんで
ネイル部門の常連、THREEの受賞シェードはクリスタルから着想を得たという、奥行きあるクリアなツヤと発色が美しいガーネット。さらりと1度塗りならば宝石のような透け感が際立つし、2度塗りならばこっくりとした発色になるなど、その日の気分でフレキシブルに楽しめるのも魅力。

「レディな爪先にはこれ! しっかりした色なのに透明感があり。どんなメイクやファッションにも、合わせやすい」

ベストコスメ特設ページはこちら!

2019下半期ベストコスメ

対象コスメ:2019年7~12月発売のコスメ、全部!(ただし、限定品は除く)
審査員:56名
選考方法:ジャーナリスト、スペシャリスト、エディター、ライター、VOCE編集部員はスキンケア部門(12)、メイク部門(16)のすべて、ヘア&メイクアップアーティストはメイク部門(16)のみ、対象コスメを審査。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出し、各部門賞を決定。さらに各部門1位をリスト化し、審査員はあらためて今期を象徴する優秀なコスメを、スキンケア部門、メイク部門から各2品ずつ投票。投票した審査員の合計人数で最優秀賞、優秀賞を決定する。

撮影/藤本康介、伊藤泰寛 スタイリング/竹内大海 取材・文/中川知春、楢﨑裕美、穴沢玲子 構成/佐野桐子、河津美咲、渡辺瑛美子 撮影協力/UTSUWA