1. VOCEベスコス|好感度抜群メイクの代表【長井かおりさん】が大絶賛のコスメは?

2019.12.01

VOCEベスコス|好感度抜群メイクの代表【長井かおりさん】が大絶賛のコスメは?

2019年下半期は、VOCEベスコス各部門賞を獲得したコスメとは別に、大人気ヘアメイク・長井かおりさんの今季のリアルなお気に入りを徹底取材! プロが認めた実力アイテムにぜひご注目!

VOCEベスコス|好感度抜群メイクの代表【長井かおりさん】が大絶賛のコスメは?

◆選んだのは……

ヘアメイクアップアーティスト 長井かおり

【好感度抜群メイクの伝道師】
ヘアメイクアップアーティスト 長井かおりさん

長井かおり特別賞

クラランス ジョリ ブラッシュ 04 ¥4500

クラランス ジョリ ブラッシュ 04

トレンドのパープルチーク! 血色もきちんと出るから安心

「ツヤのあるなめらかな粉体で、ムラにならず誰でもキレイに塗布できる。環境ダメージから肌を守る効果もあり」

アイシャドウパレット部門

アンプリチュード コンスピキュアス ダブルアイズ 01 ¥6000

アンプリチュード コンスピキュアス ダブルアイズ 01

“黒を忍ばせる”新発想で初めて出会う、色合わせの妙
ガラスパールがほのかに輝く黒のクリームベースとふんわりと発色する赤のパウダーシャドウ。質感の異なる2色を重ねることで生まれるのは、ダークなのに透き通る美しい影と赤みが導く、えも言われぬ色っぽさ。印象的なまなざしをつくるアンプリチュードのアイパレットが、この“黒を忍ばせる”という新発想で多くの美のプロの心を摑み堂々の1位に。

「質感違いのレイヤードで密着力抜群! 黒を仕込むことで目力も確保され、赤の発色も沈み、とにかくおしゃれにまとまる!」

口紅部門

コスメデコルテ ザ ルージュ ベルベット BR302 ¥3500

コスメデコルテ ザ ルージュ ベルベット BR302

ポーチのスタメンにしたいノーブルな美人ブラウン!
下半期、スキンケアの新ラインで注目を集めたコスメデコルテが口紅部門でも大健闘。5位にランクインしたこのリップは、しっとりと潤うメルティな塗り心地と、ツヤを閉じ込めたソフトマットな質感が魅力だ。ちょうどいい赤みを帯びたブラウンだから、デイリーにもおめかしにも使える。ポーチに常に入れておきたい、この冬のスタメンリップ!

「トレンドのマット質感でありながら、なめらか。直塗りで色も質感も存分に楽しみたい!」

クッション・ソリッドファンデーション部門

NARS ナチュラルラディアント ロングウェア クッションファンデーション SPF50/PA+++ 全6色 ¥6300(セット価格)/NARS JAPAN

NARS ナチュラルラディアント ロングウェア クッションファンデーション SPF50/PA+++

文句なしの仕上がりと使用感! 新世代クッションに誰もが夢中
厚塗りな印象にならないのに、虫刺され跡さえ隠せてしまうほどのカバー力、長時間つけていても乾燥しない保湿力、内側まで潤いで満たされたようなツヤ感、とすべてがパーフェクトなクッションファンデ。毎朝、メイク時についつい手に取ってしまうという審査員も多数。卓越した使い心地に称賛の嵐が。

「とにかく使いやすいの一言! すべらせて薄づきに。叩き込んでカバーアップ。なりたい肌印象が自由自在に操れる」

プチプラアイメイク部門

フジコ シェイクシャドウ 07 ¥1280/かならぼ

フジコ シェイクシャドウ 07

質感も機能性も申し分なし、このピンクは絶対に買い!
なんとシェイクシャドウが2位に続き3位も獲得! こちらは甘すぎないゆえに大人でも手に取りやすいシアーなピンク。油分ゼロ、水だけでつくられているからこその軽さと薄さで、トゥーマッチにならないピンクメイクになる点も評価された。広くのばすのではなく、トントンとまぶたに置くようにのせて、ライナーのように使うとまた違った印象が楽しめる。

「シェイクする回数を加減して濃さが調整できるのも楽しい。可愛さ100点のピンクカラー」

ベストコスメ特設ページはこちら!

2019下半期ベストコスメ

対象コスメ:2019年7~12月発売のコスメ、全部!(ただし、限定品は除く)
審査員:56名
選考方法:ジャーナリスト、スペシャリスト、エディター、ライター、VOCE編集部員はスキンケア部門(12)、メイク部門(16)のすべて、ヘア&メイクアップアーティストはメイク部門(16)のみ、対象コスメを審査。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出し、各部門賞を決定。さらに各部門1位をリスト化し、審査員はあらためて今期を象徴する優秀なコスメを、スキンケア部門、メイク部門から各2品ずつ投票。投票した審査員の合計人数で最優秀賞、優秀賞を決定する。

撮影/藤本康介、伊藤泰寛 スタイリング/竹内大海 取材・文/中川知春、楢﨑裕美、穴沢玲子 構成/佐野桐子、河津美咲、渡辺瑛美子 撮影協力/UTSUWA