1. VOCEベストコスメ|美容家・石井美保さんも大絶賛!【スキンケアライン部門BEST3】第1位は?

2019.12.02

VOCEベストコスメ|美容家・石井美保さんも大絶賛!【スキンケアライン部門BEST3】第1位は?

美の基準は人それぞれ。そんな時代に突入した今、コスメに求められるのは、みずからがもつ魅力や潜在能力を引き出し、高め、自分に勇気を与えてくれること。そんな“BRAVE BEAUTY”な逸品がひしめく今期の頂上決戦はいかに! スキンケアライントップ3をチェック!

VOCEベストコスメ|美容家・石井美保さんも大絶賛!【スキンケアライン部門BEST3】第1位は?

<ベストコスメ特設ページはこちら

2019下半期ベストコスメ


■スキンケアライン部門 第3位■

≪コスメデコルテ≫

AQ ミリオリティ シリーズ

AQ ミリオリティ シリーズ

A.リペア クレンジングクリーム n 150g ¥10000
B.リペア フォーミングウォッシュ n 200ml ¥10000
C.リペア エマルジョン n 200ml ¥30000
D.リペア ローション n 200ml ¥20000
E.インテンシブ クリーム n 45g ¥120000

採点 コスデコ

ホスピタリティに優れた感触で想像超えの再生力を叶える!

再生医療アプローチをはじめとする最先端テクノロジー、全アイテムに20種類以上配合した美容成分、肌だけではなく顔立ちまでも変えてしまうような劇的な効果、幸せを極めた香りやテクスチャー。その全てに最高ランクの贅を尽くしたAQ ミリオリティ。心を揺さぶる感動体験で多くの目利きたちを虜にし、高額の壁を越えてランクイン。

小林ひろ美

「最新の知見と技術の結晶。肌と心にもたらす想像以上の効果に感動!」

入江信子

「弱った肌の勢いが一気に高まる感覚。科学が今できることを全投入した意気込みを感じる」

■スキンケアライン部門 第2位■

≪THREE≫

バランシング シリーズ

バランシング シリーズ

A.バランシング クレンジング オイル R 185ml ¥4200
B.バランシング フォーム R 150ml ¥3800
C.バランシング ローション R 140ml ¥6200
D.バランシング エマルジョン R 100ml ¥7200
E.バランシング クリーム R 25g ¥9000
F.バランシング SQ オイル R 30ml ¥10000

採点 THREE

デジタル時代の肌に最適化! ホリスティックケアの真骨頂

2009年のブランドデビュー時と比べ、オンとオフの切り替えが難しくなり、環境や気候は過酷さを増した“今”に合わせてバージョンアップ。恒常性キープを担う独自の精油ブレンドをキーに、各アイテムに適した特長成分を配すことで、香りを含めて、ひとつひとつの個性が際立ち、多彩な癒やしを実現。ラインでケアする醍醐味も格別に。

吉田昌佐美

「疲れて眠れない今の肌ニーズに応える進化。香りも心地よく、一品一品の肌応えもアップ」

松本千登世

「肌が落ち着くから心が落ち着く、心が落ち着くから肌が落ち着く。これぞ理想の良循環」

■スキンケアライン部門 第1位■

≪クレ・ド・ポー ボーテ≫

キーラディアンスケア シリーズ

VOCE

A.クレームプロテクトゥリス n 〈医薬部外品〉 50g ¥12000
B.クレームアンタンシヴ n 〈医薬部外品〉 50g ¥14000
C.エマルションアンタンシヴ n 〈医薬部外品〉 125ml ¥14000
D.エマルションプロテクトゥリス n 〈医薬部外品〉 125ml ¥12000
E.ローションイドロC n 〈医薬部外品〉 170ml ¥11500
F.ローションイドロA n 〈医薬部外品〉 170ml ¥11500
G.ル・セラム 〈医薬部外品〉 30ml ¥16000、50ml ¥25000

採点 クレポ

肌自体に備わる、輝く美肌へと導く“知性”を全力サポート!

スキンケアラインの刷新や新作が豊作の中、激戦を制したのがクレ・ド・ポー ボーテ。刺激の善悪を見極め、適切に反応する知性が肌自体にあり、その能力は様々なストレスによって衰える事実と対峙。肌知性を磨き上げながら、輝く美細胞を生み出し、健やかに育み、隙なく満たす3ステップの価値は、もはやプライスレス!

石井美保

「3ステップで完成する極上のハリと潤いに大満足。自分の肌の力を最大限に目覚めさせてくれました」

齋藤薫

「肌知性を高めるのが若返りの鍵。その意味を初日から、何となくでも感じさせる凄いラインナップ。“一番美容液”に化粧水を重ねた肌に感動!」

対象コスメ:2019年7~12月発売のコスメ、全部!(ただし、限定品は除く)
審査員:56名
選考方法:ジャーナリスト、スペシャリスト、エディター、ライター、VOCE編集部員はスキンケア部門(12)、メイク部門(16)のすべて、ヘア&メイクアップアーティストはメイク部門(16)のみ、対象コスメを審査。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出し、各部門賞を決定。さらに各部門1位をリスト化し、審査員はあらためて今期を象徴する優秀なコスメを、スキンケア部門、メイク部門から各2品ずつ投票。投票した審査員の合計人数で最優秀賞、優秀賞を決定する。

撮影/藤本康介、伊藤泰寛  スタイリング/竹内大海 取材・文/中川知春、楢﨑裕美、穴沢玲子 構成/佐野桐子、河津美咲、渡辺瑛美子 撮影協力/UTSUWA