1. ドラマ『おっさんずラブ』で話題のCAたちが語る“清潔感必須ヘア”の秘密!

2019.12.20

ドラマ『おっさんずラブ』で話題のCAたちが語る“清潔感必須ヘア”の秘密!

“清潔感必須ヘア”のテクニックを、話題のドラマ『おっさんずラブ‐in the sky‐』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の舞台「天空ピーチエアライン」のモデルにもなり、全面撮影協力をしている航空会社・PeachのCAさん3名に聞きました!

ドラマ『おっさんずラブ』で話題のCAたちが語る“清潔感必須ヘア”の秘密!

多様性の時代における「自分らしさ」と「きちんと感」

Peachではヘアスタイルやネイルに独自の規定を設け、CA自身の「自分らしさ」を大切にしているといいます。広報担当いわく「Peachにはそれぞれの個性を大切にする社風があります。ヘアスタイルやネイルは保安に関わる部分ではないので、清潔感があり不快な印象を与えないルール内の範囲であれば自由なスタイリングを可能としています。ヘアスタイルやネイルの話題がきっかけでお客様とはもちろん、クルー同士のコミュニケーションが活性化し、お互いの距離が縮まることで保安向上にも繋がります」。自分らしさの表現ポイントはコミュニケーションのきっかけにも。個性を生かしながら、きちんと感をしっかりキープしている3人のCAさんに日頃のヘアスタイリングのコツを聞きました。

前田CA(乗務歴4年)

VOCE

◾️乗務時のヘアアレンジに心がけていることは?

身だしなみの確認は念入りに。清潔感のある髪型を心掛けています

◾️ステイ先でのヘアケアは?

ホテル備え付けのものは使わず、お気に入りのシャンプーとトリートメントを持参

宮本CA(乗務歴3年半)

VOCE

◾️乗務時のヘアアレンジに心がけていることは?

ショートスタイルなのでパサつかないよう、日頃からオイルをつけてからドライヤーをかける

◾️乾燥する機内、ステイ先でのヘアケアは?

フライト中は毛先が乾燥しないよう、アルガンオイルをつけ、ステイ先では愛用のAujuaのシャンプーとコンディショナーを持参

小川CA(乗務歴3年7か月)

VOCE

◾️乗務時のヘアアレンジに心がけていることは?

髪型が崩れていないか、後れ毛が出ていないかをこまめにチェック

◾️フライト中、持参しているヘアケアアイテムは?

小さい鏡、まとめる用のコームは常に携帯

VOCE

「ツヤ」と「まとまり」。ひと手間から生まれる清潔感

社会生活における「ラクと自由は、別のもの」との言葉の通り、自由な身だしなみ規定だからこそ大切にしているのが「清潔感」。宮本さんのシャイニーなブラウンヘアのロブ・スタイルは、フライト前にストレートアイロンでツヤ出しし、毛先がバラつかないようにヘアスプレーでまとまり感をキープ。「いつでも髪のハネをチェックできるよう、ジャケットのポケットにはミニ鏡をいれてます」。相手がどう感じるかを考えて気を配るという接客の心構えはヘアスタイリングにも活かされています。

VOCE

宮本さんの輝くロブ。表面の輝きを出すためには、コームでのお直しが効果的。

相手に本位をおく「身だしなみ」というマナー

「身だしなみ」に気を配ることは、ビジネスマナーの一つ。マナーとは、相手に不快感を与えないこと。小川さんの上品なシニヨン・スタイルは、まとめ髪スティック型ワックスと固めるヘアスプレーでフィニッシュ。動きのある業務で後れ毛が出やすいため、ロングヘアの前田さんと小川さんは「髪を整えるコームは必須です」。フライト中にハネてしまった髪は一時的に水を使って動きをおさえこみ、休憩中に改めてコームとセラムなどを使ってクセづけるそう。スタイリング剤やコームなど小さな工夫で、髪の乱れによるマイナスの印象もクリア。

VOCE

小川さんはまとめヘア用アレンジウォーター、ジェルとスプレーで仕上げた、一糸乱れぬ美・シニヨン。

「清潔感」と「おしゃれ」のバランス黄金比

清潔感と信頼性は深く結びつくものですが、その中でも「自分らしさ」を失わないことはもちろん可能! 「ポニーテールの時は、ムースをつけカールを出してから束ねています」と、小川さん。髪に動きをつけてこなれ感を出すことを忘れない。ハーフアップ、ポンパドールなど、清潔感とおしゃれを両立させたヘアアレンジを楽しんでいるCAさんが多数在籍しているといいます。また、「編み込み」や、「ねじりんぱ」などはヘアアクセサリーを用いなくても、立体感が出て1日中崩れにくいため、まとめ髪のきちんとした印象を与えながら華やかさも出ます。

VOCE

ピンクが透ける個性的なブラウンヘアが印象的な前田さん

就活の移動や外泊時には、保湿ケアでいつも以上の輝きを

3人のCAさんがステイ先で共通して行なっている保湿ケアは「髪質に合った普段使っているシャンプー&コンディショナーを持参する」こと。これだけでも髪のまとまりやすさが、大きく違うとのこと。また「冬の飛行機は、指先なども想像以上に乾燥しがち。私は唇がなによりも乾燥するので、リップクリームや、マキシマイザー、ハンドクリームは欠かせないアイテムです」。宮本さんの話す言葉に、深くうなずく小川さんと前田さん。「オススメの機内必携アイテムは?」と聞くと3人声をそろえて「フェイスミストです」とのこと。「メイクの上から使えるミスト化粧水を吹いて、ハンドプレスするだけでも断然違います」と前田さんと小川さん。

VOCE

小さな工夫で大きく変わる髪と肌の仕上がり。役割や立場に応じた自分のスタイルをアップデートする必要のある「身だしなみ」にも、多様性の時代を飛ぶ新しい航空会社のCAさんたちから聞くお話には、就活や接客業にも取り入れられそうなTipsばかり!

Peachとは……

2012年3月に就航した日本初のLCC。手頃な運賃で人気を博し、「空飛ぶ電車」をコンセプトに日本の航空史上最速のスピードで次々と路線を展開中。新しい概念の航空会社としてCAのヘア・カラーリングやネイルなどの身だしなみにも、既存のCAのイメージにとらわれない、オリジナルの規定を採用している。2019年10月にはバニラエアとの統合を果たし、国内第3位の航空会社に。現在、客室乗務員募集中。

VOCE

2月号付録速報

撮影/伊藤泰寛 取材、構成、文/北川さや香