1. ボタニカルは強さへ。PURE SHOTSで絶対美肌![PR]

2019.12.24

ボタニカルは強さへ。PURE SHOTSで絶対美肌![PR]

【YSLの最新レポート from MOROCCO】世界初! 肌の「過労」によるエイジングと戦う「ピュアショット」シリーズが1月4日にデビュー。その発表会が行われたモロッコからのレポートをお届けします!

ボタニカルは強さへ。PURE SHOTSで絶対美肌![PR]

ムッシュ イヴ・サンローランが愛したモロッコからレポートします!

VOCE

VOCE

モロッコで育つパワフルなボタニカル成分

各国のビューティジャーナリストが集結した、イヴ・サンローランのスキンケア発表会が行われたのは北アフリカに位置するモロッコ。革新的なスタイルを提案し続け、世界を席巻してきたムッシュ イヴ・サンローランのインスピレーションの源でもあったモロッコは、強い日差しや激しい寒暖差といった厳しい自然の中で育つ力強い植物が数多く生息。そのパワフルなボタニカル成分とサイエンスを融合させたエイジングケア「ピュアショット」シリーズに注目です!

ピュアショットナイトセラム

ピュアショットナイトセラム

モロッコの雄大な大地で育てられているムーンライトカクタスの花から抽出したエキスを使用した二層式セラムで、自信の持てる美肌を目指したい! 30ml ¥10500、レフィル ¥9000(1/4発売)

  • 1ページ目:【REPORT1.】「過労肌」は30%早くエイジングが進む
  • 2ページ目:【REPORT2.】「過労肌」にモロッコのボタニカルパワー
  • 3ページ目:【REPORT3.】ナイトセラムと3つの悩み別セラム
  • 4ページ目:【REPORT4.】 過労肌に立ち向かうPURE SHOTSシリーズ
  • REPORT1.
    「過労肌」は30%早くエイジングが進む

    「過労肌」は30%早くエイジングが進む

    「忙しい現代女性にこそ、いつまでも美しい肌を!」その思いから、現代女性の生活習慣、取り巻く環境、肌の専門家チームからなる「YSLエキスパートコミッティ」を発足。ついに、肌も過労するという新事実に行き着いた。

    フレデリック・フラマン博士

    「“アーバンスキンサイエンティスト”として、現代の生活習慣や環境が肌のクオリティに関与するか、という研究を各国で重ねてきましたが、20代~30代の若い女性ですら、多忙な一日を過ごした後は小ジワ、くすみ、疲労感、色ムラなどの肌変化が起きていることが観察されています。さらに、大気汚染、紫外線、ストレス、通勤などによる疲労、食事や喫煙、アルコール、不規則な生活習慣などの影響を慢性的に受けていると、老化が30%も加速してしまうことがわかりました。そして、すべての人種で“たるみが10%”加速し、色ムラも発生。世界中で複数の研究を実施しましたが、調査したすべての国であらゆる種類の都市環境が老化の加速を著しく進めてしまうことが観察されています。世界で一番睡眠時間の短い日本人は、特に睡眠によるリカバリーができず、“過労肌”となりエイジングが進むという数字もでています」

    カロリーヌ・ネグレさん

    「生活が規則的な女性と、不規則な女性の肌を比較する科学的研究を実施した結果、判明したこと。それは、不規則な生活の影響で肌の中の“絶対成分バランス”が崩れ、肌の再生プロセスが遅れることでエイジングサインが早く出現してしまうということです。この発見により、生活を変えることなく、エイジングサインを解決したいと「ピュアショット」を開発。ビタミンC、アミノ酸、ペプチド、ビタミンE&B3、ヒアルロン酸、ATPなど、“肌の絶対成分”は機能を保つために不可欠なのですが、過労肌は絶対成分バランスが崩れています。「ピュアショット ナイトセラム」はこのバランスをたった一晩で立て直し、肌の自己再生力を取り戻したい女性のためにつくられました」

    「過労肌」=「絶対成分バランス」の崩れ

    「過労肌」=「絶対成分バランス」の崩れ

    5種の「絶対成分」が肌の必要な場所に最適なバランスで存在していると、生活習慣や環境に左右されることなく、美肌を保つことができる。絶対成分へのアプローチこそがエイジング対策の新常識に!

    過労肌に一晩で立ち向かう!

    ピュアショットナイトセラム

    ピュアショットナイトセラム

    毎日の生活習慣や環境の影響で絶対成分バランスが乱れてしまった過労肌を、一晩で立て直す夜用セラム。翌朝には驚くほどの違いが! 30ml ¥10500、レフィル ¥9000(1/4発売)

    ※乾燥、キメの乱れ、くすみ感の目立つ肌

    PURE SHOTSシリーズ スペシャルページはコチラ

    次ページ
    REPORT2.「過労肌」にモロッコのボタニカルパワー