1. ビューティライター近藤須加雅子さんが推す!名実ともに最高な【ラグジュアリーコスメ】BEST3

2019.12.11

ビューティライター近藤須加雅子さんが推す!名実ともに最高な【ラグジュアリーコスメ】BEST3

ビューティライター近藤須加雅子さんが推す!名実ともに最高な【ラグジュアリーコスメ】BEST3

コスメを知り尽くしている美のプロたちが、下半期について徹底分析。新製品の傾向や人気の理由、新たなアプローチなどこれを読めば、コスメの“今”が丸わかり!

美のプロが下半期トピックスを語る【スキンケア編】

■教えてくれたのは……

ビューティエディター 近藤須雅子さん

【高いのも納得のラグジュアリーコスメ】

 この秋は、各メーカーの最高級ラインのリニューアルが重なったせいもあり、例年にもましてスキンケア新作は超大物揃いだ。もちろん、お値段だって超一級。もはや化粧品というより家賃じゃないかという迫力価格だ。となると、つい「容器や広告費の値段で原価はちょびっとでしょ」なんて言いたくなるけれど、今どきそんなユルさで勝負できるわけがない。そもそも超高額コスメほど派手な広告はやらないし。

 実際は、数グラム数百万円の先進成分や数千万円単位の最新機器を投入し、遺伝子レベルの解析やナノ技術を応用したレシピは大前提というハイレベルな世界。そのうえで、容器への投資も欠かせない。発売前に皮膚科の軟膏用容器に詰めた試用品を使うことがあるけれど、それではどんな超一流品でも効き目は激減。外見のオーラもケア効果のうちなのだ。さらに、研究開発者自身もスター揃いで、学会などで互いに顔見知り。プライドにかけてヘボな製品はつくれないという個人的事情もある。

 その結果、先日も肌診断でこれら超一流品を使う機会の多いアラ還ライターのほうが娘世代の若手より成績がよい、という驚愕の結末に。恐るべし高額コスメ。

「これぞラグジュアリーの極み」

10年ぶりのリニューアルでさらに高機能に。開発技術も配合成分もケア効果もプライスも最高峰。

ルージュ アリュール インク

AQ ミリオリティ インテンシブクリーム n 45g ¥120000/コスメデコルテ

「肌と同時に脳も美人仕様に」

先進の脳科学研究を応用し、“美しい人”の秘密に迫る話題作。肌はもちろん、見た目印象までぐっと魅力的に。

シークインクラッシュ

B.A グランラグゼ Ⅲ〈医薬部外品〉50g ¥72000/ポーラ

「一流オーラで速攻美肌に」

生命の進化の鍵を握る、漆黒の藻の有用成分を高濃度配合。妖艶な輝きと至福の使用感で、贅沢オーラもマックス。

ミニウォータリールージュ

ソワン ノワール セラム 30ml ¥48000/パルファム ジバンシイ

イラスト/高橋昌子 取材・文/中川知春 取材・文・構成/鬼木朋子

【2019下半期トピックス-スキンケア編-】をもっと見る
ビューティライター近藤須雅子さんが推す!目が離せない【シワ改善コスメ】3
【石井美保さん】が選んだ美肌が育む【発酵コスメ】3

この記事のカテゴリー