1. 【2020年上半期占い】鏡リュウジの開運占星術【12星座別】

2019.12.30

【2020年上半期占い】鏡リュウジの開運占星術【12星座別】

占星術界の貴公子としておなじみの鏡リュウジ先生。星の動きを、アカデミックな切り口と優しい応援メッセージで解説します。

【2020年上半期占い】鏡リュウジの開運占星術【12星座別】

2019年12/3に木星が山羊座に!

【2020年上半期占い】鏡リュウジの開運占星術

山羊座の時代がやってきました! 幸運の星・木星が2019年12月3日に山羊座のハウスに入ってきたということです。さらに試練の星・土星と再生の星・冥王星も山羊座に滞在しており、「トリプルコンジャンクション」(三重合)という状態が起きています。「コンジャンクション」とは、占星術用語で「大会合」を意味するもの。木星と土星の会合は約20年に一度、その時、時代は大きく動くとされています。2000年といえば、IT革命が流行語になった時。2020年も、今の社会を抜本的に改革する何かが起きそうですよね。

2020年は山羊座さんが主役なのはもちろん、どの星座の方も、山羊座的なキーワードを意識して過ごすのがいい1年となります。山羊座のキーワードは、伝統、保守、権威、時間などですね。2019年の射手座木星期では「ぼんやりでいいから大きな目標を描こう」とお伝えしていました。その目標を形にするべき時がやってきたのです。具体的に「何歳で何をするのか」、無理めな妄想プランでもいいから、自分のライフプランを考えてみましょう。

また権威や権力の交代、つまり日常生活に落とし込むとすれば、上司が変わるなんてこともあるかもしれませんね。環境を変える力を手にできる可能性もある反面、欲を出しすぎると失敗することもあるのでご注意を。社会的な立場が非常に重要となり、どうやって目標を達成、成果を出していくか、責任をもって考えるべき時です。

2020年は原点回帰の年

【2020年上半期占い】鏡リュウジの開運占星術

さらに天王星に牡牛座が入り、「地」の星座が集まりますから、伝統的なものへの回帰、保守的な気持ちが生まれてきます。「令和」になり、新元号になったことも、まさに原点回帰。国や家族を大切にしたい気持ちが強まります。2020年一番のビッグトピックスと言える、東京五輪も、言うなれば国の行事ですよね。また様々な不安への反動で保守的なムードにも。その中で個人の柔軟性やフレキシビリティを発揮できるか、が大切です。

「地」は、その文字の通り自然も表すので、環境問題や、環境ビジネスにも適しています。エシカル、サステナビリティ、SDGsなどもぴったりなキーワードです。

ストイックに、誠実に過ごしてください

ストイックなことも、山羊座の管轄。だから、待ち合わせの時間はきちんと守って、仕事の期限も間に合わせるように注意をしてください。でも、適当に間に合わせる、ではダメですよ。なんでも誠実にこなしていくことが山羊座らしい行動と言えます。

身体を鍛えたり、骨格を整えるのにもいい時期です。ダイエットをしようという人は「なんとなく食事制限」、「とりあえず運動」ではなくて、体重や、体脂肪率に明確な数値目標を定めましょう。

伝統を感じるもの、本質的なものに触れて

伝統的なものに運があるので、茶道、着物、歌舞伎、オペラなどに興味を持つようにしてみたり、老舗の旅館やレストランに足を運ぶのもオススメ。また山登りや、お遍路、御朱印集め、聖地巡礼なども開運効果があります。さらに大河ドラマ、源氏物語、『ゲーム・オブ・スローンズ』など超大作の歴史ものを読む、観るのもいいですね。

2020年は結婚する人が増えそう!?

【2020年上半期占い】鏡リュウジの開運占星術

「地」に足をつける、といえば、まさに結婚。しっかり手順を踏めば、結婚するチャンスが皆にあると思ってください。ただし、経済的なことを確認する、親に挨拶するなど、しかるべき手順を踏むように。後述しますが、2020年12月には風の年に入っていきますので、その前に生き方や相手を固める必要があるのです。相手がいない人は、まずは自分の土台を固めること。そして投資すること。そうすれば、あなたにぴったりの相手が現れるはずです。

ファッション&メイクはコンサバスタイルに

ジャケット、シャツ、タイトスカートなどきっちりした万人受けするコンサバスタイルが山羊座っぽいですね。ほとんどの人が理解できないような、最先端すぎるスタイルや、モードすぎるスタイルは、フィットしません。「彼ママに会いに行く」ような上品さを備えるようにしましょう。

またノーブランドだけど質のよいもの、オーダーメイド、長く使えるもの、といった、本質を極めたとのを身につけてください。それから、アンティーク時計を手に入れてみるのもいいと思います。

メイクも、ファンデーションをきちんと塗り、リップも輪郭をとるなど、きちんと感を出してください。「形を整える」ことも大切なので、カッサなどを用いて、顔のコリをとって、元々の自分の顔の形に戻すように意識してみて。

2020年12月に「グレート・コンジャンクション」が!

【2020年上半期占い】鏡リュウジの開運占星術

2020年下半期には、火星が牡羊座に入ります。エネルギッシュでパワフルな牡羊座、試練や忍耐を表す山羊座の2つの星座が表すのは、社会の基軸が代わり、個人の力が試される時代に入るということ。

そして西洋占星術でもっとも注目すべきは、2020年の12月22日、木星と土星が近づく「グレート・コンジャンクション」なんです。「コンジャンクション」、それは占星術用語で「大会合」だと先にご説明しましたが、木星と土星が接近することを「グレート・コンジャンクション」と呼びます。この「グレート・コンジャンクション」は、約20年に一度起こりますが、ここ200年くらい、ずっと「地」の星座で起こっていました。それが2020年から「風」の星座に移り、しかもそれは今後約200年続いていくのです。

これは、「地」=不動産やお金などの物質社会の世界から、「風」=情報やネットワークなどの形にならないものに価値がある時代へと移行していくことを意味します。山羊座の持つ本物志向の動きとこの「グレート・コンジャンクション」が待ち受ける2020年。今ある問題に現実に取り組みながら、自分の本質をつかむことができるように、意識して過ごしてみてくださいね。

12星座別の運勢はこちらからチェック!

【牡羊座】仕事で成果を出せる時!

【牡牛座】こだわりを捨てて新しい世界へ

【双子座】何か一つのことに集中する時

【蟹座】すごく重要な人に出会えます

【獅子座】縁の下の力持ちの時期

【乙女座】こだわりを捨てて自由に遊んで

【天秤座】自分のホームベースを整えて

【蠍座】ワンランク上の自分へ

【射手座】注力するものを選ぶ時

【山羊座】私ファーストでOK!!

【水瓶座】幸運期の前の下準備を

【魚座】ネットワークをどんどん広げて

その他の占い師が占う「2020年上半期の運勢」はこちらからチェック▼

2020年上半期の運勢