1. ショートヘアに変身!【北川景子】細胞レベルから若さを保つ秘訣は?

2019.12.21

ショートヘアに変身!【北川景子】細胞レベルから若さを保つ秘訣は?

ショートヘアに変身!【北川景子】細胞レベルから若さを保つ秘訣は?

「常に自分らしくありたい」と、インタビューの中で何度も口にした北川景子さん。“女優”という制限が多い世界の中でも、挑戦をやめず、殻を破り続けるその姿にこそ、多くの女性が憧れる理由があるのだろう。

私、自分の勘を信じています

「33歳くらいって、女性は岐路に立たされる年齢ですよね。仕事も結婚もって悩むだろうし……。でも、私は感覚で決めるタイプです。仕事も“やったほうがいいかな、でもどうしよう”というときは、悩むんですけど結局最初の勘に戻ることが多い。本やCDもジャケ買い。でも結果オーライです(笑)自分の感覚を信じているんですよね。今回の撮影も最初にやりたいと思った方向性で成功だったと思うし。だから勘を信じて歩んでいってもいいのかなって思います」

落ち込んだとき、無理してでも笑うんです。そうすると、本当に上向きになってくるから

「落ち込んでも、結局人前に立たないといけないので無理してでも笑うことに。でもそれが私にとってはいいんです。迷っていることがあっても、それが自分の成長になると信じて、自信を持つべきだと思っています。女性は一生、常に取捨選択を迫られる生き物。でも、だからこそ強くいられるはずだと思っていますから」

VOCE2020年2月号 北川景子

30代に入ってから、「変わらないね」って言ってもらうためにやることが増えました(笑)

「身体づくりのためにトレーニングをしています。特に筋トレ。週一回、一時間半ほどトレーナーと一緒に自分の体重ぐらいのバーベルを持ち上げていて(笑)それぐらいやらないとぷよってなっちゃうんです。ガリガリでたるたるしてきちゃうし、やはりお芝居でいつでも“動ける身体”であるためにも、重要だと思っています。プロテインも飲んで、マシンで傾斜をつけて毎日走ったりとか……。かなりガチだと思います(笑)でも若い頃と同じ状態に保つためには一生懸命にやらないと。食事の制限はしないんです。お肉も炭水化物もしっかり摂りますよ。細胞から元気にさせることが一番の若さの秘訣ですね!」

VOCE2020年2月号 北川景子

VOCE2020年2月号 北川景子

北川景子/KEIKO KITAGAWA
1986年8月22日、兵庫県生まれ。数々の映画やドラマで活躍するトップ女優のひとり。髪をショートにして主役・真壁由紀を演じた映画『ファーストラヴ』の公開は2021年。

【北川景子】衝撃のショートヘアでVOCE初カバー!

撮影/中村和孝(まきうらオフィス) ヘアメイク/山口久勝(allure) スタイリング/林峻之 取材・文/前田美保

この記事のカテゴリー