連載 さとゆみの髪と向き合え!いま一度!

「今日が一番若い髪!」30代から始める#髪のエイジングケア、まずは髪の現在地の総点検を!

公開日:2022.05.26

さとゆみの髪と向き合え!いま一度!

コスメのアップデートとともに肌への知識は更新されていく。だけど、髪についてはどれくらいできているでしょう? 第一印象は髪で決まる――そう語るのは、日本初のヘアライター・佐藤友美(さとゆみ)さん。いま、私たちが向き合うべき髪のアレコレを改めて御指南いただきます。第1回目は、アラサーの髪についてのおさらい講義。さあ、始めます!

さとゆみの髪と向き合え!いま一度!

コスメのアップデートとともに肌への知識は更新されていく。だけど、髪についてはどれくらいできているでしょう? 第一印象は髪で決まる――そう語るのは、日本初のヘアライター・佐藤友美(さとゆみ)さん。いま、私たちが向き合うべき髪のアレコレを改めて御指南いただきます。第1回目は、アラサーの髪についてのおさらい講義。さあ、始めます!

今回教えてくれたのは…
佐藤友美さん

ヘアライター、ヘアアドバイザー

佐藤友美さん

15年以上にわたり、ファッション誌やヘアカタログなどで編集&ライターとして活躍。その経験を生かし2016年に『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を出版するとベストセラーに! 以来、美容師以上に髪の見せ方を知っている人として、プロ向けセミナーやメディア出演などを通じ、多くの人が髪で輝くための活動に尽力。近著『髪のこと、これで、ぜんぶ。』(かんき出版)は、全世代に通じるヘアケアバイブル。

10年後も好きな髪型でい続けるため、ヘアケアは先手必勝!

「みなさん、初めまして。さとゆみです。

早速ですが、連載をスタートするにあたり、みなさんに改めて考えて欲しいことがあります。それは髪も肌と同じように、今日が一番若いということ! だからこそ、ヘアケアだって早めに着手したもの勝ちです。

一般的に、毛量の変化や白髪など、髪のエイジングサインが出始めると言われるのが30代半ばくらい。多くの人が、この頃から髪のエイジングケアに関心を持ち始めます。だけど今、40代や50代で美しいロングヘアをキープされている女性美容師さんたちは皆、若いうちから髪のケアをしっかりしていた人たちばかり。

要は、アラサー世代のヘアケアが、10年、20年先の髪の質に関わってくるということ! 年齢を重ねても、好きなヘアスタイルを楽しむためにも、ヘアケアは早いに越したことはありません。

もうひとつ、ヘアケアを語るうえでの大前提としてお伝えしたいのが、「エイジングケアと経年変化――ふたつの側面で髪のお手入れを考える」ということ。

セミロングであれば、毛先の髪はだいたい4年ほど前に生えた毛です。年月とともにダメージが蓄積するのは当然。一方、根元部分は生まれて間もない毛。コンディションいい毛を育むためには、土台となる頭皮ケアが欠かせません。
これからはぜひ、

1. 頭皮を中心とした未来へのケア
2.数年ものの毛先を労る過去のケア

このふたつの側面でヘアケアを考えてみてくださいね。」

次ページ
髪の“現在地”を総点検!

Serial Stories

連載・シリーズ