1. AYAさん発!ベージュ×パープルの春新色で、【ちょうどいい美人】が完成!

2020.01.01

AYAさん発!ベージュ×パープルの春新色で、【ちょうどいい美人】が完成!

まだまだ肌寒い日は続くけど、もう春が待ち遠しい! いち早く顔を春仕様にアップデートしたいという人のために、人気ヘアメイクAYAさんがこの春にやりたいBRAND-NEWなワザを提案します。

AYAさん発!ベージュ×パープルの春新色で、【ちょうどいい美人】が完成!

VOCE

【教えてくれるのは】ヘアメイクアップアーティスト AYAさん
「繊細な技をちりばめて、“やりすぎないのに可愛い”がテーマ!」

1、“青みニュアンスチーク”で透明感爆上げテク

チーキーシークブラッシュ

チーキーシークブラッシュ 19 ¥3000/THREE
ブルーのニュアンスがひそむパープルピンク。「黄ぐすみが驚くほど晴れます!」

◆HOW TO
広めの逆三角形を意識して、大きめのブラシでヴェールをかけるようにふわりと色づけ。あくまで肌のトーンアップが目的なので、少し物足りないくらいの発色でOK。

VOCE2020年2月号 比留川游

「ハードル高めと思われがちな青みピンクは、実は、肌の透明感を引き出すのに最適な色。青みをコントロールカラー代わりに利用し、血色+ピュア感を同時に叶えましょう」

2、“ベージュの囲みリップ”で口元から若返るテク

プレシジョンリップライナー、コンスピキュアス マットリップス

(左)プレシジョンリップライナー 9071 ¥2700/NARS JAPAN
「どんな肌色でもイケるベージュ」

(右)コンスピキュアス マットリップス 07 ¥4300(1/22発売)/アンプリチュード
「春仕様のブラウンで唇を軽く」

◆HOW TO
素の唇と近いヌーディなカラーのリップライナーをセレクト。唇の輪郭をフチどるようにぐるりと一周。上から好きな色のリップを重ねて。「リップの色もちもグッとよくなります」

VOCE2020年2月号 比留川游

「あえてではない唇の輪郭のぼやけは、疲れて見える原因に。くすみやすい部分でもあるので、リップライナーを仕込んで境目をはっきりさせて。口角が引き上がって見え、若返り効果まで!」

3、根元から上げた“パープルまつげ”で華やぎ盛りテク

アイラッシュ マスカラ ウォータープルーフ

アイラッシュ マスカラ ウォータープルーフ 104 ¥4300(1/10限定発売)/SUQQU
「まつげの黒となじんで、上品に発色します」

◆HOW TO
上下のまつげ全体に、しっかりとマスカラを2度塗り。根元にブラシを当てたら、左右に小刻みに揺らしながら毛先へ向かって動かす。色を感じられるくらいにきちんと塗って。

VOCE2020年2月号 比留川游

「吸引力のある目元は、まつげでつくるのがキブン。繊細に、太さよりもセパレート感を意識して、色も黒ではなく、ニュアンスのあるパープルを。大人に合うまつげ盛りです!」

完成

VOCE2020年2月号 比留川游

「主張しすぎず、さりげに効かせた、大人にちょうどいい春色バランス」

撮影/濱田茉里(a.k.a.)、SHINTARO(静物) ヘアメイク/AYA(LA DONNA) スタイリング/川﨑加織 モデル/比留川游 取材・文・構成/河津美咲