1. 「シミ」「シワ」「たるみ」大人の眼球エイジングケア目薬!

2020.01.12

「シミ」「シワ」「たるみ」大人の眼球エイジングケア目薬!

老化は肌だけじゃないんです! 眼球のエイジングエアを美容ライター穴沢玲子さんが解説

「シミ」「シワ」「たるみ」大人の眼球エイジングケア目薬!

眼球にも「シミ」「シワ」「たるみ」が起きている!

シワやまぶたのたるみをコスメでケアできる時代になってきたというのに、目もとの印象が劇的に若返ったりしないのは、私だけ? 盲点は瞳にありと示すのはロート製薬。まず、大人になるにつれて目の輝きが失われるのは気のせいじゃない。目の輝きには潤い、すなわち涙が欠かせないのだが、30代ですでにその反射による輝きは失われつつあるから。さらに、白目にはシミやたるみまで起こるという。茶や黄のシミは、紫外線などによる糖化がおもな原因。20代で約42%、30代では約56%の眼球に見られる現象ならば、おそらく他人事ではないのだろう。

そして白目のたるみだけど、原因は肌と同じくエラスチン線維の変性と減少であり、老化だけでなくコンタクトレンズなどによる物理的刺激も関係している。30代でもエラスチン線維変性の兆しがあるというから、“おばさんになるから起こる症状”なんかじゃないのだ。とりあえずエラスチン線維の形成促進効果がある有効成分を、ロート製薬が発見したのは朗報。

そして角膜に着目してきたのがライオン。10年前に比べてドライアイ患者が急増していることは想像通り。それも20代女性の割合が急上昇しているのは、スマホやコンタクトレンズ、まぶたの内側に入れるアイライン、まつエクなどの影響が考えられるそうだ。肌と同じくターンオーバーしている角膜だけど、加齢でターンオーバー力や涙の質・量が低下すると、ドライアイや疲れ目がより進むという悪循環が待っている。

目まわりの皮膚や筋肉にアプローチして目を大きく見せたとしても、肝心の目玉がどんよりしていたら効果も半減。各社渾身の目薬を投入して、眼球のエイジングケアを一刻も早く始めるべき!

Vロートプレミアム

Vロートプレミアム(第2類医薬品)15ml ¥1500/ロート製薬
ピント調節機能や涙液保持機能、代謝促進に炎症ダメージ抑制と、筋肉にも角膜にも複合的にアプローチ。

スマイルザメディカル

スマイルザメディカル A(第3類医薬品)10ml ¥1400/ライオン
角膜を修復し、涙を瞳にとどめるという効果を持つビタミンAを、基準内最大量で配合。

ロートリセリッチプレミアムコンタクト

ロートリセリッチプレミアムコンタクト(第3類医薬品)13ml ¥1480/ロート製薬
2種類の疲れほぐし成分を配合。

撮影/藤本康介