1. 分かりづらすぎ!【こじらせ男子】の好きサイン

2020.01.15

分かりづらすぎ!【こじらせ男子】の好きサイン

分かりづらすぎ!【こじらせ男子】の好きサイン

久しぶりに会った男性に、「実は昔好きだったんだよね」と言われて衝撃を受けた経験がある方も少なくないのではないでしょうか。分かりづらい、こじらせ男子の「好き」サインについて解説します。

「君くらいのレベルで十分だよ」

「君くらいのレベルで十分だよ」

「男性とご飯を食べていて『どういう女性が好みなんですか? 面食いでしょ?』と聞いたら『君くらいのレベルで十分だよ』って言われたんです。その時はバカにされている気持ちになったのですが、後で告白されて。『大して可愛いと思ってないんでしょ?』と突っ込んだら『そうじゃない!』と。全然意味がわかりませんでした」(29歳/人材派遣会社勤務)

これは言われた側からするとイラッとしてしまいそうな発言ですね。でも、男性からするとなぜ女性が怒るのか分からないようです。お会計のときに「1000円でいいよ」と言って「でいいよ」という言い方に女性が反発を感じるのが分からない感覚と似ているかもしれません。ここでの「十分」は「僕には十分過ぎるほどもったいない」という意味なんだそうで。素直に「君をすごく可愛いと思っている」と言えず、こういう言い方になってしまうようです。

必ずSNSにいいね!がつく

必ずSNSにいいね!がつく

「インスタに何かアップするといつもいいね!を残してくれる先輩がいて、同期の子に『あの人私が投稿すると即いいね!がつくんだよね』と言ったら、『私には1回も付いたことないよ』って言われたんです。後でわかったのですが、私のこと気に入っていると別の同僚に話していたらしくて。でもいいね!つけられたくらいじゃ分かりませんよね」(24歳/IT関係勤務)

この男性は一所懸命「見てるよ!」という自分の気持ちをいいね!に込めていたのかもしれないですね。口下手な男性にとっては、何か言いたくても言えない。何らかの関わりは持ちたいけれど、自分から近寄って断られるのが怖い……という気持ちが強いのでしょう。

「彼女欲しいんだよね」

「彼女欲しいんだよね」

「お客さんがいつも『彼女欲しいんだよね』って言うから、『じゃ誰か紹介しますね』ってなって、貴重な休みの日に同席して、可愛い女友達を何人か紹介したんです。でも、誰ともその後進展がなくて。『本当に彼女作る気あるんですか?』と聞いたら、実は私と会えるから会っていたけれど、他の女性には興味がなかったと言われたんです。意味分からなすぎです! せめて最初から素直に言えばいいのに。私の時間とお金を返せ!って思いました。」(25歳/飲食関係勤務)

こじらせ男子がマンツーマンで「彼女欲しい」と言ってきた場合は、「君と付き合いたい」という意味で言っている可能性ありです。親切に人を紹介してしまう前に、「どんな人がいいの?」と聞いてみましょう。自分も気になる相手なら、「私みたいな人はどう?」と聞いてしまえば、あっさり付き合う流れになりそうです。

言葉より、態度で見極めて

言葉より、態度で見極めて

こじらせ男子の扱い方は、決して簡単ではありません。ヘタに女性の側からグイグイ行ってしまうと、それこそ「俺って何か売りつけられたりするのかな?」と悪い方に考えて引いてしまう場合も多いからです。もし、自分もいいなと思う相手なら少しずつ距離を縮めていくのが正解。「こちらからデートに誘ったら来るかどうか」など、言葉ではなく態度で見極めるのがポイントです。いきなり距離を詰めると、自分に自信がないこじらせ男子は逃げ出したくなるので、ゆっくり関係を深めていってくださいね。

この記事のカテゴリー