1. 海外セレブ御用達! rms beauty創始者のシンプル美容法とは?

2015.12.04

海外セレブ御用達! rms beauty創始者のシンプル美容法とは?

rms beauty(以下、rms)の創始者、Rose Marie Swift(ローズ・マリー スウィフト)さんは、ミランダ・カーなど多くの著名人を担当する一流のメイクアップアーティストとして大活躍。そんな世界で活躍する彼女に、こだわりの美容法をお聞きしました。

海外セレブ御用達! rms beauty創始者のシンプル美容法とは?

アリス「ローズマリーさんが実際におこなっている美容法はどんなものですか?」

ローズマリーさん「私は、長年のメイクアップアーティストとしてのキャリアの中で、化学物質がもたらす悪影響について学んできました。だから私の美容哲学はとてもシンプル。どれも基本的なことばかりですよ。」

アリス「例えば、冬の乾燥対策としては何をしていますか?」

Image title

2014年11月、彗星のごとく日本に登場。ヘアメイク・アップアーティストなど美容のプロ中心にファンが増加中! 

ローズマリーさんの美容法まとめ

*水を飲んで、体内リセットし、うるおい肌へ。

*味噌、納豆など発酵食品で腸内細菌を増やす。

*美容オイルで、肌本来の美しさを引き出す。

水を飲んで、体内デトックス&肌のうるおいUP

ローズマリーさん「乾燥は老けの一番の原因ですから絶対に避けてほしいですね。みずみずしいから果実や野菜が美味しそうに見えるのは、人間も一緒よ。シワやくすみは乾燥から生み出されるもの。まず、私は毎日たくさんのお水を飲むようにしています。これが一番の解毒効果だと思っているから。」

アリス「すごくシンプルですね。お茶などではなく、お水なんですか?」

ローズマリーさん「そうですね。私は利尿作用などのない、純粋な水をおすすめします。実は、肌が乾燥している人は身体が脱水症状になっているケースが多いんです。それが便秘を引き起こし、老廃物を身体に溜めてしまい、お肌にくすみとなってあらわれるんです。」

アリス「冬は乾燥しているのに汗をかかないから、夏と比べると水分をとる機会が減りますよね。意識して水分をとるようにしなきゃ。」

美人は腸も美しい! 腸内環境を整える食生活

Image title

腸の働きを助ける乳酸菌が豊富な発酵食品は、美肌効果もバツグン。

ローズマリーさん「また、腸内環境を正常に保つために、プロバイオティック(発酵食品)も積極的に食べていますよ。アメリカにはヨーグルトなどがありますが、日本には納豆、味噌、漬け物など乳酸菌の多く含まれる発酵食品が豊富で素晴らしい国ですね!世界的にみても日本人の肌がキレイなのは、こういった食生活が大きく関係しているからだと私は思っています。」

アリス「これもシンプルだけど納得です。毎朝なにげなく飲んでいたお味噌汁にも美肌効果があったなんて嬉しい。」

ローズマリーさん「肌のくすみだけでなく、ニキビやクマなど全ての肌トラブルは内臓の問題だと言ってもいいでしょう。だから表面的ではなく、内側からのケアが必要なんです。毎朝の肌状態のチェックは、身体の健康チェックだと思ってください。」

ローズ・マリースウィフト

エネルギッシュで情熱的なローズマリーさん

アリス「健康的な印象の人って、やっぱりお肌の状態がいいですもんね。美容製品へのこだわりはありますか?」

ローズマリーさんがみつけた万能美容薬とは?

ローズマリーさん「もちろんです。rmsの製品を開発するときもこだわり抜いているのがオイルオイルはただ一つのノンケミカルで誰もが使いやすい、万能美容薬だと確信しています。いいオイルを内側からも外側からも吸収することで、肌本来の力を活かしながら自然な美しさを引き出すことができます。」

美容のスペシャリストとして世界で活躍してきたローズマリーさんが辿り着いた美容法は実にシンプルなものでした。そんな彼女が自身のコスメライン立ち上げにおいて、最もこだわったのがオイル。来週はその美容理念に基づいた活用法を、料理や美容の用途別でご紹介します。次回は来週金曜日(12月11日)更新。来週もお楽しみに!


ローズ・マリースウィフト

Rose Marie Swift
(ローズ・マリー スウィフト)

NY発のナチュラルコスメブランド、rms beauty(アールエムエス ビューティ。以下、rms)の創始者。また、ミランダ・カーやソフィア・コッポラなどの多くの著名人やモデルを担当するメイクアップアーティストとして世界で活躍。その長年の経験をもとに、毎日使う人の健康を考え、有毒な化学物質から身を守ることをモットーとした、オーガニック原料使用のナチュラルカラーコスメを完成させた。http://www.rmsbeauty.jp