1. うわっ、冷める!初エッチの後に絶対送ってはいけないLINE集

2020.01.28

うわっ、冷める!初エッチの後に絶対送ってはいけないLINE集

うわっ、冷める!初エッチの後に絶対送ってはいけないLINE集

「付き合おう」の言葉より前にエッチしてしまうと、後で不安になるものです。でも、そこで気持ちをぶつけすぎると相手がドン引きしてしまうことも。男性が受け取った瞬間、気持ちが一気に冷めたLINEについて聞いてみました。

「どういうつもりでエッチしたのか聞かせて」の長文問い詰めLINE

長文問い詰めLINE

「エッチした翌日、相手の子からものすごい長いLINEが来たんです。『すべて見る』を押すのが嫌になるくらい長くて。内容も『どういうつもりで関係を持ったのか、私は付きあっていない人とはエッチしたことがないのに』って話が長々と書いてあって、どう返していいか分からなくて、結局返信できませんでした」(24歳/不動産関連会社勤務)

あれも聞きたい、これも聞きたい……自分が軽い女だと思われたくない。そんな気持ちを短い文章にまとめるのは確かに難しいですね。でも、内容以前に、「続きを見る」ボタンを押さないと読めないほど長い文章をLINEで送るのは避けたほうがいいでしょう。受け取った相手も「付き合ったら絶対面倒な子だな」と思わせてしまいますよ。

いきなりタメ口&彼女気取りで呼び捨て

いきなりタメ口&彼女気取りで呼び捨て

「解散した後に来たLINEが、いきなりタメ口と呼び捨てに変わっていたんです。付き合おうみたいな話をしてないのに、いきなり彼女ヅラされるとちょっと引きますね」(28歳/飲食関係勤務)

この男性の認識だと付き合うという会話がはっきり出ていない以上、エッチをしたからといって彼女になったとは思わないで欲しいというのが本音なんでしょうね。そういう男性は残念ながら結構多いようです。中途半端な関係になりたくないなら、エッチする前に相手の意思を確認するのが大事ですね。

「危険日だったから心配なんだよね」

「危険日だったから心配なんだよね」

「ゴムがなかったので『やめておこうか』と言ったのに、『大丈夫!』と押し切られたので、つい流れでそのままエッチしてしまったんです。そしたら、『実は危険日だったから、生理来るか不安なんだよね』と数日経ってLINEが来て。結果的には大丈夫だったのですが、正式に付き合う気にはなれませんでした」(25歳/美容師)

「エッチしたら付き合える可能性が上がるかも」と押し切ったのかもしれないですが、たとえ既に付き合っている関係だったとしても、この「大丈夫!」は絶対NG。男性からしたら「じゃあ何で大丈夫と言ったんだ」と不信感が募ります。そもそも上記のようなLINEをしてたとえ「俺が責任とるから大丈夫」と言ってくれたとしても、信頼関係が成り立っていない状況でそんなことを軽々しく言える男性のほうがあてにならないです。自分の体は大事にしましょう。

夜にネガティブなLINEは送らないのが正解

夜にネガティブなLINEは送らないのが正解

その場の勢いでエッチしてしまった結果、彼から「付き合おう」の言葉がないと不安になってLINEを何回も送ってしまうかもしれません。ただ、問い詰めるような内容や、ネガティブな内容を送っても、前向きな返事は来づらいです。また、昔から「夜中書いたラブレターは朝読み返して」と言われるように、夜中に書くLINEは文章が感情的になりがちです。「これ送っちゃおうかな」と思っても、せめて翌日まで待って読み返してから送ったほうがいいですよ。

この記事のカテゴリー