1. 【2020年春新色・プチプラ注目ブランド4選】|フジコ、ヴィセ、メイベリン

2020.01.18

【2020年春新色・プチプラ注目ブランド4選】|フジコ、ヴィセ、メイベリン

【2020年春新色・プチプラ注目ブランド4選】|フジコ、ヴィセ、メイベリン

見るだけで心躍るビビッドカラーに、洗練の雰囲気が出せるベーシックカラーまで、今シーズンの春新色はまさに百花繚乱! 塗れば即、旬顔になれること間違いなし♡

【2020年春新色】こちらからまとめてチェック!

2020年春新色

Fujiko フジコ/かならぼ

◆2/27発売

水ツヤシャドウの新色はハイライトにもぴったり

シェイクシャドウ

シェイクシャドウ ¥1280
肌に溶け込み、濡れたようなツヤを放つホワイトはハイライトにも。オレンジはクリアに色づき、ピュアな色気を演出。

Visée AVANT ヴィセ アヴァン/コーセー

◆2/16発売

光と色のコントラストをきかせて魅力的な表情に

ひとはけで立体的な顔立ちを演出するハイライターとブロンザーが新登場。トレンド感抜群の色で自由に遊んで、自分らしいメイクを。

パーフェクトフィニッシュ シェード

パーフェクトフィニッシュ シェード ¥1800(編集部調べ)
ひと塗りで自然な陰影を生み、顔立ちをシャープに。繊細なパール入りで強く発色しすぎず、肌なじみ抜群。

パーフェクトフィニッシュ ハイライト

パーフェクトフィニッシュ ハイライト ¥1800(編集部調べ)
ライトグリーンが透明感を、サーモンピンクが血色感をプラスし、真珠のような自然な光沢が。それぞれ単色使いも。

シングルアイカラー

シングルアイカラー ¥800(編集部調べ)
くすみ感のあるモーヴローズと、きらめくブロンズゴールド&パーリーホワイトが追加。ひと塗りでしっかり色づく。

リップ&アイカラーペンシル

リップ&アイカラーペンシル ¥1200(編集部調べ)
メイクのポイントにしたいオレンジと、モードに仕上がるグレー。ライナーとしても、ぼかしても自由に使える。

マルチスティックカラー

マルチスティックカラー ¥1800(編集部調べ)
一本で頰、唇、目元とマルチに活躍。ワントーンで仕上げられるレッド系に、輝きを足せるイエローとパープルが登場。

Visée ヴィセ リシェ/コーセー

◆2/16発売

つややかな目元が主役の今ドキ顔がテクなしで!

幅広い色展開のアイカラーはツヤと発色を高めてパワーアップ。簡単で自然な仕上がりを極めたチーク&リップを加えて旬のメイクを。

フォギーオンチークス N

フォギーオンチークス N ¥1500(編集部調べ)
透けるような発色で肌に溶け込み、自然な血色感と透明感を与える華やかな青みピンク。大きめのブラシつき。

クリスタルデュオ ティント

クリスタルデュオ ティント ¥1300(編集部調べ・限定)
唇の水分に反応して、自分だけのピンクに発色。クリア層とパールティント層の2層で自然なうるツヤグラデに。

グロッシーリッチアイズ N

グロッシーリッチアイズ N ¥1200(編集部調べ)
左上のクリーミィベースを仕込み、色を重ねるとツヤや密着感がアップ。定番系から遊び色までバリエ豊富。

MAYBELLINE メイベリン/メイベリン ニューヨーク

◆1/25発売、2/8発売、2/15発売、3/14発売

充実のラインナップで旬顔がもっと手頃に

攻めたカラーにも挑戦しやすいミニサイズのリップに、血色チークやアイブロウ……。次々に新作が登場するから、お見逃しなく!

カラーセンセーショナル リップスティック A

カラーセンセーショナル リップスティック A ¥800(1/25発売・限定)
サテンのような光沢感のあるミニサイズのリップ。とろけるようになめらかで発色もいいからひと塗りでサッとキマる。

カラーセンセーショナル リップスティック

カラーセンセーショナル リップスティック ¥800(1/25発売・限定)
さらっとマットな質感のミニサイズのリップ。くっきり鮮やかに色づく旬のビターカラーをメイクの主役に。

ハイパーシャープ ライナー R

ハイパーシャープ ライナー R ¥1200(2/8発売・限定)
自然に溶け込み、二重ラインや涙袋の影を描ける陰影演出アイライナー。極細の筆先で描きやすく、にじみにくい。

フィットミー ブラッシュ

フィットミー ブラッシュ ¥900(2/15発売)
パーソナルカラーにあわせ、健康的な印象を与える4色展開。25(右上)、35(右下)は黄み肌、15(左)、30(右中)はピンク肌におすすめ。

ファッションブロウ パウダーインペンシル N

ファッションブロウ パウダーインペンシル N ¥1000(3/14発売)
最細1mm、最太3mmの三角芯で細くも太くも描けて、ぼかさなくてもふんわり。密着力が高く、キープ力も◎。

撮影/小川剛、高橋一輝(近藤スタジオ) 取材・文/穴沢玲子、小池菜奈子 構成/渡辺瑛美子

この記事のカテゴリー