1. 【本日公開】映画『his』で【宮沢氷魚】がLGBTQに初挑戦!

2020.01.24

【本日公開】映画『his』で【宮沢氷魚】がLGBTQに初挑戦!

モデル・俳優として活躍の場を広げている宮沢氷魚さん。映画初主演となる『his』に対する思いから、美容法まで語ってくれた。

【本日公開】映画『his』で【宮沢氷魚】がLGBTQに初挑戦!

ヴォーチェ・エンタメ・インタビュー 宮沢氷魚

今泉力哉監督の最新作『his』。二人の青年の恋愛を題材に彼らが抱える葛藤を描いたこの作品で映画初主演を果たしたのは、ドラマ『偽装不倫』で注目度急上昇中の俳優・宮沢氷魚さんだ。近年広く知られてきているLGBTQが大きなテーマ、と難しい役どころだが、「LGBTQを題材にした作品にずっと出てみたかった」と宮沢さんは語る。「学生時代は男子校に通っていたので、周りに同性愛者の友達が結構いるんです。だから僕自身は昔から全然抵抗がなかったんですけど、実際に社会に出てみると世間の目が冷たいというのをひしひしと感じていて。一緒にいる僕が気づくっていうことは、本人は何倍も気づいているだろうなって考えるとしんどいよな、って思っていたんです。だからこそ、“そういう人もいるんだよ”“その生き方は間違っていないんだよ”っていうのを多くの人に理解してもらえるよう役者として何らかの形で伝えたいとずっと思っていたので、今回『his』という作品に携われて、やっとスタートラインに立てたなという感じです」

真剣な気持ちで挑んだ作品の撮影を終えて、今の感想を尋ねると「まだ緊張感やプレッシャーが残っています。公開されてほしいという楽しみに匹敵するくらい不安が大きいかもしれませんね。もちろん僕たちが実際にLGBTQの方たちの気持ちを理解しようといっぱい悩んで、時間をかけて作った作品なので、素晴らしいものができたという自信はあるんです。ただやっぱりみなさんがどう受け取ってくれるかというところがわからないのがちょっと怖いですね。でも、人それぞれが感じ取ったことに正解や間違いはないと思うので、こういう生き方があることを理解してくれるだけで十分だと思っています。また、実際にLGBTQで悩んでいる方にとっては、少しでも心の拠り所になってくれたら嬉しいです」

ストーリーは、ある日、離婚調停中の元彼が子どもを連れて「居候させてほしい」と突然現れることから始まる。実際に宮沢さんが同じ立場になったらどうする?「いやぁ、相手がいたらダメでしょう(笑)。受け入れてあげたいけど、どんなにその人が好きでも、置いていかれたその人のパートナーのことを考えちゃいますよ。罪悪感に苛まれて追い返すかもしれないです。ただ、相手がいなくてお互いに成長していたら、一度別れてもまた好きになることはあるとは思いますね」

Q. 冬に欠かせない美容法は?

A. お風呂上がりの保湿。フェイシャルスプレーの後、化粧水・美容液・クリームの基本セットの間に皮膚科で処方してもらったビタミンローションを塗ります。最近は乾燥するので、2~3日に一度はシートマスクも追加していますね。

Q. 新年、挑戦したいことは?

A. ここ数年の目標なのが免許を取ること。アメリカでは運転していたから右ハンドルでも大丈夫……なはず(笑)。今年こそは日本で運転したいです。

Q. かっこいいと思う男性役者は?

A. 中村倫也さん。顔や声がすごくかっこいいのにダメな人を演じるのが本当に上手。ちょっと泥臭い感じもいいし、役の幅も広くて憧れます。

宮沢氷魚/みやざわひお

VOCE2020年3月号 宮沢氷魚

■PROFILE
1994年4月24日生まれ、アメリカ合衆国出身。2015年第30回『MEN’S NON-NO』専属モデルオーディションでグランプリを獲得し、モデルとしてデビュー。‘17年にドラマ『コウノドリ』で俳優デビューを果たすと、翌年『R134/湘南の約束』でドラマ初主演に抜擢される。その後も『トドメの接吻』(’18)、『賭ケグルイ』(’19)、『偽装不倫』(’19)などに出演、活躍の場を広げている。

映画『his』

映画『his』

周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと暮らしていた井川迅(宮沢氷魚)。ある日、6歳の娘を連れた元彼・渚(藤原季節)が「しばらくの間、居候させてほしい」と突然現れる。渚は妻・玲奈と離婚調停中だった。迅たちは裁判で心無い言葉を浴びせられ、自分たちを取り巻く環境と改めて向き合うことになっていく──。1月24日(金)より全国ロードショー。

撮影/瀬津貴裕(biswa.) ヘアメイク/スガタクマ スタイリング/秋山貴紀 取材・文/高橋夏実