尼神インター誠子「B」特集

誠子、すっぴんから!プロのベースメイク技で垢抜けセルフメイク【ヘアメイク長井かおりが指導】

2020.10.26

誠子

実は、「メイクが大好き!」という尼神インター・誠子さん。憧れのヘアメイク長井かおりさんにセルフメイクを見てもらい、さらなるチャームを引き出すためのアイデアを一緒にレッスン。明日から、誰にでも簡単に取り入れられるテクニック満載なので、誠子さんと一緒にチェックしていきましょう。

誠子

実は、「メイクが大好き!」という尼神インター・誠子さん。憧れのヘアメイク長井かおりさんにセルフメイクを見てもらい、さらなるチャームを引き出すためのアイデアを一緒にレッスン。明日から、誰にでも簡単に取り入れられるテクニック満載なので、誠子さんと一緒にチェックしていきましょう。

先日のインタビューにも登場してくれた、尼神インター・誠子さん。
今回はヘアメイク長井かおりさんにチャームを引き出すメイクレッスンをしてもらいます。

【Profile】
狩野誠子
狩野誠子

1988年生まれ、神戸市出身。高校卒業後、吉本総合芸能学院(NSC)に入学。2007年、相方の渚さんと「尼神インター」を結成し、現在は東京を拠点に活動中。【Twitter】@seiko1204【Instagram】seiko_1204

【Profile】
長井かおり
長井かおり

「美速トレーニング」連載でもおなじみのヘア&メイクアップアーティスト。女の子のチャームを際立たさせるメイクが得意。
【Twitter】@nagaikaori0918【Instagram】kaorimake
長井さん登場の記事一覧はこちら!

誠子さん(以下、誠子):いつもインスタグラムや雑誌を拝見していました! 今日お会いできるのをとっても楽しみにしてました。よろしくお願いします。

長井かおりさん(以下、長井):私もずっとお会いしたかった! 今日はよろしくお願いします。

誠子さんがいつも使っているメイクアイテムを使って、スッピンからのセルフメイクをスタート。良いところ、悪いところを長井さんがチェック!

尼神インター・誠子さん

誠子:メイクは、めっちゃ“モテ”を意識しています(笑)。ピンクを基調に、ガーリーな印象に仕上げるメイクが好きです。

長井:誠子さんは、肌がとても白く本当に美肌。瞳や眉の色の色素も薄いので、色を主張させず、持ち味の雰囲気を生かしてふんわり色をまとったメイクはきっとお似合いなはず。楽しみ! では、ベースメイクからどうぞ!

ベースメイク
せっかくの美肌を生かすため、指だけではなく最適なツールを使ってみましょう(長井)

<誠子さん愛用コスメ

ナチュラグラッセ モイスト BBクリーム<ファンデーション>

ナチュラグラッセ モイスト BBクリーム<ファンデーション> SPF43/PA+++ 27g ¥2800/ネイチャーズウェイ

ナチュラグラッセ スキントリートメント ファンデーション

ナチュラグラッセ スキントリートメント ファンデーション SPF25/PA+++ 20mL ¥4000/ネイチャーズウェイ

キャンメイク シークレットビューティーパウダー

キャンメイク シークレットビューティーパウダー 02 ¥850/井田ラボラトリーズ

フーミー ハイライトパウダー ピンク<フェイスパウダー>

フーミー ハイライトパウダー ピンク<フェイスパウダー> ¥1800/Clue

まずは下地からスキンケアは必須

尼神インター・誠子さん

長井:化粧水をジャブジャブ使って、肌をふっくらと膨らませて。肌が手に吸い付くかどうかの“もちもちチェック”も忘れずにね。

誠子:こんなに化粧水使うんですね!

長井:高い化粧水をケチッて使うくらいなら、コスパの良い化粧水を惜しみなく使って!

誠子:それは助かる!

まずは下地から!?

尼神インター・誠子さん

誠子:最初はこれ。BBクリーム! 5点置きして塗り伸ばして〜っと!

尼神インター・誠子さん

誠子:BBクリームの次は、ファンデーション! ここまでは同じ流れかな。そして肌を優しく包み込むように……。

手で包み込みは◎

尼神インター・誠子さん

長井:うんうん。密着性が高まるから、“包み込み”はとってもいい! でも、ここで衝撃の事実を1つ。さっき使ったBBクリームと今使ってるそのファンデーション、裏の表記を見てみて。

誠子:あれ、どっちもファンデーションって書いてある(笑)。BBって下地の効果があるっていうから。

長井:下地の役割“も”含まれたファンデーションっていうだけで、下地ではないんです! だからBBクリームとファンデはどっちか1つでOK。

誠子:わっ、知らなかった。

長井:BBクリームは、メイクを時短で仕上げたい時や、軽く仕上げたいお休みの日に使いましょうね。