1. 祝なかよし60周年企画(3) 双子漫画の元祖、ミラクル☆ガールズにもう一度ときめこう♡

2015.12.08

祝なかよし60周年企画(3) 双子漫画の元祖、ミラクル☆ガールズにもう一度ときめこう♡

今年で「なかよし」がなんと創刊60周年! その長い歴史の中には、誰しも夢中になった一作があるはず。我が家では権力者だった姉が「なかよし」を買って、僕が「りぼん」を買ってもらって、“どちらも先に姉が読む”っていうのが定番スタイルでした(笑)。そんな姉にしいたげられていた小学校時代の思い出の「ミラクル☆ガールズ」を語ります。

祝なかよし60周年企画(3)
双子漫画の元祖、ミラクル☆ガールズにもう一度ときめこう♡

“双子”と“超能力”女子のキラキラワードが満載

ミラクル☆ガールズ

「ミラクル☆ガールズ」(秋元奈美)は、ともみとみかげの双子の二人が不思議な超能力の力を使って、学園でおこる事件を解決していくお話なのですが、なんと言ってもポイントは“双子”と“超能力”。小学校の頃にただでさえ憧れの対象だった双子ちゃんが、全小学生女子の夢である“テレパシー”や“テレポーテーション”を使えちゃうって設定が、全国の双子でもなく超能力も使えない“ただの小学生な読者”のワクワク心をグッと掴みました。

双子に生まれたかったっ!誰もが考えた事のある「もしも……」がいっぱい

ミラクル☆ガールズ

おっとりしているけどスポーツ万能のともみと、明るくハキハキしていて秀才のみかげ。性格も得意な事も全く反対の二人。それぞれ違った女子校と共学の学校に通っているのですが、物語の初めではひょんな事からお互いの長所を活かすため学校を入れ替えて通うことに! こんな双子ならではの設定にも非双子の読者はハラハラドキドキしながら夢中になりました。そして誰もがお母さんに双子に生んでくれなかった事を軽く恨んだと思います(笑)。

青春の一冊が復刻&思い出の表紙検索などメモリアルコンテンツ満載!

なかよし創刊60年

なかよし創刊60年を記念して、読者の投稿による思い出の一冊が復刻発売中! 発売日が楽しみで本屋さんまで買いに走っていた「ミラクル☆ガールズ」や、今のアラサー女子の恋愛のバイブル「あずきちゃん」(木村千歌/秋元康)など、今読み返したい名作が盛りだくさん。 そのほか特設HP“なかよし”なつかし表紙検索(http://nakayosi60.com/search/)では、1955年〜2015年までの1月号の表紙が検索できるスペシャルコンテンツも実施中。“あぁこの表紙持ってたぁ〜♡”な再会が待ってます! 因に上の画像は「ミラクルガール」連載中の1992年の1月号です。

大人になった今だからこそ、漫画にどっぷり浸かっていたあの頃のワクワク感を、もう一度味わってみてはいかがでしょうか?