連載 メイク動画連載George365

【ドライヤーの使い方で変わる!】梅雨に負けないさらさらストレートヘアの作り方

更新日:2022.06.30

梅雨シーズン真っ只中のこの時期、髪の広がりやうねりに悩まされている人も多いのでは? ジメジメする日でもサラサラのストレートヘアをキープしたい!を叶える、朝のヘアケア&スタイリングのコツを、Georgeさんが教えてくれました。

梅雨シーズン真っ只中のこの時期、髪の広がりやうねりに悩まされている人も多いのでは? ジメジメする日でもサラサラのストレートヘアをキープしたい!を叶える、朝のヘアケア&スタイリングのコツを、Georgeさんが教えてくれました。

教えてくれたのは……
Georgeさん

ヘア&メイクアップアーティスト

Georgeさん

美容のプロページはこちら
VOCEをはじめ、多くの美容誌やファッション誌で活躍し、モデルやタレントからの指名も多数。韓国ビューティにも精通。著書「透けツヤ肌メイク」(インプレス)も大好評。Instagram @george828 @georgebeauty(韓国コスメ専用アカウント) YouTube George’s Beauty up

Georgeさんおすすめのアイテムはこちら!

Georgeさん
Georgeさん

湿気の多い梅雨時は、いつも以上にアイテム選びが重要に。まずケア剤は、ダメージでスカスカになっている髪の内部を補修して満たしてくれるオージュアのエッセンスと、表面をコートしてくれるロレッタのオイルをW使いして、湿気の入る隙を与えないようにするのがポイント。ツールは、潤いを与えながらきちんと乾かしてくれるパナソニックのドライヤーの他に、余計な水分をしっかり飛ばしてくれるストレートアイロン、濡れている髪にも使えてスムーズにとかせるウェットブラシもおすすめです


【HOW TO HAIR-STYLING】

1.ドライヤーで髪の根元→毛先の順にブロー

ドライヤーで髪の根元→毛先の順にブロー

根元はしっかり、中間〜毛先は軽めに水で濡らしたら、オージュアのエッセンスを1プッシュ分とり、手にのばしてから中間〜毛先にまんべんなくなじませる。
ブラシで髪全体を一度とかした後、髪を持ち上げながらドライヤーを下からあてて根元を乾かし、全体的に根元が乾いたら、中間〜毛先を手ぐしを通しながらクセをのばすようにブロー。

2.ヘアアイロンの熱で余計な水分を飛ばす!

ここでもう一度髪をとかし、170℃に設定したストレートアイロンで全体に熱を加えていく。髪は10cm幅くらいで少し厚めにとり、毛先をやや内側に入れるようにアイロンを通すのが、自然なストレートに仕上げるカギ。
最後にロレッタのオイルを半プッシュ程度とり、手によくのばしてから毛先→中間→トップ→前髪の順になじませて、再度ブラシで全体をとかしてフィニッシュ。

ケア剤とツールを使って、しっかりステップを踏んでスタイリングすることで、なめらかでサラサラなストレートヘアが完成。髪の内部の隙間を埋めて表面をオイルでコートしているから、湿気の侵入をブロックしながらも潤いとツヤのある仕上がりに!

梅雨時はいつもより少し髪に時間をかけて、内部を埋める→熱で水分を飛ばす→表面をコートするという3段構えでスタイリングすることで、湿気に負けないうねり知らずの髪が実現! 不快指数が高い時期だからこそ、髪くらいはサラッと快適にいきましょう!

もっと詳しいHOW TOは動画でチェック!

<松本愛さん>
パールリング¥13200/ジュエッテ その他/スタイリスト私物

ヘア&メイク/George 撮影/榊原裕一(スチール)、森京子(動画) スタイリング/浦田聡美 モデル/松本愛 取材・文/宮下弘江

公開日:2022.06.15

Serial Stories

連載・シリーズ