1. 新旧「タラレバ娘」から、私たちはなにを学べるのか⁈ 漫画『東京タラレバ娘』シーズン1、2 【大ボリュームお試し読み!】

2020.02.28

新旧「タラレバ娘」から、私たちはなにを学べるのか⁈ 漫画『東京タラレバ娘』シーズン1、2 【大ボリュームお試し読み!】

新旧「タラレバ娘」から、私たちはなにを学べるのか⁈  漫画『東京タラレバ娘』シーズン1、2 【大ボリュームお試し読み!】

社会現象にもなった『東京タラレバ娘』の連載終了から2年。遂にシーズン2がパワーアップしてスタート!……と言いたいところですが、新タラレバ娘は夢ナシ彼氏ナシ、でも不満ナシ、という3ナシ娘。この、ある意味リアルな主人公から東村アキコさんが描こうとしているものは何なのか? 徹底分析してみました!

『東京タラレバ娘』

【VOCEマンガサークル厳選】
漫画『東京タラレバ娘』

シーズン1 豪華丸2巻分を今すぐ読む!
シーズン2 最新第1話を今すぐ読む!
スピンオフ作品『タラレBAR』を今すぐ読む!

新旧タラレバ娘から私たちが得られる学びとは……?

2年ぶりに新シリーズが再開され、早くも女性たちの関心を集めまくっている東村アキコさんの『東京タラレバ娘シーズン2』。ですが新シリーズを読んだ方は、そのストーリー設定のあまりの変貌ぶりに驚いているのではないでしょうか。シーズン1が、幸せになることを目指して死に物狂いでもがく女性たちの戦闘記だったのに対して、シーズン2はあまりにも淡々としていて夢のないアラサー女の婚活物語……というより自分探し物語。

しかし作中に描かれる世界があまりにもリアルで、自分にも通ずるところが山のようにあることは、誰もが痛感するはず。それだけに、ただ読んで笑って終わりたくない、東村さんの伝えたかったことをしっかり汲み取りたい、と切望している読者も多いのではないでしょうか。

そこでシーズン1とシーズン2における様々な違いを読み解くとともに、令和の婚活について分析してみたいと思います。

違いその① 主人公のキャラクター

シーズン1の主人公・鎌田倫子はイタいくらいグイグイの昭和キャラ。埼玉の田舎から上京し、脚本家を目指して仕事に恋に無我夢中で生きているうちに、気づけば33歳に。「東京オリンピックまでに結婚したい! でもいい男がいねー‼」と女友達3人と夜な夜な居酒屋でくだを巻いている。そんな、良くも悪くも全力で生きている様が印象的でした。

対してシーズン2の主人公・廣田令菜は、コンビニスイーツとネットフリックスがあれば満足という典型的なイマドキの非ガツガツ系女子(と言ってももう30歳)。とくに夢もなく、彼氏もいないけれど今の生活に不満はない、という何とも面白みに欠けるキャラクターでもあります。それだけにそんな令菜が婚活を通して、初めて自分が求めるものを真剣に考え、体温を取り戻していく様が今作の最大の見どころとなっています。

違いその② 結婚に求めるもの

シーズン1では、主人公は仕事に生きながらも、最終的な幸せは男によって決まってくる、という視点で描かれていました。そのため倫子と2人の女友達は皆、しっかり働き自らの足で立っているにも関わらず、愚痴のパレードが止まらない毎日を送っています。

ところがシーズン2になると、一見、主人公の令菜の婚活を描いているようで、その実、描かれているのは「夢とは何ぞや」という壮大なテーマです。夢がない令菜は、小学生のときに書いて埋めたタイムカプセルの夢にすがろうとするも、そこに書かれていたのは「結婚して楽しい家族をつくって楽しくくらす」という、どう受け止めていいのか分からないもの。そこから「自分が楽しいこととは?」、さらには「自分はどう生きたいのか?」ということを考え始め、その答えを見つけるべく婚活ならぬ夢活に踏み出すわけです。

このように結婚に“女の幸せ”ではなく“自分の生き方”を求めているところが、シーズン1との最大の違いとも言えるでしょう。

違いその③ 結婚相手の探し方

シーズン1の倫子は、性格に難はあるけど惹かれてしまう年下男・KEYか、優しくて一緒にいてラクな早坂さんか、という選択肢の間で揺れます。最終的に倫子は「自分が幸せになるんじゃなく、私が相手を幸せにするんだ!」とKEYを選ぶのですが、シーズン2はそもそもそんな狭い範囲での話ではありません。

令菜の行きつけのバーのオーナーは、「世の女性は大きく2つに分けられる。目の前にいる男の中から一番好きな男を選べる女と、目の前にいない理想の男を追い求める女」と言い、令菜は後者であると指摘します。その「理想の男」とは、自分の夢を叶えてくれるパートナーということ。だからこそ「夢」、つまり自分がどう生きたいかを見つめ直さないことには婚活も始まらない、と説くわけです。実際令菜はバーのスタッフたちとデートをしてみるも、自分のつまらなさを痛感するばかり……。

おそらく、現代は令菜と同じく後者タイプの女性が増えているのではないでしょうか。彼女たちも令菜同様、「とくに結婚したいわけじゃないけど歳も歳だし……」と無理に婚活をするものの、夢がないから相手もどう探せばいいのか分からず上手くいかない、というのが実情のようです。

そんな女性たちにとって、令菜の婚活は非常に参考になるはず。そう、『東京タラレバ娘シーズン2』は令和の婚活トリセツ本としての役割も果たしているのです!

……このように、大きく変わり始めている婚活の本質。それはつまり、女性たちの生き方そのものが大きく変わり始めている、という表れでもあるのかもしれません。だからこそ『自分の「夢」から目をそらさず、ともに向き合い模索していこう! たとえ空っぽの自分を突き付けられショックを受けたとしても、ともに乗り越えていこう!』新タラレバ娘は、そんな深いエールを私たちに送ってくれているような気がします。

『東京タラレバ娘』

【VOCEマンガサークル厳選】
漫画『東京タラレバ娘』

シーズン1 豪華丸2巻分を今すぐ読む!
シーズン2 最新第1話を今すぐ読む!
スピンオフ作品『タラレBAR』を今すぐ読む!

取材・文/山本奈緒子

この記事のカテゴリー