永久保存版・神崎恵THE BEST

【神崎恵】ここぞ!という時の勝負メイクは、「前から歩いてくる真珠」メイク!?

公開日:2022.06.22

STEP02.【眉】顔がぼやけないためのフレームづくり

ともするとぼやけがちなベージュのワントーンメイクに凛としたアクセントを添えるのが眉。とはいえ、くっきり描いて仕上げるのではなく、パウダー、ペンシル、マスカラを駆使してフサフサとした毛量感と毛流れをつくりましょう。また細すぎる眉は、目が小さく見えたり、老けて見える原因に。太さの目安は、瞳の縦幅の2/3以上です。

眉/立ち上げる

【A】の右側3色を混ぜてジャストな眉色をつくり、眉の下側(1)にラインを引く、さらにその部分より淡く全体の輪郭をつくる(2)。【B】で毛の足りない部分を毛流れに沿って描き足す(3)。【A】の★で眉山から眉尻の輪郭をなぞり、コントラストを強調。眉頭は【C】をブラシで毛を立ち上げながらオン(4)。ほんのり色づく程度でOK。眉頭以外にも【C】をオン。位置は眉頭は小鼻の付け根の延長線上、眉山は黒目の端と目尻の間、眉尻は口角と目尻を繋いだ延長線上を目安に。

◆POINT

\スクリューブラシで逆毛を立てる/

描く前/スクリューブラシで逆毛を立てる/神崎恵さん

毛流れに逆らうようにブラシでとかし、余分なパウダーをはらう。

\マスカラは毛の裏側まできちんと/

仕上げ/マスカラは毛の裏側まできちんと/神崎恵さん

マスカラは逆毛を立てるようにブラシを動かした後、毛流れに沿ってオン。

眉が生えてこない部分は眉エクステで補充しても
どうしても毛が生えてこない部分には、眉エクステを使うのも手。足りない部分に一本一本植えるようにグルーをつけて接着すれば、リアルなフサフサ感が出せます。

眉エクステ

神崎さん愛用の眉エクステ。速乾性の専用グルーや接着時に使うピンセットなどがセットされている。Amazonなどで購入できる。

STEP03.【アイ】素のまなざしをより印象的に見せるレイヤード

ベージュシャドウは“色を感じさせる”というより、淡い影色をレイヤードして“立体感を深める”のが狙い。さらに、リキッドとジェルで繊細に引いたラインのエッジをシャドウで柔らかくなじませていくことで、透明感を保ちつつ、目元を印象的に際立たせています。マスカラはキメ細やかな塗り方で華と繊細さを両立させます。

\アイシャドウはここに!/

アイシャドウはここに!

【A】の(1)をアイホール広めにブラシで淡くのせ、下まぶたにも全体的にオン。(2)を別のブラシで上まぶたのキワから二重幅よりやや広い部分までワイパー塗りで重ねる。(1)で使ったブラシで(2)との境目をなぞってなじませる。【C】で上まぶたにインサイドラインを引く。目尻はまつげ1本分延長して。目頭を5mmはずして上まぶたに【B】でラインを重ねる。終点は【C】で引いたラインに合流させて。【A】の(3)をチップにとり上まぶたのキワのラインをなぞり、なじませる。まつげを上げたら、まず根元にギュッとブラシを押し当てて数秒キープ。その後、毛先に向かってスッと動かすと、根元はしっかり、毛先は繊細なまつげに仕上がる。下まつげはブラシを横にして塗布した後、縦に持ち替えてセパレート。

なりたいムードに合わせて使い分けます
「より温もり感が欲しいときはSUQQUのまろやかなベージュシャドウを。このパレットはラメの透け感が上品で、マットな影色は彫りをさりげなく強調できます」

次ページ
リップとチークをチェック