1. 【透明感を育てるなら……】美プロのお墨付き・ドクターシーラボ「スーパーホワイト377VC」のラインをチョイス![PR]

2020.03.27

【透明感を育てるなら……】美プロのお墨付き・ドクターシーラボ「スーパーホワイト377VC」のラインをチョイス![PR]

【透明感を育てるなら……】美プロのお墨付き・ドクターシーラボ「スーパーホワイト377VC」のラインをチョイス![PR]

ストレスや食事の乱れ、紫外線や大気汚染……。日々、直面する過酷な環境が外的ストレスとなってくすみ※1の原因が約4倍にもなるという衝撃のデータが! それが事実ならば、肌の透明感を守り抜くには、積極的なケアが必要不可欠だといえる。現代を生きる私たちに寄り添うコスメ、ドクターシーラボの「スーパーホワイト377VC」とは? 

「スーパーホワイト377VC」って?

スーパーホワイト377VCのライン

「ケアしているのに、肌色が冴えない」「“肌曇り”が気になる」「日焼け止めを塗っているのに色問題が点々と!」……と、多くの女性が直面する肌のトラブルに立ち向かうのがスーパーホワイト377VC。そのスター成分である“WHITE377*1は、多角的かつ正確な働きかけによってくすみやツヤ不足の根源に働きかける成分であり、はじめて美容液に配合された2009年には、満足度の大きさから話題に。今年2月には、“WHITE377*1”に、角層のすみずみまですばやく行き届く高浸透※2ビタミンC(APPS*2)と、過酷な現代の環境に抗するためのパワーアップ版がラインとなって登場した。美容皮膚科学発想のローションと美容液、クリーム、3つのパワーで、肌に点在する※3問題やくすみ※    にアプローチし、“透明感もっとあふれる肌”を呼び寄せる。

美のプロからも絶賛の声!

VOCE

三位一体のパワーを実感。ライン使いで透明感に違いが!   

「乾いた肌に心地よくなじんでいくローションは、みずみずしいテクスチャーが魅力的。リズムが整うのか、肌がなめらかになる感覚が。こっくりとした使用感のセラム、のびのいいクリームと順番に使うのがおすすめ。あと肌のしっとり感も嬉しい!」

VOCE

鏡を見るのが楽しみに。毎日続けたくなるくすみケア

「3品を重ねたあとの、もちっと潤うのに、べたつかない後肌感は、季節も肌質も不問でおすすめしたい心地よさ。贅沢な成分の配合で、肌がなめらかに。トータルで美肌を欲張りたい願望に応えてくれるのも嬉しいポイント」

美プロを魅了する
スーパーホワイト377VCのライン

STEP1 ローションで肌を整える

スーパーホワイト377VCローション

スーパーホワイト377VCローション 150ml ¥4500

肌に届けたい成分の浸透※2ルートを整える導入※4&浸透化粧水。スーッとなじむみずみずしい使用感で、肌奥*2まで満たされるようなうるおいの充実感もたっぷり。“WHITE377*1”と高浸透※2ビタミンC(APPS*2)にプラスして、肌をなめらかに整える3種のケア成分*3もイン。“肌曇り”にアプローチし、ツヤのある肌へ。

【HOW TO】
洗顔後、肌を整えたあと、適量(1回コットンの使用量の目安は、500円硬貨サイズ)を手に取り、顔全体に塗り広げる。

STEP2 美容液で肌悩みにアプローチ

スーパーホワイト377VC

スーパーホワイト377VC 18g ¥5200/28g ¥7300

2009年の発売から4代目となる『スーパーホワイト377VC』のパッケージが新しく! “白”を追求するスキンケア通からも支持される美容液。“WHITE377*1”を主役に、プラチナコロイド*4、高浸透※2ビタミンC(APPS*2)など、結果にこだわるスター成分が凝縮する。パワフルかつ、スピーディに、くすみ※1や肌に点在する※3問題にアタックする。

【HOW TO】
洗顔後、スーパーホワイト377VCローションで肌を整えた後、適量(一回の使用量の目安は、全顔で1~2プッシュ)を顔全体に塗り広げる。気になる部分には、重ね付けするのがおすすめ。

STEP3 クリームで美容成分を閉じ込める

スーパーホワイト377VCクリーム

スーパーホワイト377VCクリーム 50g ¥4500

仕上げのクリームは、美容効果を余すことなく封じ込める密閉処方。“WHITE377*1”と高浸透※2ビタミンC(APPS*2)とワイルドタイムエキス*5が手を組み、気になるくすみ※1や点在する※3問題に徹底的に立ち向かう。コラーゲンやヒアルロン酸など、4種の保湿成分*6や美容成分もまるごと閉じ込め、その効果を肌に定着させる。この3STEPで内側はもっちり、外はつるんっという明るい“むき卵肌”へ!

【HOW TO】
洗顔後、スーパーホワイト377VCローションとスーパーホワイト377VCで肌を整えた後、適量(一回の使用量の目安は、パール2粒分)を手に取り、顔全体になじませる。

※1 キメの乱れと乾燥によりくすんで見えること ※2 角層まで ※3 肌に艶のない状態 ※4 洗顔後の最初のステップ *1 フェニルエチルレゾルシノール(整肌成分) *2 パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(整肌成分) *3 パパイン、水溶性プロテオグリカン、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液(整肌成分) *4 白金(整肌成分) *5 整肌成分 *6 加水分解コラーゲン、加水分解ヒアルロン酸、加水分解エラスチン、セリシン(整肌成分)

VOCEST!がお試し!

VOCE

職業:タレント 年齢:32
1987年生まれ/タレント/東京都在住。年齢不詳の美肌の持ち主。肌がきれいに見えるメイクも日々研究中。Instagram:@kou0929

うるおい感が導き出す透明&モチモチ肌に出会った♡ 

VOCE

「スーパーホワイト377VCの一番手、ローションを使った瞬間から、そのよさを実感! スーッと浸透して、すぐに肌がなめらかになるような使用感で、もっちり肌に仕上がるのが嬉しいですね。その次に使う、美容液とクリームも肌なじみがよく、使用後のベタつき感はなし。奥底までうるおいに満たされるような使い心地の恩恵か、翌朝の洗顔後までモチモチ感が続いていました。」

VOCE

職業:ファッションブランドディレクター・デザイナー 年齢:30
1990年生まれ/東京都在住/ファッションブランドディレクター・デザイナー ランニングなど体を動かすこと、仕事、猫が趣味のアクティブ派。自身のブランドをプロデユースしながら自分に合うコスメを研究中。Instagram:@wadaarisa

弾むようなツヤツヤ肌が手に入る優秀3STEP

VOCE

「スーパーホワイト377VC(美容液)は、手に取ったとき硬めに感じましたが、実際に肌に塗り広げるとすごく伸びがイイ♪ 肌にしっかりなじんでいるのがわかりました。ベタつくような重さがなく、サラッとしたつけ心地も好印象です。ローションと美容液、クリームをライン使いすると、しっとりうるおうパワーも格別で、もっちりとした弾力感とツヤ肌に仕上がるのが魅力的」

VOCE

職業:ショップスタッフ 年齢:31
お洋服やTPOに合わせてメイクやヘアアレンジを考えて毎日変えるのが得意。スキンケアはいろいろな美容液を試すことにはまっています! Instagram:@yshdkana

使用感も結果力もすばらしいスーパーホワイト377VC♡

VOCE

「こういったローションは乾燥が気になることも多いのですが、スーパーホワイト377VCローションは、大満足の保湿力! 浸透感も心地よく、後肌のしっとり&もっちり感がすばらしい♪ 美容液のスーパーホワイト377VCもベタつきがなく、肌がやわらかくなるような使い心地も好感度大。クリームも、肌の表面はサラサラなのに内側はしっとりというベタつき嫌いの理想を叶えるジェルとクリームの中間のようなテクスチャーで、肌のうるおいを守る蓋の役割はきっちり果たしてくれる頼もしい逸品です」

お得なキャンペーン実施中!

〜たっぷり試せる3日間チャレンジ〜

① スーパーホワイト377VCのサンプル3日間分が抽選で3,000名様に当たるキャンペーン実施中!
② 同時に環境ストレス肌診断を行うと先着2,000名様にも対象店舗でプレゼント!

詳しくはこちら

協力/ドクターシーラボ
0120・371・217
https://www.ci-labo.com/377/

<column>
環境ストレスがくすみリスクを4倍に!?

多くの女性を悩ませるくすみの“元凶”は、紫外線だけではなかった! もっと深刻な原因として今注目をされているのが環境ストレス。環境ストレスとは、排気ガスやPM2.5、たばこの煙といった大気汚染や、パソコンやスマホのブルーライト、食品に含まれる化学物質など現代人が避けて通るのは困難なものばかり。こういった環境トラブルによって肌のくすみの原因が4倍になるという研究結果が発表され、皮膚科医など、専門家の間で話題になっている。

環境ストレスの影響でこんなに肌に差が!

環境ストレス:小

VOCE

環境ストレス:大

VOCE

環境ストレスに打ち勝つために、抗酸化成分を取り入れたスキンケアを!

くすみのことを考えれば、“環境ストレス”と決別するのが一番だけれど、現代に生きる女性がすべてを回避するのは難しいところ。ならば、今できる最善策として、心強い手立てが、スキンケア。“環境ストレス”によって過剰に増えるくすみリスクと対抗するビタミンCやフラーレンなどの美容成分が配合されたコスメが頼りになる。また、“環境ストレス”という現代的な悩みには、問題に応じて進化を遂げる最新のアイテムで手を打つのが理想的なので、くすみに悩むなら、愛用コスメの切り替えも視野に入れて。

撮影/椎葉 恒吉(Petrichor inc./静物) 文/金子優子

この記事のカテゴリー