1. 見た目印象がグンと若く!いいことづくめの【目元温めケア】

2020.03.21

見た目印象がグンと若く!いいことづくめの【目元温めケア】

見た目印象がグンと若く!いいことづくめの【目元温めケア】

まつ毛エクステサロンを8店舗経営し、確かな技術と豊富な知識で1万人以上の女性の目元を美しくしてきた目元プロデューサー・垣内綾子さん。今回はパッチリ若々しい目元を目指す“温めケア”をレクチャーしてくれます!

仕事ではパソコンをパチパチ。家に帰ってもスマホをポチポチ。ふと自分の顔を鏡で見て、「目元がどんよりお疲れ顔、一気に老け顔に!!」なんて状態にびっくりしたことがある方もいるのではないでしょうか?

寝ても覚めても目をフル稼働させている方は当店に通うお客様にもとても多いです。酷使している目元は年齢が一番出てしまうパーツなので、若々しく見られたい方はしっかりケアをしてあげることが大事になってきます。そんなケアの中でもフォーカスして取り上げたいのが、『目元の温めケア』です。

目元を温めると聞くだけで“ほっこり気持ち良い”、“うっとりする”などのリラックス効果を連想される方は多いですよね。目元を温めると、リラックス効果はもちろん、目元のあらゆるトラブル改善に効果的と大手メーカーなどの研究結果から出ているんです。では私自身も実感している、目元温めケアの効果を4つあげていきます。

目元温めケアの4つの効果

1:睡眠導入効果

就寝前に目元を温めると寝つきが良くなるうえ、質の良い睡眠がとれます。自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、前者は興奮状態の時に主に働き、後者はリラックス状態の時に主に働きます。目元を温めることでリラックス状態を作ることが出来るので副交感神経優位になるため、快適な睡眠へと導いてくれるのです。

2:眼精疲労で低下したピント調整機能の回復

スマホなど、至近距離で目をずっと使っていると、ピントを調整している筋肉である毛様体筋が硬くなっていき血流も悪くなってしまいます。そんな酷使した目で急に遠くをみてもピントが合いづらくなってしまうこともあります。目を温めることで血流が促され、毛様体筋がやわらかくなるとピントが合いやすくなります。

3:ドライアイの改善

ドライアイは涙の量が足りなくなる病気で、その原因にスマホなどの画面を長時間見ていたり、長時間のコンタクトの装着、冷暖房による乾燥などが言われています。目を酷使すると「マイボーム線」から目の表面の水分蒸発を防いでくれる油分が出づらくなり、ドライアイの原因になってしまうと言われているのですが、目元を温めることで油分の分泌がスムーズに! 涙の蒸発を防いでくれるのでとても効果的です。

4:クマが目立ちにくく

クマの中でも青グマとよばれるクマは、疲れや、寝不足などによる血行不良でおこるといわれています。温めてあげると血行が良くなりクマが改善されます。

プロがおすすめする温め方法&グッズ

いいことづくめの目元温めケア、おすすめの方法やグッズをご紹介します!

1:ホットタオル

ホットタオル

水に濡らしてしぼったタオルをおしぼり状にし、ラップでくるんで電子レンジで1分程度温めます。温まったら、温度確認をしてから目の上に置いてください。(※熱いと危険なので、目の上に置く前にまず手首などに当てる等して温度確認しましょう。)ホットタオルは、家であるもので簡単に出来るので今日から試せますね。ただ目元を10分程温めたいのですが、ホットタオルは温かさがそれほど持続しないんです。少し手がかかりますが、何度か温め直してケアしてくださいね。

2:めぐりズム 蒸気でホットアイマスク 無香料

VOCE

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク 14枚入り オープン価格/花王

使い捨てタイプで1回のみの使用なのでコストはかかりますが、たとえば飛行機や新幹線での移動中、旅先など、どこでも使えるので便利です。

3:レンチン1分 くり返し使える ホット&3D 目育マスク

VOCE

レンチン1分 くり返し使える ホット&3D 目育マスク ¥1900/主婦の友社

私がお客様の声を元に、監修させていただきました。

  • 経済的(繰り返し使える)
  • 衛生的(カバーが洗える)
  • 素材(高級セラミックとローズの花びら入り)
  • 安定感(マジックテープで調整が可能)
  • 目元に優しい素材(もこもこでとっても肌触りが良い)

を全てクリアした商品です。両面使用でき、ホットアイマスクとしてだけでなくアイピローにもなり一石二鳥。装着も簡単でマジックテープで調整できます。

今回4つの『目元の温め効果』について書かせていただきましたが、綺麗な目元の基本は土台ケアから。目元を温めることの大切さを分かっていただけましたでしょうか。特に綺麗な白目は若さの象徴です。温めケアを取り入れて、若々しい目元を目指してくださいね。

この記事のカテゴリー