連載 相席スタート山添の「クズ芸人が肌だけ更生する話」

【相席スタート山添】「バレたくない」の男心と肌補正アイテムとの向き合い

公開日:2022.06.21

【相席スタート山添】「バレたくない」の男心と肌補正アイテムとの向き合い

クズ芸人、サイコパス芸人、悪童芸人などなどたくさんの異名とともに現在ブレイク中の相席スタート・山添寛さん。「美容こそ、ローリスクハイリターンな賭けである」というコンセプトのもと、肌だけ更生することを目指すこの連載。スキンケアを受け入れつつある山添さんに、一歩進んで肌補正アイテムをご提案。

【相席スタート山添】「バレたくない」の男心と肌補正アイテムとの向き合い

クズ芸人、サイコパス芸人、悪童芸人などなどたくさんの異名とともに現在ブレイク中の相席スタート・山添寛さん。「美容こそ、ローリスクハイリターンな賭けである」というコンセプトのもと、肌だけ更生することを目指すこの連載。スキンケアを受け入れつつある山添さんに、一歩進んで肌補正アイテムをご提案。

ふと気がつけば、5点置きをマスターしていた

VOCE編集部・渕(以下、渕) 今回、ご紹介したいのが日焼け止めの延長線にある肌補正アイテム達です。毛穴をカバーしてくれるプラスアイテムと、BBクリームです。アイテムはさておき、山添さん、日焼け止めってお使いいただけてますか?

山添寛さん(以下、山添) 日焼け止めは結構、使ってますね。何個か、満足しているものもありますよ。

 そうですか! おすすめして良かったです!! ちなみに、前回の取材で「日焼け止めは5点置きして広げていく」とお伝えしたときに、なんだか恥ずかしそうにしていらっしゃいましたけど・・・・・・、どんな感じで使ってますか?

山添 それが、気がついたら家で「5点置き」やってましたね、一人で。結局、いちばん塗りやすいなー、と思って。ただ「ちょっと足らへん」と思って新たに手に取ると、なんか唇の周りが白~くなってしまうこともありますぅ。

 おさらいしておくと、日焼け止めでもそのほかのスキンケアでも、基本的な塗り方は「顔の内側から外側に向けて」「次に目、鼻、口の周り」「首のまわり」の順番です。そして最後に「手のひらでハンドプッシュ」でフィニッシュです。多分ですけど、いまの使い方だとちょっと浮いているなと感じることもあるかな?と。

山添 浮いてるなと思うとき、あります、あります。

 さっき説明した「顔の内側から外側に向けて」という所作をする理由としては、顔の中心から顔の外側に向けていくことで、バレない状態に近づけるんですよ。

山添 ああ、つまりキレイなグラデーションになってくるということですか。外に向けて薄くなるようにすると。

相席スタート・山添さん

 その通りです。現状の山添さんの塗り方だと、おそらくですがグラデーションではなくて均等すぎる状態かなと思うんです。でも、グラデーションになるように塗ることで、塗っているところと塗ってないところの境界線をぼかすことができるので、結果として白浮きだけでなく「塗ってる感」が出なくて済む。

山添 もし手に残ったらどうするんです?

 そうしたら、首すじまで伸ばしてしまっても大丈夫です。どんどん薄くなっていきますし、首も日焼け止めを塗っておいたほうがいいですし。

山添 教わることが山ほどありますね・・・・・・。なるほど、グラデになるように・・・・・・。

次ページ
「肌補正=バレちゃう=使いたくない」マインドとの戦い

Serial Stories

連載・シリーズ